« 甲子園の一日。 | トップページ | 初代監督石本さん。 »

「広島カープ誕生物語」

 先日、中沢啓治さんの奥様と食事をしました。中沢さんがご存命中から、話が弾む人たちと時々一緒に食事をしていましたが、それは中沢さんがお亡くなりになってからも続いています。中沢さんは、美味しいものが好きな方でした。それも和食に限らず、フランス料理やイタリアンなども。美味しいお店を見つけると、声をかけて頂いていました。

 そして、先日食事をしていたときに、奥様が、2月にカープの碑ができると、それも子どもの碑なのがとても嬉しい、中沢さんが生きていたらとても喜んだでしょうに、と話されたのです。

 そして、CS二戦目の朝、NHKが「カープ誕生物語」の漫画を、セリフを声にして放送しました。それを見ていて、いろいろと昔を思い出し、つい涙をこぼしました。ああ、私はカープ誕生物語の漫画、持っていない、読んでいない、と気づいたのです。その番組が心をうって、そして、それがやっぱり甲子園に行こう!と後押ししました。

 そして、その帰り、神戸で買って新幹線の中で読みながら帰りました。1994年の中沢さんの書き下ろしですが、その後絶版となっていたものを今年「中沢啓治著作集の第一巻」として復刊したものです。

 中沢さんは、カープ大好き。それは「はだしのゲン」の中にもしっかり出てきます。が、「広島カープ誕生物語」にはカープ誕生から初めて優勝したときまでの道のりが書かれています。資料としても正確だし、それにさまざまなエピソードがふんだんに織り込まれいていて、楽しくも時々ウッと来る漫画です。

Photo

 帯には、中沢さんが2011年8月5日にマツダスタジアムで始球式をされた写真が出ています。この時、中沢さんは、肺がんの闘病途中でした。そんなことは微塵も感じさせない一杯の笑顔です。翌日8月6日、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」でお話していただきました。手術はしたもののの、肺に再発していて、これから抗がん剤の治療という時でした。

Photo_2

 漫画を読みながら、昔を思い出しては、涙、涙なのです。昔、カープが弱かった時。負けても負けても、広島の人たちはカープを応援していました。小学生の私は父にくっついて行っていました。いつもライトの外野です。勝った思い出はあまりありません。

 子どもが生まれてからは、子どもたちを「カープ子ども友の会」にいれて、連れて行っていました。広告を鋏で切って、紙吹雪を作ります。それは子どものはさみを使う訓練にちょうどよかったのです。それを袋に入れて、持って行きました。点でも入ると、もう大騒ぎで紙吹雪をまきました。

 優勝するかもしれないとなった時は医局も大変で、スポーツ新聞をいくつも買っては、後いくつ勝ったら、マジックが出るかと計算していました。

 漫画にもあるように、カープ初優勝の時には、初代の石本さんが「ふっ」と笑って、そして涙を浮かべられました。ああ、石本さんが生きていらっしゃる内に優勝してよかったなあと思ったものです。

 きりがないほど、たくさんの思い出が一杯あります。

 今年も、ああ、あそこであのエラーがなかったら、とか、ここで一本ヒットがあったら勝ってたのに、と思うことは一杯あります。でも、優勝できなかったからとカープを悪く言うなんて、真のファンではありませんね。

 そして。「平和メディアセンター」から写真をお借りしました。中国新聞に掲載されたそうですが、他の県の方々にも見て頂きたくて。2月にできる碑の模型です。

___696 子どもたちがドカン(そういえば、道端にはドカンがいつもありましたが、今ではすっかり見なくりました)に乗ってカープを応援している姿、最高の碑だと思います。マツダスタジアムにできるこの碑、ワクワクします。本当に中沢さんが生きていらっしたら、どんなに喜ばれたことでしょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 甲子園の一日。 | トップページ | 初代監督石本さん。 »

コメント

やっぱり中沢先生の書き下ろしだったんですね、さっそく、書店に予約をとってみようと思います。河野先生は、昨日は台風の中お帰りになってお疲れ様です。広島の被災地の方々もかなりお疲れだと感じます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年10月14日 (火) 09時36分

中沢さん奥様のお元気そうなお顔に嬉しく思いました。
思えば、カープ初優勝の日、私は東広島市にお住まいだった初代監督、石本さんのご自宅にお邪魔していました。その瞬間の取材のためでした。その時私は「石本さん、もしお元気であそこにいたら、まず一番に胴上げですね!」石本さんの目が潤み大粒の涙が頬を伝いました。このインタビューは、マスコミ各社の永久保存資料となっており、先日のNHKの特別番組でも放送されました。あの時、放送時間に間に合うよう、石本さんの奥様がすすめてくださったビールを断って、ヘリコプターで帰社したことが、鮮やかに蘇ります。私の宝です。

投稿: 無冠の諦王 | 2014年10月14日 (火) 10時13分

お疲れ様でした。
私も早速アマゾンで購入しました(*^_^*)

投稿: もみじ日記 | 2014年10月14日 (火) 13時28分

愛ちゃんさま
ありがとうございます。ぜひこの漫画、読んで見てくださいませ。感動すること請け合いです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年10月16日 (木) 10時23分

無冠の諦王さま
ありがとうございます。かってに私のブログに転載させていただきました。コメント欄だけではもったいなくって。感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年10月16日 (木) 10時25分

もみじ日記さま
わあ、ありがとうございます。ぜひ読んで見て下さいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年10月16日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60476029

この記事へのトラックバック一覧です: 「広島カープ誕生物語」:

« 甲子園の一日。 | トップページ | 初代監督石本さん。 »