« 高校のクラス会でした。卒業後50年です。 | トップページ | 重症の子宮内膜症の手術と術後薬物療法 »

呉の講演とクラス会の続きです。

 昨日は、呉市広での講演でした。ちょうど地域のお祭りと重なりましたが、それでも多くの方たちに来て頂きました。

___2032

講演前の会場です。

Photoタイトルが少し漠然としていていろいろと迷いました。結局、総論として、女性の体の基本、基礎体温に見られる女性の体のリズム、それを作るホルモンの話、そして更年期、さらに更年期以降のどう生きるかの選択、熟年離婚、特にパートナーとの会話。それから性教育と、幅広い物になりました。その分、浅くなってしまいましたが、一通り語ることができたかな?と思っています。今回の講演会を企画して下さった関係者の皆様の熱心な活動、感動しました。ありがとうございました。

呉市では、次回、今度はDVの講演をすることになっています。11月26日の10時から、呉市中央の椿会館にてです。焦点を絞って、DV、デートDVの話をします。また近づいたらご案内しますね。

 さて、クラス会の続きです。クラス会では当然ですが、当時のさまざまなエピソードが語られます。のびのびと楽しかった高校生活ですが、知らなかったこともいっぱいあって、驚かせられました。当時、流れ川教会の谷本清牧師さんの長男がクラスにいて、その彼の案内で、幼稚園でのアルバイト、今でいうボランティア等活発でした。私も一緒に施設に行って、子どもたちと遊んだりしていましたが。その時の話もいろいろと出ました。中には、おばQの恰好をして、本通りを歩かされたという人も。

 なによりびっくりしたのは、当時は16歳で自動二輪や軽乗用車の免許が取れていました。で、ボロの車を2万円のを4人で買って、それで通学していたと。ある日、学園祭で遅くなって、暗い中の作業を車のヘッドライトで照らしてくれと教師に頼まれて、あれえ、車の通学がばれてるということが分かったと。

それから、そのぼろ車で高校を卒業した春、九州一周旅行をしたと。そしたら、山の中でタイヤが取れてしまってころころと転がって、大変だったことも。その時に父親の知人を頼って行って、旅館に泊めてもらった時。お風呂に入っていたら、仲居さんたちが入ってきて、もう、びっくりしたと。ああ、いいから、そのまま入っていていいよ、と言われても、今ならともかく、高校を卒業したばかりの少年たちが本当にビックしたと。

 そんな話を一杯聞きました。それから、親がいなくて、とても苦労していた仲間がいました。その彼を仲間たちが一緒に包み込んで、卒業後も今にいたるまで仲良く過ごしていることも聞きました。クラスメートとの恋愛の話も。もうびっくりのカップルがあったなんて。今だからこそ話せることなのですが、知らなかったわあ。

 ともかく、楽しい青春時代でした。二度と帰っては来ませんが。今も気の置けない仲間として楽しく付き合っています。製麺業を営んでいる堀さんには、リレー・フォー・ライフの時に冷やしうどんをどっさり届けてもらったし。谷本君ご夫妻には、養子縁組の成立までの赤ちゃんのお世話をお願いしているし。

 みんな元気でいようね、そして5年後にまた会いましょう。先生も、どうぞまた出席して頂けますように。その時にまた出席を取って頂きたいと。そう心から願っています。
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 高校のクラス会でした。卒業後50年です。 | トップページ | 重症の子宮内膜症の手術と術後薬物療法 »

コメント

幼稚園のアルバイトをしていたなんて健全ですね。本当に小さいお子様が好きなんですね。だからこそお子様に関わる仕事でこどもが人生の最初で出会う他人様の仕事につかれたんだと感じます。あまり就業するのにエネルギーがかからな、いこどもにかかわる仕事はあながち幼稚園を含む学校教育法による教員、保育園の保育士くらいだとおもってしまいがちですが、素晴らしい選択だと思います。

投稿: 愛ちゃん | 2015年10月19日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/62506194

この記事へのトラックバック一覧です: 呉の講演とクラス会の続きです。:

« 高校のクラス会でした。卒業後50年です。 | トップページ | 重症の子宮内膜症の手術と術後薬物療法 »