« 辛い物。 | トップページ | 広島韓国伝統芸術院公演 »

都議会のやじについてもう少し。

 都議会のやじに関して、もう少し、あれこれ。

 昨日、生理不順で悩んでいる中学生と話していて。そもそもは体重が落ちたことで生理が止まってしまう体重減少性無月経。これを治療するには、しっかり食べて体重を増やすことが条件です。そうでないと、治療が効かないのです。

 その中学生は、大分頑張って、治療も効果が出てきて、もう一息という所まで来ました。ちっとも太ってはいないのです。でも、以前のガリガリの時に比べれば、ふつうの体重に近づいたという所。生理も何とかあり始めています。それなのになんだか悲しそうで。

「男子が太ったて言うんですって」と母親が言われました。何で?友達がそんなことを言うの?と聞き返すと

「○○!お前、太ったのう」って。

と言います。自分が痩せたために生理がなくなって。体重を上げないと生理が戻らないのでなんて男子に向かって話せるわけもなく。それで、私言いました。

「そんなの、セクハラよて、言いかえしてやりなさい。」

 苦笑する彼女に、「あのね、中学生のころから、そうして人を傷つけて、言われた人は悲しいということを知らせないと。そのまま言いたい放題で、人を傷つけたということも分からないままに大人になると、あの都議会議員のようになるのよね」

と言いました。彼女も、しっかり都議会のことは分かっているようでした。

 そう、都議会のことは、子どもたちだって見ています。

 私、以前、広島市議会の見学に行ったとき、あまりにひどいヤジに本当びっくりしました。ベテラン市議が若い市議の発言にひどい誹謗中傷を大きな声で叫ぶのです。パワハラですね。その時に、私は、社会科の授業で小学生を議会見学に来させたらいいのに、と言いました。そして、カープの球場みたいに、今日は○○小学校の何年生、○○人が見学に来ていますと、議長が言うのです。子どもの前だと、あんな恥ずかしい姿はできないはずと。

 人を傷つけることはいとわない、そんな人として当たり前のことが分かっていない人が、どうして選挙で選ばれるのでしょうか。

 それに、今回の件で、はっきりしたことは、そのような女性を傷つける悪質なことを言う人は、女性に対してだけでなく、アジア、韓国や北朝鮮の事をヘイトスピーチしているような人であるということです。

 今、ネットにあふれる、でも、その元は、週刊誌などの記事の一部を切り取って自己流に解釈してのことなのですが、塩村議員についての目を覆いたくなるような誹謗中傷は、本当にひどい。彼女を叩いたあげく、鈴木議員が気の毒だということまで言われています。

 そもそも、35歳にまでなった女性は、それまでにいろいろなことがあったでしょうよ。そんなの当然。それに、若いときに色々な行動があったとしても、それにより人は成長するもの。変わりうるもの。

 彼女を叩いて、この件を幕引きさせる、そんなことは平気でする世界だと、夫は言います。金と力で、いくらでもメディアを使うことができる、政治の世界はそんな物だと。

 でも、ヤジだけでなく、その後の彼女の攻撃は、やっぱり許せません。

 もっとも許せないと思うのは、彼女のインタビュー記事にあった「被爆二世として生まれて、甲状腺の病気もあって、いろいろと妊娠出産に悩むことがあった」という彼女を「被爆二世を売り物にしている」という攻撃です。

 そんな攻撃があれば、なんにも言えなくなってしまいます。「売りもの」というのは、私自身のこれまでの活動も無にさせる物でもあります。

 でも、そんな攻撃も含めて、これまで多くの方々が差別と闘ってきました。そういえば、外国のメディアへの記者会見の場で、質問の時間になった時、一番初めに質問に立った女性が、「これからあなたに嫉妬だとかいろいろな攻撃があると思うけれど、負けないで頑張って欲しい」と言われました。

 その通りのことが起こっているのですね。あらゆる差別と闘って来た方々に学びながら、塩村都議には頑張って欲しいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 辛い物。 | トップページ | 広島韓国伝統芸術院公演 »

コメント

塩村都議に、甲状腺の疾患があるとはしりませんでしたが、なんか被爆二世というお話をうかがい、そうかもしれないなとかんじてはいました。35という年齢や甲状腺の疾患があるというのは私は共感をしますが、諦めないで生きてほしいなあとかんじます。ちなみに彼女は遺伝子検査などしたのでしょうか?東京にいるのだから専門医が原宿にあるのだからいってみたらと少々かんじます。甲状腺の病気で妊娠あきらめた話を過激派の永田洋子氏の話に必ずでてきましたが、今はそんなにあきらめなくともいいのに、生まれた赤ちゃんが甲状腺疾患でも今は二十歳まで無料ななのにと残念です。35という年齢は重いですが、甲状腺疾患を持って生むことにチャレンジするのは正直産婦人科をえらびますが、選ぶのがやっぱり赤ちゃんをまもり、健常者と同じ生活をさせることにちかずくのではないでしょうか?甲状腺の管理をしながらの妊娠は都会では珍しくないと思います。また甲状腺の知識をある程度もった産婦人科にかかるデメリットもありますが、虐待につながるからこそ、甲状腺と女性、甲状腺と赤ちゃんそして妊娠について勉強しないのかなとかんじます。本当に甲状腺疾患について手術をしないでいきながら妊娠を目指

