« 韓国伝統衣装の夕べ2. | トップページ | 男性と女性の更年期1. »

更年期・男性にも話を聞いていただきました。

昨日は、午後1時半から、大野10区の集会所で話をしてきました。大野を中心に女性の健康応援講座としての講演を続けてきましたが、それに「男性と女性の更年期」の話も一緒にすることにしています。

 この度は、区長さんだけでなく、老人会の役員の方等も積極的にチラシを配ったりしてくださって、男性も沢山来て下さいました。性教育でもそうなのですが、このような講演を聞きに来て下さるのは、女性がほとんどですのでとてもうれしかったです。

 男性の中には、はじめ「わしはもう済んだ」と言われる方もありましたが、楽しく話を聞いていただけたと思います。みなさんの写真を撮らせていただきました。アップ、了解して頂いています。みなさん、元気いっぱいです。

Img_1228

Img_1216

どうぞ、これからも楽しく、充実した人生を送られますように。皆様ありがとうございました。

 その後、すぐに「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の実行委員会でした。5時半開始と言うことで、お弁当やお茶の用意をしました。そして来年に向けてのスケジュールの確認です。久しぶりに会う仲間と共に、楽しく、厳しく話し合いをしました。来年の8.6当日の会もそうですが、来年の3月には福島で「平和の夕べ」を行います。それについて、喧々諤々。また、メニューが決まったら、みなさんにお知らせしますね。

 特に、これまで行ってきた「8.6ヒロシマ平和の夕べ」は、資金に行き詰ったこともあって、会場を変更することにしました。これもまた正式に決まったら、お知らせしますね。ともかく、来年に向かって始動です。

Img_1230

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 韓国伝統衣装の夕べ2. | トップページ | 男性と女性の更年期1. »

コメント

今更年期の話は男性もくるなんて驚きです、更年期=暗い話題になりがちなとこらをさけてるなんて素晴らしいです。更年期=子宮や乳房を失ってもかまわないと言うかたが多い中本当は失いたくなかった本音があるのではないでしょうか?失ったら女性としてみてくれないからだというかたもおられますが、本当に失いたくないと思っているのは 女性だとすると聞く価値はある講義ではないのかと、私の母親の更年期と子宮筋腫の手術をかさなっていたので興味はあります。子宮を失いたくない、閉経になってしまった解放感とそのうらのショックの話は男性にも本当にきいてもらいたいですよね。

投稿: 愛ちゃん | 2015年11月 9日 (月) 09時56分

施設がきれいだし、小金井だと更年期障害だと男性はたぶん一切参加しないのだとおもうとますます関心してます、しかも施設が大規模改修が必要なほど昭和臭くないのでうらやましい。エレベーターがきちんとあるんだなと思ってます。

投稿: 愛ちゃん | 2015年11月10日 (火) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/62643459

この記事へのトラックバック一覧です: 更年期・男性にも話を聞いていただきました。:

« 韓国伝統衣装の夕べ2. | トップページ | 男性と女性の更年期1. »