« 今日はこんな席 | トップページ | 「かなわ」の夜。 »

カープ。負けても応援するよ。

昨日のカープも、クッソ面白くない試合だったけど。それなりに、親しい若い人たちと会話をしながら、食べながら、飲みながら、楽しく過ごしました。

でも、気分はドヨヨ~ンとしています。

 こうして負け続けることに、言いたいことは山ほどあるけれど。でも、何を言っても、やっぱり負けてしんどいのは、選手であり、監督であり、コーチでしょう。その意味で、私は昨日の中国新聞の球炎に腹を立てています。

監督とコーチのきしみ、不仲、それでしんどいのは選手たちであると。だから、力も発揮できないと。原因はそこにあると。そうかもしれない。

やはり見ていて、なんでこうなるの?ということは、沢山あったし。特に、勝ち続けて絶好調の時、どうして打順がこうなるの?そのままで行けばいいじゃない、ということも。調子がいい時はあれこれいじり回さないこと。そしたら、日替わりでヒーローがでてくるもの。それが原則と思うけど。

 それでも、私が怒っているのは、あたかももうカープが終わっているかのような書き方なのです。『攻撃の指揮系統は一本化できずじまい。貧打で大失速し目的地へたどり着けなかった』まだ試合は残っているのですよ。当然優勝は望めない、それは誰でも分かること。でも、せめてCSは。まだ望みがある、そこにかけて一心に応援したいのですね。昨日のように雨で中止になった予備日としての試合だって、チケットは売り切れ。満員のファンでした。これからのチケットも売り切れています。多くのファンがカープを応援したいと思っている。切ないものです。もちろん、負けるからもう行くのはやーめたと思う人がいたってそれは当然。でも、昔のように球場がガラガラということには決してならないでしょう。

 中国新聞が書くことは、広島では影響が大きいものです。かつて、抑えがいないからと、中国新聞が大瀬良を抑えに回せと強く主張したこと。それだって、監督の決断に影響を与えなかったということはないでしょ。そして今、12連戦という時に先発がいない、足りないとなってしまっています。

 原因は監督と打撃コーチにありと言ったって、そんなこと、いまさら何の役にもたちはしません。ファンを不愉快にさせるだけ。そんなことは、シーズンオフに入って、来期の構想を考える時に言ってくれ。または、もっと早ければ、誰かが何とかできたかもしれません。今は、選手の緊張を取り、のびのびとプレーできるようにするには、どんな激励がよいのか、それを考えた記事を書くべきだと。中国新聞には、そんな責任があると。そう思うのですよ。一ファンならまだしも、責任と影響力大の新聞だからこそ、引導を突きつけるような、あんな書き方はしてはいけないと。

私は何があっても、応援するよ。たとえ個人的に嘆いても、無責任に失望を突きつけるようなことはしない。それは、あの、本当に貧しい時に、負けても負けても、応援し続けた広島の人たちの姿を見続けてきているから。強いカープでないと応援しないということにはならないでしょ。

写真は、球場と、もう少しで満月の月です。

___1935

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 今日はこんな席 | トップページ | 「かなわ」の夜。 »

コメント

負けている時に応援するのが本当のファンですよね。

投稿: ふぃーゆパパ | 2015年9月26日 (土) 08時43分

私もクライマックスシリーズに行けるよう応援したいです。とにかく巨人の優勝は阻止しなければ。

投稿: 愛ちゃん | 2015年9月26日 (土) 10時10分

毎日、ブログ楽しみに見てます。

カープ、頑張って欲しいですねえ。

うちの23歳の息子が、カープファンで、今日は朝から広島に
向かいました。
オークションでチケットを取ったそうです。
滋賀県からの参加です。
勝つと良いのですが…

朝から話したら、土俵際だけどね。、と言ってました。
そんなファンもいるのですから、マスコミも考えて欲しいと思います。

クライマックス、出てほしいなあ✨

投稿: ジェンダーフリー | 2015年9月26日 (土) 10時42分

球炎は、最初の時に書かれていた記者の記事が好きでした。
カープファンとして厳しい言葉もありましたが、カープ愛があったと思います。
段々とつまらなくなり、特の最近のは読んでいても、唸るような記事はなく、上から目線で好きではないですね。
監督とコーチの不仲を書くよりも、もしかしたら野村監督の時から良い関係でなかったのかもしれませんから、このような人事をした球団の編成について物申して欲しいですね。
カープが打てないのは当然で、ドラフト上位はいつも投手で、打てる野手を上位指名していないのですからね。
今日は、堂林選手について書かれていますが、投手から転向したのですから、本来は1・2年は2軍で鍛えるべきでしたが、球団が客寄せパンダのように起用したことが、彼の本来の実力を発揮するのを遅らせたと思います。そもそも、今日の記事でなく、私は1軍に上がって最初の打席でバンドヒット狙った彼に成長の証が見えました。来シーズンにはきっと3番か5番打者になると思います。安倍の成長の著しいのですから田中選手と交代ぐらいの記事を書いて欲しいですね。
「下駄を履くまでわからない」と昔から言われているのですから、もうダメだと思うような記事を書くようでは、カープファンじゃないですね。
それと、大瀬良投手を抑えにという声が聞こえ、14番は炎のストッパーだと騒いでいましたが、オールドファンとしては、大瀬良投手には、外木場投手のようなパーフェクト男を目指して欲しいですし、彼にはできると思います。

投稿: やんじ | 2015年9月27日 (日) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/62355057

この記事へのトラックバック一覧です: カープ。負けても応援するよ。:

« 今日はこんな席 | トップページ | 「かなわ」の夜。 »