« 小学5年生への「命のつながり」の授業。 | トップページ | 大分の郷土料理「リュウキュウ」。 »

夫が作る晩御飯

 昨日のカープ、よかったですね。私は、一日中家にこもって勉強していたのですが。つい、カープのテレビに夢中になって、そしたら、夫にそんなのだったら、球場に見に行ったらよかったじゃない、と言われてしまいました。いえいえ、テレビを見なからでも、ずいぶんと勉強もはかどりましたよ。後一週間。やるだけやらなくっては。

 このところ、時々ですが、夫が晩御飯を作ってくれています。

 写真を撮っていたら、どうして撮るの?こんな貧しい物を食べてますって?とんでもない。こんなのを作ってくれて、ありがたく戴いていますって書くの、と言いました。一見ワンパターンみたいだけれど、いえいえ、なかなかバラエティーに富んでいます。

 それでは、一覧です。

___1331 ___1335

___1337 ___1339

___1340 ___1341

 お味は、おいしいです。ただ、時々うん?ということがありますが、その時には、これはちょっと、と、正直に言います。初めは、作ってくれたことがありがたくて、何でもおいしいといっていたのですが、まずくてもおいしいと言うと、進歩がないということがわかりましたので・・・。

 ちなみに、朝ご飯は、こんなのを用意してくれています。これとコーヒーです。ヨーグルトには、干しブドウとはちみつが入れてあります。ジュースっぽいのは、しょうが湯です。これが時々ゆず湯やカボス湯になったりします。果物も日によって変わります。

___1277

 もっとも、こどもが家にいる時、私も彼も一番忙しい時は、まったくこんなことはしてくれていませんでした。退職してからです。あの頃にちょっとでもしてくれていたら、私もずいぶん助かったでしょうが・・・。今は本当にありがたくて、幸せだと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 小学5年生への「命のつながり」の授業。 | トップページ | 大分の郷土料理「リュウキュウ」。 »

コメント

すごいお料理がお上手なご主人で、お料理したあとの後片付けもしっかりされているのだなと料理の内容をみて感じます。料理がしっかりしてるというのは後片付けも頑張ってやってくれるから有職主婦は安心して職場に出掛けられるのでは。後片付けができてないと恐ろしくて家をあけれませんよね。

投稿: 愛ちゃん | 2015年4月20日 (月) 09時51分

「男子厨房に入るべし」の小生ですので、ダンナのメニュー、大関心をもって写真を拡大し、拝見しました。
なかなかやりますね!どちらかというと和食派ですか。小生にも十八番がありますので、いつかメニューを交換しようとお伝えください。でも「時々」はいけませんね、「毎晩」でないと。
 

投稿: 無冠の諦王 | 2015年4月20日 (月) 10時30分

ご主人のお料理、なかなか美味しそうですね。

私は米国で国際結婚をして、料理はどちらかというと、私が作る機会が多かったと思います。

カリフォルニア在住時に、母が弟と一緒に遊びに来てくれ際,私が、朝食を毎日作って食べさせました。その時は、、私の母と弟の食事は自分が担当することを、別に何の抵抗も無くやっていました。

その数年後、帰国して福岡で働いていた時,弟から、帰りの飛行機の中で、母が泣いていたと聞きました。その理由は、私が毎朝起きて朝食を作っていたのが、かわいそうだったからだということでした。私には普通のことになってしまっていたので、全く自分がかわいそうだととか思った事はなかったので、かなり驚きました。今では笑い話ですが,私も、幼い頃,父から台所は男のいる場所ではないと言われた事はありました。その父も、私が帰国した頃には、朝のみそ汁は作っていました。時代は変わるものだと実感しました。

投稿: クロス | 2015年4月20日 (月) 12時24分

男の料理、ダイナミックで良いね~。うちの旦那も見習って欲しいです。Mさん、教えてやって下さい。noriko

投稿: | 2015年4月20日 (月) 14時30分

どれも美味しそうですね。お互いを思いやれる夫婦って良いものですね。比翼の鳥、連理の枝です。うちも見習わなくては♪

投稿: 公主 | 2015年4月20日 (月) 22時38分

愛ちゃんさま
はい、夫は料理が終わった時には、片づけもできています。とても手際いいですよ。愛ちゃんさま、そろそろですね。朗報をお待ちします。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年4月21日 (火) 08時13分

無冠の諦王さま
そうなのですか、貴殿も作られるのですか。それはぜひ。十八番て何なのでしょう!いつか、外ででいいですから、お食事でも。お花見が無かったので、話したいことが一杯あります。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年4月21日 (火) 08時17分

クロスさま
お母様はやっぱりありがたいですね。いつまでたっても娘の味方です。自分では、当たり前のことと思って何事もなくやっていることでも、よく見ているもので。でも、私の夫もはじめっからしてきた事ではないのですが、もし、今の夫の姿を見ると、義母は嘆くでしょうね。いつもコメントありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年4月21日 (火) 08時22分

norikoさま
でも、貴女はいつも素晴らしい料理を作る、スーパー主婦ですから。彼が出る幕はないのでは?こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年4月21日 (火) 08時23分

公主さま
ありがとうございます。今、夫がやってくれるようになって、ほんとうに楽になりました。徐々に上手になって来て、今は文句なく感謝しています。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年4月21日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/61466714

この記事へのトラックバック一覧です: 夫が作る晩御飯:

« 小学5年生への「命のつながり」の授業。 | トップページ | 大分の郷土料理「リュウキュウ」。 »