« 島根原発の問題点 | トップページ | 山下俊一氏の発言について①どうしてあんな発言をしたのか »

中学生の保護者への講演です。

 昨夜は、外来のみの産婦人科開業医の小さな集まりでした。いろいろとみなさんの近況の報告を聞きました。和気あいあいと、楽しく話は弾みました。特に、もしも緊急の事態が起きた時、入院や緊急手術を必要とする患者さんがあった時、どこの病院にお願いするか、そして、受け入れはどうであるかという、みなさんの体験談を聞きました。

 どこの病院はどうであるか、ちゃんと受け入れて戴けるか、それは特に私たちにとって大切なことで、情報の交換はとても有意義でした。

その後、少しだけ私のスライドを皆さんに見て戴きました。

___360 Pta

 私は、今日のお昼は県北に行き、夜は福山で講演です。福山の中学で保護者の方と教職員の方たちにお話しします。そのスライドを使いました。

 産婦人科のドクターたちに知って戴くこと。これも大切なことだと日頃から思っています。私のクリニックではどんな状況であるか、若者の妊娠、中絶、中絶の時期を失して出産しなければならないけれども、育てられない、そんな時に私たちはどうしたらいいのか、そんなことを中心に話しました。

 みなさんにはよく分かって戴けたと思います。

 今日は、保護者の方たち、教育現場の方たちに分かって戴けるよう、しっかり話したいと思います。

 福山へは、車でなく新幹線で行くことにしました。

先日あった、小学生の監禁事件。私たちの現場では、小学生の性被害の受診が後を絶ちません。幼い少女への犯罪は怒りに震えます。でも、日本もそういう社会になっていることを自覚した上での子育てもしなければならない、悲しいことですが、そういう事態になっていると思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 島根原発の問題点 | トップページ | 山下俊一氏の発言について①どうしてあんな発言をしたのか »

コメント

先日の岡山の事件って怖いと思います。その前後にNHKのハートネットTVで性犯罪についてやってましたよね。岡山の事件でぞっとしたのは被害にあった女の子を自分好みに育て上げ結婚することっていっていたことがいたたまれないけど、なぜか源氏物語では若紫の章をおもいだされましたが、本当にこんなことを現実の世界でやれるようになってしまったことがいたたまれません。しかも周到にばれないように何年もかけて拉致の準備をしてたなんて。なぜ被疑者男性は同世代の女性とつきあえないのかと逆に思います。またそういう異常性があるから同世代の女性とつきあえないんだよなと感じます。小学五年生って生理が始まる年齢ですが、初経・精通教育の幅広いやり方をもとめられてるんだなと感じます。本当にとんでもない悪意がある容疑者です。

投稿: 愛ちゃん | 2014年7月24日 (木) 10時15分

学研ウータンによれば、食生活の欧米化により牛や豚にホルモン剤を投与させて大きく育て上げたお肉を育ち盛りの女児に与えた結果、初潮が早く来すぎてしまうと、だいぶまえ読んだことがあります。それを仮説にして、体つきだけ大人の小学生の女児は、大人の男性の偏狭な欲をかりたててしまうことをみずからの頭にそんな情報をいれて みたら、初潮年齢がはやまるってういうのは閉経がはやまるっていうことになり、それらすべて今の産婦人科の中でかなり問題になってしまったとかんじます。変なたとえですが、、山本元帥の母上がわかい時は生理が十代半ばだったから、山本元帥の母親は元帥を四十六で生んだのは食生活かもしれないなって感じます。初潮年齢がはやいというのは、色々深く考えさせられます。岡山の小学生がもしかしたら生理がはじまっていたらならととんでもないことだと思います、事実私も小6から生理がきました。 今の小学生は二年はやまってると噂があります。生理が早くくることってそんなによいことではないなと考えさせられます。恐ろしい!


投稿: 愛ちゃん | 2014年7月24日 (木) 15時04分

昨晩、中学校で貴重なお話を聞かせて頂きました。
息をのむような切実な内容で、2時間集中力が途切れることなく、終始食い入るように聞いておりました。

これまでに私もある程度は子ども達に「性」について話はしていましたが、今回先生からたくさんの勇気とその必要性を教えて頂いたので、今後はさらに自信を持って子どもと向き合えると思います。

今回、河野先生が来られると聞き、何をおいても絶対に参加するんだと張り切っていました。
講演終了後、先生に握手して頂きたかったのですが、恥ずかしかったので歩み寄れませんでした(笑)

しかし、2時間という長時間、聴衆である私たちは椅子にすわっているのに、先生はずっと立ちっぱなし。
申し訳ないと思うと同時に、そのパワフルさに感動いたしました。
実は私の母は70才なのですが、現在も介護士として現役で働いています。
現代の私の母世代は、なぜこんなに元気なのでしょうか。
「やりがい」を宝とし、人の役に立つことこそが「自分の喜び」なのでしょうね。

河野先生、どうぞこれからもお体に気をつけて、さらなるご活躍をお祈りしています。
我が子の中学での講演を、本当にありがとうございました。

投稿: キャサリン | 2014年7月25日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/60034855

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の保護者への講演です。:

« 島根原発の問題点 | トップページ | 山下俊一氏の発言について①どうしてあんな発言をしたのか »