« 「日韓広島マダン スピーチ&交流」 | トップページ | ポシャギ »

スピーチコンテストで話したこと。

 私が当日スピーチした、元の日本語は、こんな文章です。

『命の誕生 

皆様こんにちは。私は今67歳。産婦人科の医師です。

 産婦人科医になって43年。たくさんの赤ちゃんが生まれるのに、立ち会ってきました。
命の誕生は、とても感動的です。私は、43年経ってもまだ慣れません。

 今でも、赤ちゃんが無事に生まれて「ふんぎゃー」と泣いた時には、胸がキューンとなって、涙が溢れそうになって、そして、大きな感動の中で「おめでとう!よく生まれて来たね!」と言います。

 大変な痛みを耐え、力を振り絞って命を産み終えたお母さんたちもとってもきれいな笑顔で、涙を流します。

 ところで、皆さん、日本の赤ちゃんが生まれる時、なんと言って生まれるか、ご存知ですか?

「こんにちはー」と言って生まれるでしょうか?
いいえ、「ふんぎゃー、ふんぎゃー、ふんぎゃー」と泣きます。
アメリカの赤ちゃんは「ハロー!」と言いながら生まれるでしようか?
いいえ、「ふんぎゃー、ふんぎゃー、ふんぎゃー」と泣きます。
韓国の赤ちゃんは、「アンニョンハセヨー」と言いながら生まれるでしょうか?
いいえ、「ふんぎゃー、ふんぎゃー、ふんぎゃー」
と泣きながら生まれます。

 どの国の赤ちゃんでも、おんなじなのです。同じ大切ないのちの誕生です。

 そして、どこの国のお母さんたちもみんな、この生まれたばかりの赤ちゃんが、
平和で、健やかに成長することを願います。

 理不尽な争いや事故で命を失うことがないように、願うのです。

 今、世界では「どこで生まれたから、あなたは何何人です。どこの国とは敵です。味方です。」などと言っています。

 でも、実は、そうではありません。
 みんなみんな生まれる時には同じ声で泣く、同じ地球に生まれた同じ「人間」です。

 一人一人の大切な命を大切に生きるために、どこの国の人とも同じ人間同士として、
仲良く生きて行けるように、平和な社会をつくりたいと思います。』

 日本語にすると、たったこれだけのたかだか3分の文章なのですが、韓国語でこれを覚えて大勢の前で話すのは、本当にしんどいことでした。それだけの能力しかないと言うことなのです。それを思い知らされました。

 そして、コンテストの発表です。韓国語部門の出場者23名のうち、
大賞2名、金賞2名、銀賞2名、銅賞4名、あとは奨励賞です。私はこれをいただきました。びっくりしました。きっと、最年長でよく頑張りましたと考慮して下さったのだと思います。


___839

 
大賞は、沼田高校と舟入高校の生徒さん、金賞も舟入高校の生徒さんと、中国から広島県立大学に留学している学生さんでした。

 沼田高校の生徒さんの話は、韓国の方言の話でした。毎年大邱の青少年と国際交流をしてきて、ドラマで見る言葉と違うのに気づいたと。日本に方言があるのと同じように韓国にも方言があるのだと。そこで、韓国の方言を調べたと。大きく分けて五つの方言がある。特徴は、こうこうで、この文章を標準語で話すとこうだけれど、釜山などの慶尚道ではこうなるとか。韓国に行ったら、カタコトでも、その地の方言で話すと面白いと。もう、すごいプロフェッショナルな内容でした。とても太刀打ちできません。

 全く、身のほど知らずのいい年をした者が、若い人に混ざって何かしようとするのが、いかに無謀であるかがよく分かりました。
特訓までして私を指導して下さった李菊枝先生に深く感謝します。ただ、今回の経験を通して、一段と韓国語の力が付いたような気がします。これからも、ボツボツと自分なりにがんばって行こうと思います。

 その日の交流会のお料理や、当日展示されていたポシャギの写真など、まだ続きます。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「日韓広島マダン スピーチ&交流」 | トップページ | ポシャギ »

コメント

たとえ外国語を専攻していても、外国語のコンテストに入賞するなんて、並大抵の努力ではできない。外国語を操る仕事に本当はつきたかったのですが、色々と難しい現実をしり遠ざかっていってしまいました。外国語を勉強するのは苦痛ではないですが、才能がある方がたくさんいて、英語だけじゃたべていけないという話をきき、お年をめしたかたが賞をいただくまで韓国語をきちんと勉強していく姿はすごいと感じてます。本当は勉強したいのですが、わざと時間を作らないことと諦めがあり、憧れだけで終わったので悔やみますが、平和と平等を望む産婦人科医も素敵ですね。外国語を勉強するというのはその国と仲良くなりたいから、相手の国の事を勉強して国を富まずことにつながりひいては平和も作ることなので素晴らしい事かもしれません。

投稿: 愛ちゃん | 2014年12月 1日 (月) 11時21分

河野先生、本当に素晴らしいです!
韓国語でスピーチするのは発音も難しいし、本当に大変だと思います。
私は韓国に来て3年になりますが、韓国語まだまだです。先生の努力を見習わなければ(o^-^o)

投稿: ayako | 2014年12月 1日 (月) 13時03分

ご自身のお仕事を誇りに思っていらしているのと平和を願う心がマッチされていてすごいと感じてます。私のような変わり者が本当に生意気を申し上げてすまないと思いながらも優しさを満ちているスピーチだなと思ってます。自分のことをこれだけ自身に満ち溢れてそれを外国語に表すのは私ではできません。私はいつも、自信がつかずまわりに流されてばかりなので見習いたいと感じてます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年12月 1日 (月) 13時56分

とても素敵なスピーチですね。ほんわかしました。

投稿: | 2014年12月 1日 (月) 20時41分

素晴らしいです。実際に拝聴したかったです。

先生のような方がいらっしゃることは大きな励みになっております。色々と大変なこともおありでしょうが、多くの人間が先生の存在で力を貰っていると思います。どうぞ、末永く筆を折ることなく、ブログを続けて下さい。応援しています。

投稿: 名無し | 2014年12月 1日 (月) 23時46分

銀賞とは、素晴らしいです!!

投稿: ☆ロクさん☆ | 2014年12月 3日 (水) 04時03分

河野先生、韓国語のスピーチコンテストで受賞おめでとうございます。先生のご努力に頭が下がります。
私なんかこの年で試験とかコンテストなんてとても無理です。
さすが、日頃全国でご講演しておられる実績が基礎力としておありだから出来ることですね。
本当に素晴らしい!! おめでとうございます。

投稿: のぞみ | 2014年12月 3日 (水) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60741590

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチコンテストで話したこと。:

« 「日韓広島マダン スピーチ&交流」 | トップページ | ポシャギ »