« 女性閣僚・山谷えり子氏 | トップページ | 今日の梅酒 »

小渕優子ワインと山谷えり子氏

 小渕優子氏、選挙区内の人たちに自分の写真入のワインを配っていたと。これは、もう救いようがありませんね。自分でワインの存在は知っていたと。でも、選挙区外に配るものと思っていたと言うのは、あまりに危なっかしい。そんなワインの配り先まで自分では知らなかった、、秘書が勝手にやったことというのでは・・・。

 こんな公職選挙法違反は、単に大臣を辞すればいいというものでなく、議員であることそのものが問題になります。一体、何箱のワインが作られ、どこの誰に配られたものなのか、それは明らかになるのでしょうか。

 記者会見では、誠実そうで、好感が持たれた、これからも心機一転がんばって欲しいというとコメントしていた人もいたし、新聞の投書も見ました。でも、ここまでやっていたのでは、政治家として、失格ですね。

 さて、昨日につづいての山谷えり子氏ですが。今更というほど、もうずっと前から山谷氏と統一協会の繋がりは知られていることです。

 統一協会の政治部である国際勝共連合機関紙の「世界日報」には度々登場しています。

・2002年10月31日号 「禁欲教える価値観こそ必要」

・2002年11月4日号 「フリーセックスを奨励する」 「日本では一部の性教育者たちの思い込みで過激な性教育が選択の余地なく行われている」

 また、他にも

・ 2006年5月13日、マリンメッセ福岡で開かれた、統一教会系団体である天宙平和連合の「祖国郷土還元日本大会」福岡大会(合同結婚式も同時に行われた)に、各議員らと共に祝電を打っていた

・ 山谷は結婚後も旧姓を名乗り、2000年9月には夫婦別姓選択制導入などを盛り込んだ民法改正案の推進を求める申し入れに署名する等、夫婦別姓推進論者であったが、一転、2001年11月統一教会系の日刊紙世界日報における夫婦別姓反対キャンペーン連載では2回にわたって夫婦別姓に慎重な姿勢を表明した

・ 他の女性議員と大きく異なる点に、ジェンダーフリー教育や、ポジティブアクションに否定的な意見を述べるなどの政治行動が挙げられ、これは統一協会の唱える純潔運動思想とも一致。そのため、女性からの支持が弱いとすると指摘もある。

 これらは、以前「ウィキペデイア」にに記載されていたものを、参議院経由で削除され、これはおそらく本人が削除したものと思われるとネット上で騒がれました。

 本人も、「反社会的団体」であると認知されている統一協会と親しいと思われるのは得ではないと思ったのでしょうか。

 それでも、昨日掲載したような統一協会の選挙の応援の文書が流出して、決して縁は切れていないことがわかります。国家公安委員長という警察のトップの人が、このような団体と繋がりがあるというのでは・・・。

 先日の外国特派員協会での記者会見でヘイトスピーチを行う団体の批判をしなかったことが、外国のメディアの人たちには驚きを持って受け止められ、世界に発信されたというとても恥ずかしいことも起こっています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 女性閣僚・山谷えり子氏 | トップページ | 今日の梅酒 »

コメント

私事の例でございますが、私がまだ大学病院に通ってる頃の診察の時に見た光景なんですが、採卵や授精卵移植の時には、大学卒業したばかりの女の先生が採血や麻酔を指導医の男性の先生からびしびし怒鳴られながら採血や麻酔をしていて、さらに女の先生から私の目の前でやり方が遅い、患者の事考えろ、患者は人生かけてるんだと怒鳴りなからビンタをされながら仕事をしてました。また私としては通算三度目の妊娠がわかって、まだまだ大学病院に見てもらう日が続いていたころ、男子の医学生にこびて、患者の旦那の年齢の悪口を中待合室に私がいるのをいっていてわざと笑いながらキャピキャピしてました。しかも化粧が濃く、私の今心配なことにしっかり答えてなく、自分の立場に固執してその日はこなきゃよかったと感じたけど、大学病院って男の権力や男の権力にたかる女性医師の根性がすごいとかんじました。 そんな先生は小渕優子さんみたいに引きずりおろされるんだろと感じます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年10月22日 (水) 10時18分

議員は、ある意味、一国一城の主。
国を治めるのに、知らなかったとか、◎◎のはずとか、把握していなかったなんて、どうしようもないことですね。
世継ぎのバカ殿が、周りに担ぎ上げられただけで、チヤホヤされて能力もなく、すべき事もできない。そんな国は滅びて行く。
このような選挙をしているから、自分たちの将来が不安になっていることを、高齢者に負担が増していることが理解できない選挙民は、如何なものなのでしょうか?というか、

