« 甲子園、ダフ屋さんがいました。 | トップページ | カープ、頑張って!! »

がんの治療について

ビル開業の産婦人科医が二か月に一回集まって、いろいろと情報交換などの話をしています。先日の会で、がんの専門医の方にいろいろと話を聞きました。

 先日の四国がんセンターの婦人科の先生の話でもありましたが、今、遺伝子が検査できるようになって、がんの分野でもいろいろと分かってきていることがあります。

 アンジェリーナ・ジョリーさんが、予防的に両乳房を切除したとして、話題になりました。卵巣と乳房と両方にがんができる遺伝子があると。身内に次々とがんができる人たちがあるということは、以前から臨床の場でも話題にはなっていました。それが、証明されているということですね。

遺伝子乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)と言って、日本でも、四国でも、そして広島でもそういう患者さんが出ていると。そういう方たちにどうアドバイスをし、どんな医療が必要とされているかということですね。

 そして、その場でも言われたのですが、乳がんでもそうなのですが、卵巣がんを発症してしまっている場合など特に、手術と抗がん剤の組み合わせで治療が行われます。その抗がん剤、化学療法を拒否する方たちが多くて、とても困るということでした。それは、私が診ている患者さんでもそうなのですね。

 その方たちが民間療法を行っていると。民間療法は精神的に安定を求めるためにはいいけれど、やはり医療者としては、まっとうな治療を受けてほしいと思っています。

  川島なお美さんが、最後まで女優であり続けたと、そんな報道を見て、私も涙を流しました。でも、その彼女が抗がん剤を拒んで、民間の治療を受け続けたと。それは心のよりどころだったかもしれません。でも、私から見ると、まで詐欺のようだと思ってしまうでのです。

それらについてはまたお話しますね。

その会は、広島チサンホテルで行いました。そのお料理です。これらに沢山の種類の飲み放題がついて5000円でした。私はお酒は飲まず、ノンアルコールのビールと梅酒で過ごしました。これにパンとコーヒーです。

___1963___1964


___1965___1966


___1968___1969

___1970

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 甲子園、ダフ屋さんがいました。 | トップページ | カープ、頑張って!! »

コメント

わたしも川島なおみさん、なんとか命を伸ばせる可能性があると思いながらも、女性が抗がん剤をつかうとなると、しかも女優さんになると、髪が大事、髪は女性の命だからからということになりますよね。髪を大切にしなければならないですがやっぱり命も大事だから、検診と抗がん剤だとおもいます。

投稿: 愛ちゃん | 2015年10月 6日 (火) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/62420291

この記事へのトラックバック一覧です: がんの治療について:

« 甲子園、ダフ屋さんがいました。 | トップページ | カープ、頑張って!! »