投稿: 愛ちゃん | 2014年6月28日 (土) 09時29分

心が貧しく、精神的に低俗で、勉強はできても教養はない。
そんな人が、誰かより優位に立とうとすると、差別といじめで低俗な言葉を発するしか手段は無いでしょうね。
教養と知識で、論破なんてできませんからね。
ヤジにしても、語彙がとても少ないから、小学生の低学年が使える言葉数しかないですから、「おまえのかーちゃんでべそ」ってくらいのことしか言えないのでしょう。
選挙の時や議会での発言は、自身の言葉でなく、誰かの言葉を使ったり誰かに書いてもらった文章でしかないでしょうね。
だから、きっと自分が何を言っているかわからないかも。
言葉の意味を理解できていないから、自身の上げる政治的な旗に書いている言葉も意味不明のままですから、平気で女性差別する言葉がでるのでしょうね。
マスコミは、自民党の独裁になって、ますます酷くなってますね。
強者にへつらう、腰抜けです。
テレビでコメントしている、テレビ局の政治取材歴何十年という人達などは、もう自民党の盲信者丸出しです。
今の自民党の論理は、オーム真理教の幹部が当時テレビで語っていたことによく似てますね。自衛のためなら、サリンをまく。
サッカーの日本代表の取り扱いにしても、戦う前後でこれほど違うのですから、きっとサッカーのことを何も知らない人達がスポーツの専門誌のを作っているのでしょう。都議会と同じですね。
都議会は、いじめがあっても無かった事にしていた教育委員会と同じで、誰のためにその仕事に就いたのか、国民のためでも生徒のためでもなく、自身の利害のためだってよくわかりますね。
もっとも一番悪いのは、個人の利害のためだけに投票している都民・国民なんですけどね。また選挙に行かない人達なんでしょうね。

投稿: やんじ | 2014年6月28日 (土) 12時37分

男子中学生のセクハラひどいなあとおもいます、中高生の時生理痛がひどく授業中何回もといれにいっていたら落ち着きがないとかいっても担任は無視。しかも女性教員でした、本当にだからもしかしたらもう生理にかんすることで社会的に休みをとるというのは贅沢なんでしょうか?そもそも女性に生理があるのは常識的ですが、生理にかんすることの病気があることは病気として社会的にわざと認定されないのではないのでしょうか?若いうちは、多少こまかしやおふざけでとうりますが大人じゃころころと転落してしまいます。生理にかんすることについては本当はあまり保健体育でやってません、都合上避妊しかやっておられない保健体育科の先生がおられるようで。問題がありすぎです。内膜症、せんきんえん、筋腫小さめでスプレキュアで卵胞を良質な増やし、子宮内膜ととのえながらの毎朝九時の注射の通院をえての15こ。ヘトヘトです。そのうち八個受精し、七個は未成熟です。本当に生理にかんすることは病気じゃないんですか?考え方まちがってます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年6月28日 (土) 17時59分

最近の男子中学生、本当にひどいですよ。
私の娘は中3です。学校の話もいろいろとしてくれます。その中に度々「〇〇ちゃんは男子たちにブスとかゴリラとかクラスのみんなの前で平気で言われてる。」とか、「△△ちゃんは男子に言われた暴言のせいで不登校になってる。」とよく聞きます。
今は少子化のせいで昔よりも一クラスの人数が若干少なくなっていますが、それなのに一クラスに必ず1~2名の不登校生がいるので、一学年だけでも十数名にのぼります。学校の先生は理由を聞かないのか疑問に思います。そして男子はおとがめなしです。この子たちがそのまま大人になるのかと本当に不安です。

投稿: みっくす | 2014年6月30日 (月) 14時16分

私もみっくすさんのおっしゃるように、教員が男子が女の子に対するセクハラをみてみぬふり、むしろ積極的にやらしてる雰囲気が、小中の時にありました、しかもベテラン女性教員。絶句しました。早い子だと小学生 四年生位から生理があるのに配慮がないのに。私が小学生の時よりも今の小中生は二年位早いときいてます。また、豚肉や牛肉をそだてるときのホルモン剤の副作用とかきいた事があるなか、やっぱりこの騒動の中にある一つの真実には妊活していた女性の中で中絶率も高くなってきている理由に障害児を生んでも育てられない社会環境だから生まないというを微妙な感じで隠されているような感じもします、だから妊活をしていてあきらめた仲間もいます。正直どんなによい受精卵を選んでもかなり良い受精卵ではないかぎり元気な赤ちゃんをうめないとわかっているからこそ、この騒動の重さが日々感じます。妊活の限界を女性は敏感です、敏感だから、激増する妊活女性の中絶があるから本当はそこに議会が踏み込まなければ患者としては安心できない、一般人には反感くらう議論になるからごまかしたと思います、もう何十年も日本は東北大学でIVFをやられてから同じような議題で言葉を変えてやってきました。もう誤魔化しながら議論をするのは限界なのではと、セクハラを処罰するとともにそういうことを当事者としてもとめていきたいです、また障害児でも年齢が年齢だけに贅沢をいわずにきちんと生まれてくれれば文句はいえませんから、闘いぬきたいと存じ上げます。本当に河野先生に意見するのは失礼かとおもいますが、治療を受けてきて日々以上のような話をすごく感じます。議会は患者夫婦の方に早く向くべきと思い議会に産婦人科がいたなら多少状況がかわったかもしれないからこそ、産婦人科医として政治家になろうとした河野先生の志はすばらしいものだと思います。

投稿: 愛ちゃん | 2014年7月 1日 (火) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/59888764

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会のやじについてもう少し。:

« 辛い物。 | トップページ | 広島韓国伝統芸術院公演 »