« 松江です。 | トップページ | 玉造温泉で日帰り入浴。 »

松江にて。

 姉と二人での島根への一泊二日の旅、昨夜無事帰って来ました。

___808

 ホテルの朝、駅をくぐり抜けて、川まで散歩しました。くにびき大橋の向こうにくにびきメッセがあります。川に反対に写っている建物ももう少しで完成ですね。とにかく大きな建物が多い地域です。原発による中電の補助が随分ばらまかれていると聞きました。川では、のんびり鴨が二羽泳いでいました。

 駅前の安い宿に泊まったものだから。隣の夫婦らしい人たちの会話や動きの音がモロに聞こえて、あんまり眠れませんでした。

 それに、温泉の大風呂があるというのでここにしたのですが、なんと、狭くて脱衣のカゴもなく、小さなロッカーが少しあるだけ。それに洗い場も三人分しかないという、びっくりの「大風呂」でした。「大風呂ではなくって、大風呂敷だわ」と思いました。結局入るのをやめて、部屋でシャワーにしました。

 全く、自分が惨めになるようなホテルはもうやめにしなければ、と思いましたね。でも、「朝食無料」というその中身。以前より随分よくなっていました。

___806

 煮玉子を取った後、あら、生卵がある!2個も卵を食べてはコレステロールによくないのですが。日頃、家ではできるだけたまごは避けています。でも、誘惑に負けて、それも。卵かけご飯にしました。焼き魚は鮭がありましたが、それは取らず。

 実は、前夜、夕飯を食べようと、街に出ました。カニを食べましょうと。あらかじめネットで駅周辺にたくさんカニを食べさせてくれるお店があるのを調べていました。調べるだけで予約をしていなかったのです。で、どこに行っても、予約で満席と。随分うろうろと歩き疲れて。結局、どうにもならなくて、一畑デパートの大食堂にしました。その時はもう疲れ果てて、こんなものだけにしました。

___801 白いチョコレートのモンブランと、オレンジジュース。お昼に高野の道の駅でしっかり食べていたので、これで十分。姉は海鮮丼を食べました。

 帰りの車の中でも、ずっとおばさんの話をしていました。寂しそうで、かわいそうで。でも、遠くにいる私たちが横からあれこれ言って、手を出すことは禁です。亡くなった叔父さんの兄弟の方の手配で今のショートステイに入ったそうですので。もう少し島根への旅、続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 松江です。 | トップページ | 玉造温泉で日帰り入浴。 »

コメント

私も、旅にいったら結構、たまごのコレステロールをきにしながらも、卵料理を朝食バイキングなどでたべてしまいます、やっぱり旅館のたまごのお料理はその旅館のレベルを測るものさしでは。たまごのお料理がおいしくてお客様が何個もいただくのはそこそこ美味しいのではないでしょうか?

投稿: 愛ちゃん | 2014年11月25日 (火) 09時55分

河野先生、こんにちは。

おばさまのお話、胸が痛みました。うちも他人事ではありません。
祖母はすでに特養に入所しています。
数年前まで危なっかしい一人暮らしでしたが、健康管理ができなくなり入院騒ぎになったのをきっかけに、病院→本来ショートステイでの受け入れの施設に長期でお世話になる→新しく出来た施設に申込みをして、優先度が高く運よく入所、という流れでした。

今は伯母が、ゆっくりゆっくりとではありますが、老いてきています。身の回りのことは何でもできますが、ほんの少しのサポートが時々必要です。

「終活」という言葉がはやっていますね。でも、こればっかりは計画通りにはいかないですよね。
周囲の人と話をしてみることには意味があると思います。

投稿: 迷い人@広島っ子 | 2014年11月25日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60709868

この記事へのトラックバック一覧です: 松江にて。:

« 松江です。 | トップページ | 玉造温泉で日帰り入浴。 »