« 釜山あれこれ。 | トップページ | フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。続きです。 »

フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。

___1127

 これは、フィリピンケソン市のごみ山です。人々が、ここにごみを捨てに来、その麓に住んでいる人、子どもたちもそのゴミの中から様々な物を拾ってお金に換えています。

 

ここに 書きました。岩崎一三さんたちが、このごみ山の麓のフリースクール、パアララン・パンタオの台風で壊れた屋根の修理のお金を集めているのですが、苦戦しています。

 「readyfor」にて、80万円の募金を呼びかけています。でも、今はまだ424000円。達成率53%です。後残り37日のうちに100%達成できないと、プロジェクトは実行されません。

 もう少し、この学校の事について岩崎さんの記事をここに転載しますね。雨季が来るまでに直さないと、子どもたちが勉強を続けられません。皆さまのご支援、どうぞよろしくお願いします。

『このプロジェクトについて

フィリピンのゴミ山のふもとにあるフリースクールで学ぶ子どもたちが、

安心して学習することが出来る環境を守りたい!

 

はじめまして、岩崎一三です。私たち“パヤタス・オープンメンバー”は、20年前からフィリピンケソン市のゴミ山のふもとにあるフリースクール“パアララン・パンタオ(思いやりの学校)”に教師の給料や電気水道代など運営費用の支援を続けてきました。しかしこの夏、フィリピンを直撃した大型の台風で、エラプ分校の屋根が壊れてしまいました。樋が吹き飛ばされ、屋根はめくれ上がり、天井には3箇所に大きな穴が開いています。

 

そこで、みなさまには屋根と天井の修理のため、

お力をお貸し頂きたいと考えています!』

同じく岩崎さんの記事から、フリースクールの歩みです。

『1987年 レティ先生が地域の子どもたちに勉強を教えはじめる。

1989年 パアララン・パンタオ開校。


1995年 生徒数200名を超えるが、資金が底をつき、教師を雇え な
い。日本で支援グループ「パヤタス・オープンメンバー」を立ち上 げ、
寄付を募る。

1996年 教師6人(レティ先生含む)を確保して新学期を迎える。
生 徒数200名超える。

1999年 奨学金の支給はじまる。以後毎年、ハイスクールやカレッジ
に進学する生徒数名ずつを支援。

 

2000年 ゴミ山崩落惨事(7月10日)。パアララン・パンタオの生徒も
23名が犠牲になる。 8~9月、住民たちのエラプシティ(再定住地)への
移住すすむ。ゴミ山の一時閉鎖で人々の生活は 困窮する。10月から週に
1度、無料の給食サービスをはじめる。

2001年 給食が毎日にな る。

2003年 8月エラプ校開校。

2004年 エラプ校の増築工事はじまる。

2005年 生徒数両校で300名を超える(パヤタス校92名、エラ プ校
210名)。教師・スタッフ11人。給食あり。

2006年  エラプ校 の増築工事続くも資金不足のため中断。9月以降
ゴミ山拡張のた め、パヤタス校と周辺住民の移転が具体化。近くにパヤ
タス校の新 校舎建設はじまる。

2007年 2月パヤタス校新校舎完成、移転。エ ラプ校増築工事再開
完成。パアララン・パンタオが「第9回アジア人権 賞」(アジア人権基金)
を受賞。

2010年 生徒数両校で380名(パヤタス校129名、エラプ校 251
名)。教師・スタッフ12人。給食あり。

2012年  給食あり。エラプ校の壊れた床 を修理。

2013年 資金不足のため給食なし。奨学生なし。

2014年  生徒数両校で280名(パヤタス校94名。エラプ校1 86
名)。教師・スタッフ8人。資金不足のため給食なし。台風のためエラプ校
の屋根と天井が壊れる。11月からカレッジに復学する奨学生1人
(カレッジ)を支援。

 

☆☆

 

25年前、小学校に通うことさえできなかったゴミ山の子どもたちが、
パアララン・パンタオで学ぶことで、励まされ、次第に小学校やハイ
スクールに通うことができるようになっていきました。いまでは毎年
300人もの地域の子どもたちが、パアラランで学んだのち、小学校に
進んでいます。

子どもたちの暮らす地域に、学び舎があることで、子どもたちの運命が
変わっていきました。この学び舎を守りたいと思います。

 

どうか、応援よろしくお願いいたします。』

    

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 釜山あれこれ。 | トップページ | フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。続きです。 »

コメント

あと四十万って大変な金額ですね。個人では集められないけど四十人集まって一人一万寄付するとできますね。インターネットで拡散するというのは社会派の産婦人科ドクターしかできないのではないでしょうか?私はフィリピンパブで皿洗いの仕事をしたことありますが、フィリピンの女性は出稼ぎしてお金を必死で働いてためてます。色々な角度からフィリピンの事情がわかり納得いたしました。

投稿: 愛ちゃん | 2015年2月17日 (火) 10時15分

河野先生、早速私も協力させていただきました。
また私のfacebookにもおしらせを流させていただきました。沢山寄附が集まるといいですね。

投稿: 浜中和子 | 2015年2月17日 (火) 14時05分

重ねてご紹介いただき、ありがとうございます!!浜中先生、はじめまして。ご支援ありがとうございます! 今日、今年度最後の送金をしてきて、帰ってパソコンひらいて、感激で胸がいっぱいです。とても元気が出ました。これから追い上げますね♪ もうしばらくどきどきさせますけれども、おつきあいください。

投稿: かずみ | 2015年2月17日 (火) 19時45分

ひとつ訂正です。2014年度の先生の数、10人です。レティ校長と教師指導・補助の先生のふたりを数え忘れていたことにいま気づきました(汗)。また今日もつづきの記事も載せてくださってありがとうございます! 元気をもらいました。

投稿: かずみ | 2015年2月18日 (水) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/61151475

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。:

« 釜山あれこれ。 | トップページ | フィリピンごみ山のフリースクールへの支援を。続きです。 »