« KITTEの「菜な」での食事です。 | トップページ | 「東北母と女性教職員の会」 »

「女」であればいいというものではない。

 安倍改造内閣発足で、マスコミがかまびすしいけれど。女性閣僚が5人。「女性が輝く社会の実現」ですって。

 私は思います。「女だったらいい」というものではないよ、と。その顔ぶれ、その人たちがこれまで何をしてきたのか、それを見ないで、「女・おんな」と浮かれないでよと、本当にそう思います。

 その女性閣僚の顔を見ると。安倍氏の第一次内閣で「お友達内閣」と言われたのと同じでないですか。超保守派の集まり。

 山谷えりこ何て、宗教団体をバックに、散々性教育のデマを飛ばして、潰そうとした人。教育をひどい状況にし、ピルや緊急避妊などをも潰そうと文科省や厚労省を動かして来た人。みずからクリスチャンといいながら、統○協会の強力な支持者。

 同じ超保守の稲田朋美氏が大臣を外れたのかと思いきや、自民党の政調会長だと。

 ベテランの女性でも、集団的自衛権について安倍首相に反旗を翻したとされる野田聖子さんは、外されたのね。やっぱり。

 それに、高市早苗氏。

以下、中日新聞からの引用です。

『 自民党は二十八日、人種差別的な街宣活動「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)の規制策を検討するプロジェクトチーム(PT)の初会合を開き、国会周辺の大音量のデモ活動に対する規制強化も検討課題とすることを確認した。静穏保持法など現行法で対応が可能か調べて、新たな法律が必要かどうかを判断する。デモの規制は市民の政治に対する抗議活動を制約し、憲法が認める表現の自由を侵しかねず、野党などは反発を強めている。

 自民党の高市早苗政調会長は会合で、国会周辺のデモや街宣について「党本部でも議員会館でも(騒音で)仕事にならない。仕事の環境も確保しなければならない」と指摘。「秩序ある表現の自由を守っていく観点から議論を進めてほしい」と求めた。

 国会周辺では、東京電力福島第一原発事故後、反原発を訴えるデモ活動が毎週金曜日の夜に行われている。警察庁の担当者はPTの会合で、国会周辺での拡声器使用を制限した静穏保持法による摘発は年間一件程度だと説明した。

 一方、在日コリアンに対するヘイトスピーチについて、高市氏は「特定の民族を名指しした中傷はやめなければいけない」と強調。ヘイトスピーチに対象を限定した規制法はないため、PTは刑法の運用強化や新規立法を検討する。

 民主党の大畠章宏幹事長は二十八日の記者会見で「ヘイトスピーチ(規制)とデモ規制は性格が違う。デモ規制が行き過ぎると民主主義のベースが壊れる」と批判した。

 ヘイトスピーチは人種や民族、宗教上の少数者に対する憎悪をかき立てるような表現。保守をうたう団体による在日コリアンに対するデモが社会問題化しており、国際的な批判が強まっている。』

ヘイトスピーチについては、国連から日本に対して厳しい勧告が出ています。以下、毎日新聞からの引用です。

『ジュネーブにある国連の人種差別撤廃委員会が29日、日本政府に勧告したのは、異なる人種や少数民族に対する差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を行った個人や団体に対して「捜査を行い、必要な場合には起訴すべきだ」だった。

 前回の勧告より大幅に踏み込んだ内容に、関係者からは政府に真摯(しんし)な対応を求める声が相次いだ。
 ヘイトスピーチの法規制を研究し、ジュネーブでの対日審査を傍聴した師岡康子弁護士(東京弁護士会)は「新たな法規制だけでなく、公人の差別発言に対する制裁や実態調査など、予想していた以上に厳しく、より具体的な勧告になっている」と評価。

