« 会いたい人に会うということ1. | トップページ | ムチウチその後です。 »

会いたい人に会うということ2.

 夫の父方も母方も、全てのおじ、おばは亡くなっています。義母が一人残っているだけです。私の両親はとっくに亡くなりましたし、父方のおじさんおばさんたちはすべて亡くなっています。母方に一人、おばがいてくれました。

 その叔母さんは、ナースをしていて、当時にしては珍しい熱烈な恋愛結婚をしました。でも、子宮外妊娠をして、子どもはいません。二人はとても仲のいい夫婦でした。その叔父さんが亡くなって、一人暮らしになった叔母は、寂しい寂しいと言い続けていました。

 時々両親の墓参りに行く時に必ず叔母を訪ねて行っていましたが、ここ一年、認知症がひどくなって、叔父が亡くなっていることや自分の年齢も分からなくなっていました。どうもこれはいけないと、会いに行こうと、昨年の11月の終りに姉と二人で出雲まで会いに行きました。

 丁度、叔母は近くの施設のショートステイに入っていました。私たちが分かるだろうかと心配しながら行ったのですが、その時は、とてもシャンとした頭で、私たちが来たことを喜んでくれました。でも、びっくりするほど痩せていました。

___1172 持って行ったもみじまんじゅう、これは叔父がとても好きだったので、少しでも思い出してもらおうと思って。それを時間をかけて一つ食べてくれました。食欲もあまりなく、その時も寂しい寂しいと言い続けて、胸が痛みました。

 誤嚥性の肺炎で亡くなったのだそうです。11月に会いに行ってよかったと思いました。雪の心配がなくなったら、もう一度行こうと思っていたのですが。

 今日のお葬式には、博多から次兄と、姉と、私が無理なので夫と、三人が参列します。広島から長距離パスで行きます。長兄は闘病中なので無理です。妹も、体調がよくなくって行きません。

 父方の家は空き家になっています。私のいとこの子が時々行って、家の手入れなどをしていると。母方は、お墓を残すだけになりました。こうして、世の中、入れ替わって行くのですね・・・。

 まだどうしても会っておきたい人、会ってお礼を言って置きたい人がいらっしゃいます。後悔しないように、会いに行く努力をしようと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 会いたい人に会うということ1. | トップページ | ムチウチその後です。 »

コメント

昔うわさで伺ったのですが、先生のお母上が妊娠中毒症でその後透析をうけるような重度な大変な状況であり、おばさまも子宮外妊娠だったからこそ産婦人科のドクターになったんですね。今は、どちらも防ぐ予防策がありますが、戦前や敗戦直後はなかったのだと感じます。本当に御愁傷様です。子宮外妊娠を何回もしてしまっている方もIVFやICSIの対象者になるとうわさでききました。先生のおばさまのことをふと考えるともしそのときに技術が開発されていたならと感じます。本当に命ははかないものです、交通事故にあわれても命は失わずにいてくれて良かったと感じます。お体は大切に。ご回復を祈ります。

投稿: 愛ちゃん | 2015年2月24日 (火) 08時25分

その叔母さんは、ひょっとして松江の方ですか?
ずっと以前、私のブログにコメントを頂いていた方だとしたら、
たしかハンドルネームは「chihiro」さんでした。
昨年の8月まではブログ更新されてたんですがねえ。
もし、違ってましたら、このコメ削除してください。
叔母様に<合掌>

投稿: shiozy | 2015年2月24日 (火) 10時14分

叔母さまのげ冥福を謹んで申し上げます。
島根への墓参りの楽しみがひとつなくなり、寂しくなりますね。
会いたい人に会うって、会えなくなって後悔することはよくありますよね。
日々を忙しいと思いながら過ごしていると、ついつい後回しにしてしまいます。時々、どうしていうるのだろうと思いながらも。
年賀状のやりとりをしていても、何十年も会っていない人は多いです。
自分の年齢が多くなると、会えなくなる人も増えてきます。

投稿: やんじ | 2015年2月25日 (水) 16時10分

会いたい人がいるのは幸せだとおもいます。相手にも好かれてますよ。会いたいという欲望があるからこそ生きていけるのでは。会いたい人や愛する人がいるのは生きている証拠。いろんな愛があるからこそ人生は魅力的では。今私は、自ら会いたい方はいませんが愛する主人や産まれてくる赤ちゃんのために生きたい。すてきな人生を河野先生は歩まれているのではないでしょうか?

投稿: 愛ちゃん | 2015年2月25日 (水) 22時54分

愛ちゃんさま
いえ、私が産婦人科医になったのは、母やおばさんのこととは無関係です。手も、あの時代にIVFがあれば、おばさんも子どもを授かることができたのですね。この分野での技術のシンポはありがたいですね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年2月26日 (木) 11時41分

shiozyさま
ありがとうございます。その方は、おばさんではありません。おばは高齢で、パソコンはしませんでした。そういえば、かつて私の所にもchihiro産のコメントが入っていました。気になりますね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年2月26日 (木) 11時43分

やんじさま
ホントにそうですね。だから、今のうちに、会っておかなければ。とくにお礼を言いたい人に。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2015年2月26日 (木) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/61187462

この記事へのトラックバック一覧です: 会いたい人に会うということ2.:

« 会いたい人に会うということ1. | トップページ | ムチウチその後です。 »