« シェルターシンポジウム2. | トップページ | 福井の中学で講演しました。 »

シェルターシンポジウム3.

 私は今、京都にいます。昨夜遅くに京都まで来て、駅の近くのホテルに泊まりました。もう、とっても疲れていて、足がだるくて。前夜は今度の日曜日の講演のためのスライド作りをしていて、ほとんど寝ていなかったもので。で、お部屋に来てくれるというアロマセラピーを頼んで、マッサージをして頂きました。その気持ちのよかったこと。その後、すぐに眠りに入りました。というか、マッサージの途中からウトウトしていましたね。今朝になると、むくんでいた足もほっそりです。

 今朝から福井に移動です。福井の中学生に講演をします。

 さて、宇部でのシンポジウム「DV・性暴力被害者支援を進めるために」の続きです。今日は、コーディネーターの戒能民江さんの文章を転載します。

『 DVや性暴力、性虐待、セクシュアル・ハラスメントなど「ジェンダーやセクシュアリティに基づく暴力」の被害を受けた人びとへの支援活動を通じて、私たちは、暴力が女性やセクシュアル・マイノリティ、子どもの心身に大きな影響を与える事、DVや性暴力は女性の健康問題であることを、社会に向けて発信してきた。

 内閣府等の調査からは、女性に対する暴力がまさに「いのち」の問題であり、暴力被害が女性の心身の健康に深刻な影響を与え、健康問題が生活再建を阻む大きな要因となっていることがわかる。しかしながら、現状では被害直後の適切な医療・保健ケアすら不十分であり、中長期的な回復支援に至っては施策の検討すら行われていない。

 とくに、性暴力や性虐待、セクシュアル・ハラスメント等の被害が健康や生活に与える影響が大きいにもかかわらず、被害者支援のための政策展開への道筋は不透明なままである。2011年以降、ホットラインを通じて、女性たちの声がようやく届き始めた。性暴力被害者は適切な医療支援を受けることができず、さまざまな後遺症に悩み、自殺念慮や自殺企画率が高い。
 一方、性暴力・性虐待被害の顕在化に伴い、医療を中心とした支援体制の整備が急務となっている。

 2010年以降、SACHICO(性暴力救援センター・大阪)やSARC(性暴力救援センター・東京)が開設され、被害直後からの医療支援、法的支援、カウンセリング、福祉的支援等の総合的支援を行う被害者支援センター設置の必要性がいっそう明確になってきた。
 2014年6月、自民党などの議員立法として「女性の健康の包括的支援法」が国会に上程され、臨時国会で審議される予定である。リクロダクティブ・ヘルス/ライツおよび権利擁護の観点の欠如や暴力など健康問題の社会的背景に踏み込まないなど、同法案には議論すべき課題が多い。DV・性暴力被害者支援の現場の声を集約し、包括的な女性の健康支援法に盛り込むべき内容について提案して行く必要がある。

 本シンポジウムでは、以上の経緯を踏まえ、医療現場における支援課題を明確にし、私たちの求める法整備のあり方について議論を深めるとともに、政策提言をめざす。産婦人科・精神科の医療臨床および被害者支援現場から見えてくる問題点と課題を整理し、被害者の被害回復のために必要な施策や法制度について意見交換を行う。』

___734

 福島瑞穂さんと会えたのは、7年ぶりです。いろいろと話ができて嬉しかったです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« シェルターシンポジウム2. | トップページ | 福井の中学で講演しました。 »

コメント

弁護士も女性の性暴力にたいして力があり、女性の見方になってくれる人ではないとだめだと感じます、男性弁護士だと結局男性を養護しちゃうし、心理的ケアなんて本当にしてくれないし、その後入った会社の企業顧問弁護士がその男性弁護士で、私がうけた性的嫌がらせや離婚したことを会社に言いふらしてパワハラに発展してやめました。また3Pをしてくれと無理やり親友を紹介しましたが、その後親友と別れて私が再婚して、再度彼女に謝りましたが、紹介した直後、彼女にたくさん怒られたあと、彼女にたくさんあやまりました。今は仲直りし互いに連絡をとりあってます。本当に辛かったこともこの十数年あるので、もっと女性の権利養護が充実してほしいのですが、河野先生のおかげで胸のつかえが取れました。ありがたいと感じます。福井は寒いようなのでお風邪をお召しにならないようにしてください。

投稿: 愛ちゃん | 2014年11月 6日 (木) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60606484

この記事へのトラックバック一覧です: シェルターシンポジウム3.:

« シェルターシンポジウム2. | トップページ | 福井の中学で講演しました。 »