 その上で「法規制が一般のデモ活動やマイノリティーへの弾圧に乱用されないようにということも明記されている。ヘイトスピーチ規制を話し合う上で最も重要な指摘だ」と話した。
 ヘイトスピーチの現場などを描いた「ネットと愛国」の著書で知られ、今回の対日審査を傍聴したジャーナリストの安田浩一さんは、「各国の委員が日本政府に強い不信感やいら立ちを覚えていることがよく表れた勧告だ」とし、「政府も行政も何がヘイトスピーチなのかすら、まだ把握できていない。どれだけの人の人権が傷つけられているか、この勧告の意味や重さを強く受け止めてほしい」と求めた。【斎川瞳】』

 こんな人たちの入閣に対して、ただ「女性だから」歓迎というのは、おかしい。ますますこの国がおかしな方向に向かいつつある、その危険性をこそ言うべきなのに。そう思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« KITTEの「菜な」での食事です。 | トップページ | 「東北母と女性教職員の会」 »

コメント

私は全ての議会で婦人議員が増えただけそして入閣する婦人議員が増えてうれしいと考えるのは短絡的だと思います、ある婦人団体は、単に婦人議員が増えること=男女平等と古くさい考え方でいる方が問題。質と中身で勝負でいるほうが国民には幸せです。私は少子化担当大臣には少子化担当大臣には是非とも野田聖子さんを願ってましたよ 当事者の声が必要では。山谷えり子さんへの疑問が深い河野先生の不快感お察し致します。山谷えり子さんを色々調べてると問題ですが面白いですね。

投稿: 愛ちゃん | 2014年9月 4日 (木) 09時46分

私は、個人的趣味で山谷えり子さんの動向がきになってますが、危険人物という河野先生のご指摘はあたっています。ただ、今日のブログには関係ありませんが、お盆のお墓参りに先生が、寄生虫にやられたお話を伺っていると、先生のお体大丈夫かと心配になります。寄生虫による感染症状は流産の原因になるかもとニュースになっており 、適格な日本産婦人科学会の指針がほしいと感じます、先生お墓参りには是非とも万全な体制でいってください。

投稿: 愛ちゃん | 2014年9月 4日 (木) 13時09分

「女性活用」に名を借りた超右翼のお友達のオンパレードですね。京滋で初の女性閣僚と騒いでいる有村治子もしかりです。事前に名前が取りざたされていた時、まさかそんな人ばかりいくらなんでもわかりやすすぎて選べないだろうと思っていましたが、そんなことは意に介さずやるんですね。「女性活用」を利用して結局自分のやりたい放題というところがひどすぎます。

投稿: ちえ | 2014年9月 4日 (木) 20時26分

お隣の韓国メディアは、山谷えり子と高市早苗を 「右翼政治家」とこき下ろしました。日頃の彼女たちの行動から全くその通りだと思いました。

日本の野党各党は迫力のない論評だけで、政権を奪取する気概がみえません。このままだと衆院を解散しても、任期満了でも自民党安泰になってしまいます。

この度の内閣改造は女性重視に名を借りた アベノマヤカシ です。

投稿: ちょっと辛口 | 2014年9月 5日 (金) 07時54分

貴重なブログです。
河野先生、
頑張って下さい。

投稿: 宇品灯台 | 2014年9月 5日 (金) 13時47分

朝のラジオ番組の森本毅郎さんの「日本全国8時です」で、コメンテーターの小沢遼子さんも言われていましたね。
選ばれた女性が、本当に女性のことを考えているのかと。
法務大臣になられた方の、問題発言もあるようですし。
秘密保護、デモの弾圧等、戦後レジュームの脱却は、単一思想独裁国家への道に進んで、力こそ全ての世の中にしたいのでしょうか。
⚪︎⚪︎協会のために。

投稿: やんじ | 2014年9月 6日 (土) 13時34分

こんなのがあります。
http://lite-ra.com/2014/09/post-444.html

投稿: やんじ | 2014年9月 9日 (火) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60257750

この記事へのトラックバック一覧です: 「女」であればいいというものではない。:

« KITTEの「菜な」での食事です。 | トップページ | 「東北母と女性教職員の会」 »