« 医師会ブロック会で食べたもの。 | トップページ | DV被害を受けた子どもへの支援 »

「元祖カープ女子』落選の記・恥を忍んで。

 落選のショックも少し和らいできたので。悔しいので、恥を忍んで皆様にご報告を。元祖カープ女子。60歳以上の元祖カープ女子を募集。当選すると、一日ホームラン女子になって、球場でホームランを打った選手にスライリーのぬいぐるみを渡すことができる。そのためにユニフォーム(なんと、背番号は年齢を入れると)も靴もオリジナルを作ってくれるのだと。

 この募集があったとき、たくさんの人が私に連絡をしてくれました。私も自分のことだ!と思ったし。夫に話すと「応募したら。元祖カープ女子は君のことだ。」と言ってくれたし。よーし!!で張り切って、1000文字の応募の理由、作文を書きましたよ。何度も書き直して。よし!これで万全。自信満々で応募しましたとも。ホームランガールになる9月9日は、午後休診とみんなにも宣言して。ちなみに、姉は、70歳以上の部で応募していました。二人とも選ばれたらどうしよう、なんて二人で心配しておりましたよ。

 そしたら、見事に落選。なんと全部で1700人以上もの応募があったそうです。70歳以上の部の当選、85歳の方というのは、これは選ばれても仕方がないなあと思うけど、60歳の方というのは、なぜ選ばれたのか、インパクトがなくって不満です。まあ、審査の方が私よりもその方の方がいいと判断されたのだから、仕方がありません。

負け犬の遠吠えではありますが、ここに私の応募の文章を載せて、踏ん切りをつけますね。どうぞ、笑って読んでくださいませ。やけくそで、もらったカープ赤耳の写真も見てくださいませ。重ねて笑ってくださいませ。

00___14

『私は、昭和22年4月生まれの68歳です。元祖カープ女子として年季が入っております。

まだ原爆の後の焼け野原に育ちました。もの心ついた時には、カープの試合はラジオで応援していました。もちろんデーゲームのみです。住んでいたのは観音。負けても負けても人々は球場に行き、私の家の前をぞろぞろと下駄で歩いていました。私はお小遣いを貯めては、父と一緒にたる募金に少しのお金を入れに行っていました。

旧市民球場ができたのは、10歳小学4年でした。初めてのナイターの日、近所の市会議員さんの家に行き、大勢でテレビを見せてもらいました。夜でも明るい球場に感激しましたが、阪神に大負けしたものです。ナイターがあるようになって、小・中学生の私は父にねだっては球場に連れて行ってもらいました。

カープの初優勝時、医師になった私は大学病院の医局で診療そっちのけで、沢山のスポーツ紙を買い、みんなではらはらと見守り、バンザーイをしました。

結婚して子供が二人年子で生れると「カープ子ども友の会」に入れました。子どもたちは、はさみを使う練習を兼ねて、新聞に入って来るチラシを切って紙吹雪を作り、それを持っては、せっせと応援に行きました。カープの黄金時代、79年、80年、84年の日本シリーズには広島での全部の試合に子連れで行きました。切符を買うのは苦労しましたが、必死でした。

当時、息子は高橋慶彦が憧れで。娘はブルペンを覗いていて江夏にお嬢ちゃんかわいいねと声をかけられて恥ずかしくて泣きました。

旧市民球場の近くに開業してからは、年間指定席を買い、診療が終わると、つんのめるようにして球場に通いました。今はタクシーでズムスタへ駆けつけ、ブログで実況中継をしています。

東京にいる子どもたちは当然熱烈なカープファンです。赤いユニホームを着て、東京ドームや神宮球場からメールで中継をしてくれます。そして、孫も。今2歳になる孫娘は、カープの歌を聞きながら寝ますし、赤いユニホームにバットを持って、カープカープと歌う動画をママが送ってくれます。

父から孫まで四代。皆熱烈なカープファンで人生を充実させています。

もしもホームランガールになれたなら、子どもたちも東京から駆けつけて私の晴れ姿に感激するでしょうし、父は天国からニコニコと見守ってくれるでしょう。』

 今日は、今から出発して、久留米で講演です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 医師会ブロック会で食べたもの。 | トップページ | DV被害を受けた子どもへの支援 »

