« ご心配をおかけしました。 | トップページ | 小学生からの手紙 »

私は主婦。

 いつまでも、追突の事故のことを言ってすみません。

 昨日、運送会社の方が職場に来て、謝罪されました。その後、運送会社が契約している保険会社から電話があって、補償についての話がありました。

 まず、医療については、私がかかったクリニックに連絡がしてあって、私からの診察代は払わなくっていいということ。薬局についても同じです。

 そして、尋ねてみました。昨日診療をしようとすると、やっぱり頸から肩、頭がズーンと重痛くなって、とてもつらかったので。私には、「一週間の安静加療を要す」という診断書が出ているのだけれど、もし代診のドクターに来てもらって1日でも2日でも診療を休んだら、その代診のドクターの給料は出してもらえるのでしょうか、と。

 そしたら、それは補償できません、と言われました。あくまでも「私個人」への補償であって、私の給料が減額されるというのであれば、私に対してその減った給料の補償をしますと。

でも、私は月給制だから、休んだから即減給というのではないし。もし、それなら、日給月給の人にしか補償はされないことになるのでは?と。

 ふつう、月給制で務めている人が療養するのに有給休暇を取った場合は、その有給休暇に対して補償をします、と。でも、私は経営者だから、有給休暇なんてないし。

 で、向こうから提案がありました。結婚していますか?ご主人はいらっゃいますか?と。

 はい、います。そしたら、主婦としての手当が出ます。通院一回につき5700円の慰謝料が出ます。ですから、主婦として登録させて下さい、と。

 え?医師としての保障は出ないけれど、主婦としてなら、補償されるということなの?代診のドクターの補償はないにしても、医師である私が受診をした場合には、一回につきいくらという補償もなくって、主婦ならあるの?
 変なの、と私は納得がいきません。もし私が独身だったら? もし私が男だったら?主婦としての手当もないのかしら。やっぱりおかしい。まあ、パンフレットを送ってくだささるということなので、それを読んでみまましょう。今、とっても忙しい時でそんな時間はとてもないのだけれど、忙しさが一段落したらゆっくり読んでみましょう。

 日頃から肩こりがひどいのだけれど、もう、肩から頸がコチコチで、頭も痛くなってきたので、夜マッサージに行きました。頸椎捻挫はひどくマッサージしてはいけないのは分かっていますので、事情を話して首はさわらず、やさしく肩のコリをほぐしてもらいました。これで少し楽になりました。

___1168  16日火曜日から広島そごうで「江戸情緒老舗くらべ」が開かれています。以前、大江戸展といっていましたが。その初日の昼時間に行って、ブラブラしました。で、見つけたのがこれ。以前、平野寿将さんのお料理をカウンターでみながら食べているとき、平野さんが、ゆずを擦ってその小さなおろし金を小さな竹のほうきみたいなのでシャッシャッと履いて、ゆずの皮をおろしたのを集めていらっしゃいました。ゆずでも生姜でも、それから大根おろしでも、おろし金にくっついたのを集めるのは難しい物です。平野さんはもう少し小さいのを使われていましたが、でも、これでも十分です。こんな小さな物を買っただけでも、心が暖かくなります。あっ、私、やっぱり主婦だわ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« ご心配をおかけしました。 | トップページ | 小学生からの手紙 »

コメント

そこの保険やさん、外資系ではありませんか?日本資本なら相手の休業保障などはきちんとだしてくれるみたいです、損保と一体感がある東京海上安心せいめいならいろんな考え方をみとめていて商品は多様性があります。それにしても経営者が女性で母親ならば主婦なんですね。いくら有能で社会経験がたくさんあるとしても女性で結婚して家庭をもっていれば主婦。難しい判断です。でも経営者に怪我をさせてしまったことを謝罪するにはやっぱり保険しかありませんよ。先生が体が丈夫で高齢でなければご無理は利きますがやっぱり事故を受けてしまった相手の休業保障を最大限みとめるコースはあってしかるべきです、保険やさんは日本資本がよいです。

投稿: 愛ちゃん | 2015年2月21日 (土) 07時09分

保険会社は、おかしな言い分ですね。
ご友人の任意保険に弁護士の特約が付いていて、同乗者の分も使えるかはわかりませんが。ぜひとも弁護士に相談して、交渉してもらってください。
先生の仕事は、一緒に働いている人がかわりにできないのですから、安静にするためには、クリニックを休業しなければいけませんよね。
その休業中の収入が保証されすべきではないかと、素人ながらも思います。それと、働いている人のすべての給与も保障されるべきではないかとも思います。
保険会社は、素人相手だと見下したような事をいう人もいます。
酷いところは、担当者が時間外だからと交渉を受け付けないのもあると聞きます。
治療は、外科以外にも整体も認められることもあるようです。
また通勤等のタクシー代も。
診断は、とりあえず一週間ですが、完治しなればその期間は関係ないと思います。
自分で保険会社とのやりとりは、頭に来るし精神的にも良くなく、無駄な時間を奪われます。
こちらが悪くないのに、嫌な思いばかり受けます。
ぜひとも、弁護士を利用してください。そのほうが、納得できるでしょうし。
それと、トラックの運転手の言い分は、真実じゃないように思います。
トラックの運転席は高い位置にあるのですから、前の車のずっと先まで見えるのですから、前の車が停止するかどうか普通車の運転手よりよくくわかります。急停車した理由もわかるでしょうね。車間距離をとっておけば十分に止まれますし、トラックのブレーキはよくききますからね。
先生は、主婦である前に、経営者ですよ!
患者さんのことも、働いている人の収入にも責任があるのですから、その責任に対して保障されるべきです。
それをたった5700円なんて馬鹿にしているとしか思えません。
広島市の残業代を不正請求した人は、時給5000円以上なんですよ。
交通事故で弁護士を利用するのは、当たり前な時代になっています。
だからこそ、任意保険に弁護士特約が普通に付いているのですから。

投稿: やんじ | 2015年2月21日 (土) 11時23分

う―んと!先生は、医師であり患者でもあり、主婦でもあり子ども達からしたら、優しいおばちゃん先生でもあります。(^^)(笑)ゴメンナサイ‥

投稿: シイバ | 2015年2月22日 (日) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/61170167

この記事へのトラックバック一覧です: 私は主婦。:

« ご心配をおかけしました。 | トップページ | 小学生からの手紙 »