父親は総理大臣を勤めたが、印象に残っているのは、総理になる前に「平成」の2文字を掲げた姿だけ。
マスコミも、何を根拠に未来の首相だとか、内閣の重要な地位を得た事を持ち上げるのか、まったくわかりません。
この国は、世継ぎ議員とそれを持ち上げるマスコミで滅びてしまいそうですね。
在日特権を許さない人達と、韓国発祥のカルト的と言われている宗教団体が、なにゆえ山谷氏で繫がっているのか、それを許している両者が理解できません。特に在日特権を許さない人達が。
ラジオ等で政治的な番組でも、山谷氏と統一教会の話はたまに出てきますが、それはスルーされているように感じます。
メディアの中にも、学校のPTAと同じように、強い影響が及んでいるのでしょうか?
在日特権を許さない人達は、何故、日本に影響力を強く及ぼしつつある統一教会に何も言わないのでしょうか?言えないわけでもあるのかな?と感じてしまいます。

投稿: やんじ | 2014年10月22日 (水) 14時23分

山谷女史は、あまり効果がないのに、基本的に騙されるのに、平壌に調査団をおくりましたが、私もあまり効果がないのではと感じてます。ただなにもしないわけにはいかないと思いますが、横田めぐみさんの親御さんの涙をみてしまうともっときちんとしたやり方があるのではと感じます。拉致問題は内外の色々な問題が重なってできたものだと思いますが、だんだん少なくなっていますが団塊の世代も頭の固い方々が拉致問題は存在しないんだとか未だにいう方や反対に強硬に北朝鮮に圧力をかける方がいて調整つきませんが、やっぱり被害者がかなりいる以上認めていかなくては被害者家族は納得しませんまた、山谷女史や安倍総理は、家族会を私物化しないように願えたらと感じてます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年10月23日 (木) 06時49分

愛ちゃんさま
すごい現場を見て来られているのですね。私は、そんな話を聞くと、その大学の女医さんたちも苦労しているなあと思います。そもそも男社会だから。私はその大学出身の不妊治療のスペシャリストに随分といろいろと指導してもらいました。二回子宮外妊娠をした人の卵管の手術をして、うまく妊娠し、赤ちゃんが無事生まれた方も、その先生の指導のおかげだと感謝しています。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年10月23日 (木) 12時50分

やんじさま
その後も続々と疑惑が出てきますねえ。こうなると彼女は議員も辞職するか、公民権停止で議員失格するかのどちらかしかないでしょう。もう、彼女のせいではない、周りの人の責任だとは言っておられません。その中心の人が自殺したりしないで、ちゃんと事実を明らかのすることですね。こんな時、いつも秘書が犠牲になって事はうやむやというのが、パターンですから。それから、「在日特権を許さない人たち」という言い方は?です。在日特権って、本当に存在するのでしょうか。私は、日本の中で差別されて来た人たちに「特権」を与えているという言い方は違うと、思っています。
 右翼的な人たちがそれぞれ立場は違っても、山谷氏を利用しているということですね。山谷氏はそのどちらも、自分の票を取ってくれる大切な人たちなのでしょう。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年10月23日 (木) 13時00分

はじめまして。
お願いしたいことがあり、このような形で御連絡差し上げました。
失礼をお許し下さい。

以下の運動を始めることにしました。
【私たちにノルレボを! ドラッグストアで買える緊急避妊薬を実現させよう】キャンペーン
http://finedayspill.blogspot.jp/2014/10/blog-post_18.html

まだ、ブログの片隅で始めたばかりの運動です。
始めて数日ですが、とても手応えを感じています。
絶対に必要なことだし、必ず実現すると確信しています。
ご意見をいただけないでしょうか。
できるだけ早く専用のページを作り、
女性団体にも呼びかけていきたいと考えています。

そこでお願いです。
もしよろしければ、呼びかけ人に加わっていただけませんでしょうか。
メールアドレスまでお返事をいただけたら、幸いです。
末筆ながら先生のご活躍をお祈り致します。

投稿: ruriko | 2014年10月24日 (金) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60525437

この記事へのトラックバック一覧です: 小渕優子ワインと山谷えり子氏:

« 女性閣僚・山谷えり子氏 | トップページ | 今日の梅酒 »