コメント

本当に心に響くいい作文ですよ。何故採用されなかったんでしょうね。
私は島根県は津和野の出身で強靭・大鵬・卵焼きで育ちましたのでまず「カープ」も知りませんでした。
ただ、職場の隣が球場で宿直の晩には勝って欲しいとだけ思っていました。何故かと言うと負けると酔っぱらっていちゃもんをつける人が沢山出てくるからです。その内親友が結婚相手を連れて来て紹介してくれました。余り驚かなかったのですが「カープの選手」だと。でも、野球選手らしくない礼儀正しい方で良い男。その時は「岡山で試合があったので」と、黍団子のお土産を下さいました。でも、私「私は甘いものは嫌いなの!今度からお菓子かうの辞めて下さい!」と言ったのですが結婚するまで続きました。勿論結婚式にも行きましたが誰が誰やら判りませんでした。祝辞はいつも私の担当なのでどうやらごまかして言いましたよ。その後、カープファンの義父の求めに応じて色んな人のサインやボールを電話一本で嫌な顔もせず貰ってきてくれました。私が病気した時も一番に来てくれて励ましてくれて、友人が難病で大手術をした時は私も飛んで行きましたが何と二人の娘さんとともに介護をされて何て優しい人だと思いましたよ。昨年でしたか野球殿堂入りをされて代表で夫が行きましたが次の日に「探したけど見つからなくて」とすぐにお礼の電話が。我が家に来た時も植物の話とかで夫と盛り上がっていました。先日伺った時は「こんなに凄い人とは思わず長い間アゴで使ってごめんなさいね。黒田君や前田君があんなに有名になるのだったら私も貰っておけばよかった」とおわびをしました。全部そうじゃないのでしょうが私は一度も応援したことが無いので先生の想いを聞いて本当に反省しています。先日行くとコーヒーやお茶を細々と出して接待して下さって・・・。少なからず縁がある方なので応援位しないとと思うのですが広島の方の情熱に驚かされます。次回も是非頑張って勝ち取ってくださいね。私は河野先生を応援します。

投稿: 初ちゃん | 2015年8月23日 (日) 11時39分

元祖カープ女子の晴れ姿、
見たかったのに、
残念!

投稿: 元安川 | 2015年8月23日 (日) 12時34分

河野先生、コスプレ可愛すぎます。どっかの、スポーツ紙に八十代のカープ女子について特集されてましたね。先生の熱意がこもった文章をみて、私も本当にカープ女子になりたいとおもいました。また、明日の就活頑張っていけそうです。職場内保育園があるとこだから落ちないようにしないといけないから、先生のオーラをもらい闘ってきます。素晴らしい団塊の世代だと感じます。

投稿: 愛ちゃん | 2015年8月23日 (日) 15時24分

こうの先生が真実の「元祖カープ女子」であることがよくわかる素晴らしいお話ですね。
球団企画は所詮客寄せパンダです。
こうの先生ほどの方がお出になる必要はないかもしれません。

投稿: ふぃーゆパパ | 2015年8月23日 (日) 20時50分

カープの応援歌がお孫さんの子守唄なんですね、全く寝てくれない我が子に聞かせてみてみようかと感じます。

投稿: 愛ちゃん | 2015年8月23日 (日) 22時06分

元祖・カープ女子であることは ブログファンみんなが認知していますのに・・・選考委員会の審査基準がちょっと変かも。
昨日、久留米での講演会また勉強になりました。
孫が、思春期に入っていますので 孫たちの問いかけにキチンと答えてやれることを願いつつ。

投稿: yuumin | 2015年8月24日 (月) 06時55分

河野先生 一日ホームラン女子は知ってましたが元祖カープ女子の一日ホームラン女子の募集は知りませんでした。残念でしたね、でも先生のホームラン女子が見たかったです?けい

投稿: けい | 2015年8月24日 (月) 10時25分

ホームランガール、
河野先生が応募した!
というほどの、企画力ということですね。
素晴らしい!

投稿: ゲン | 2015年8月24日 (月) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/62138838

この記事へのトラックバック一覧です: 「元祖カープ女子』落選の記・恥を忍んで。:

« 医師会ブロック会で食べたもの。 | トップページ | DV被害を受けた子どもへの支援 »