« フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。 | トップページ | 倉本聡さんの演劇・観られなかった。 »

フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。続きです。

 昨日のブログを読んで、早速浜中和子先生が支援を申し出て下さいました。これで524000円、達成率65%になりました。浜中先生、本当にありがとうございます。

 もう少し。岩崎さんの記事を転載します。胸が痛むことは沢山あるのですが、給食についての報告です。できれば、このフリースクールの歩みや奨学生のこと、クリスマス・パーティーなど、新着情報として書かれているこのページ に飛んで読んでいただけると嬉しいです。以下、転載です。

『パアララン・パンタオの取り組みの紹介をつづけます。

2000年、パヤタスのゴミ山が崩落し、多くの犠牲者が出た事故のあと、パアララン・パンタオのレティ先生は、給食の実施を決心しました。

 

子どもたちに給食を提供したい、とレティ先生はずっと願っていました。まともに食事をしていない子どもがほとんどで、身長も体重も標準よりはるかに小さい子どもたちも多かったのです。安いスナック菓子で空腹をごまかす子どもたちに、栄養のある食事を与えたい。事故のあと、ゴミ拾いもできず菓子も買えない子どもたちのために、まず週に一度の給食の提供をはじめました。

効果はてきめん!!

いつもしんどそうにすわっているだけだった子が、2度目の給食のあと、みんなの前でアルファベットを読んで、先生たちをびっくりさせました。

翌年から給食は毎日に。私たちが日本から送る少ない予算をやりくりしながら、また崩落事故のあと、外国のNGOがパヤタスに入るようになり、その支援も得て、給食を定着させていきました。給食と一緒に、手洗い、歯磨き指導もはじめました。

Content_3ab9662d0e056143e641ab213c6

これまで、新学期に登録はしても、3か月もすると、クラスにこなくなる子どもたちも多かったのですが、給食を実施するようになって、一年を通して、子どもたちはパアララン・パンタオに通いつづけるようになりました。

勉強に自信をもてるようになったことで、公立小学校に通ったり、ハイスクールに進学する子どもたちの数も飛躍的に増えてゆきました。

2012年まで、なんとかつづけてきた給食ですが、13年からは、フィリピンの物価高と日本の円安、これまで給食の費用をサポートしてくれた海外のNGOの撤退による予算不足で、続けられなくなっています。

可能なら一刻も早く、また給食を再開したいのですが、2校で300人の生徒がいるので、金額も年間150~200万円ほどかかります。簡単な軽食を出すとしても100万円ほどは必要ですが、あきらめず、願ってゆきたいと思います。』

これは、以前の写真です。今は、14歳未満の子どもたちはごみ山に入ることは禁じられています。ここで岩崎さんが再会した手前の少女は、10才までフリースクールに通っていましたが、11才になってこうして働くために通学しなくなったそうです。

Content_c1d122a7c92c67ed305808f42ff

後一歩です。皆様の更なるご支援を私からもよろしくお願いします。

 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。 | トップページ | 倉本聡さんの演劇・観られなかった。 »

コメント

フィリピンはそもそも生活保護や義務教育という概念はあるのでしょうか?ごはんがたべられるから学校にくるというのも切ないと感じます。不衛生の中で生活をしなければならない、お勉強そっちのけで子どもも大人と同じくらい稼げなければ生活ができないのがなんとも切ないです。

投稿: 愛ちゃん | 2015年2月18日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/61156205

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。続きです。:

« フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。 | トップページ | 倉本聡さんの演劇・観られなかった。 »