« 広島県日韓親善協会2014年度総会会員の夕べ | トップページ | 日本の少子化について。その④共働き世帯・婚外子 »

日本の少子化について。その③結婚が減っている理由

 この度発表された人口動態統計から。日本の婚姻数の推移です。

Photo

結婚しない人がとても増えています。
以下の二つの統計は公益法人生命保険文化センターの統計です。

Photo_2

結婚の年齢があがると、出産の年齢も上がります。

Photo_3

以下の二つは、富山の種部先生から戴きました。

Photo_4

Photo_5

 ああ、これではなかなか結婚できないなあ、子どもも産めないなあと思います。が、そもそも女性の65%は結婚願望はあると言われています。願望はあるけれど、結婚できない。では、少子化を何とかするにはどうしたらいいのか、自然に決まって来ます。この項、まだ続きます。




『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 広島県日韓親善協会2014年度総会会員の夕べ | トップページ | 日本の少子化について。その④共働き世帯・婚外子 »

コメント

平日は不安定な非正社員雇用のダブルワークで大企業の総合職女子なら長時間の残業、本当に婚活なんてできやしないし、婚活とともにするブライダルチェックなんか余裕もない。生理休暇もとらせない、ふざけるなと おもわずにいられません、生理休暇の医学的証明なんていまの時代いくらでもだせると感じてます。企業側、労組側のご都合で生理休暇を義務化せよの声すらだせない、そういう雇用や労組、労政にはなにも未来がない反対に生理休暇が男女差別という方もおられます。生理が辛いというのは、病院に一年半通いながら考えてますが病気だとおもう。本当に今の女子の雇用はおかしい、しかも大企業雇用の一流大卒男子のみ二十代なら可能です。また男子の幼さは雇用の不安定さからきているのでは、女の子がいくら婚姻をしたくても男子が雇用の不安から考え方すべてデフレです。今は非正規雇用なんて生理休暇なんて使えません、使ったらぶち殺されます。女や女の体をばかにしてます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年6月 7日 (土) 08時01分

やんじさんのおっしゃるように、団塊ジュニアは、反面教師のように政治に興味がないのかもしれませんが、私は、実家の日野市のゴミ問題の内部などに若干かかってますよ、ご心配おかけします。また団塊ジュニアが好んで選挙にいける雇用ではなく、日曜日は必ずしもお休みがある企業さんばかりではなく難しいです、選挙システムと雇用の内情がミスマッチだとおもう。選挙にいけるように不在者投票がいつでもいけるようにしてほしいのですが。私どもがいた組合の先輩は確かに学生運動を誇りに思ってる方々がかなりいますが、最初はきちんと我々も先輩だとおもいきちんときいてますが、ある日突然悪い形でおしつけがましくなり、伝えたいことを伝えても、学生運動を否定してると3時間以上説教され懲りました。政治には興味があること、親の世代を否定することはあまりしたくないのですが、すごく親の世代の一部をみてると関わりたくないと感じます。そういう方々ばかりではないから安心して政治に参加したらと伝えていただきありがたいです 親も渋谷最大の拠点校国学院大学出身で色々きいてますが、アドバイスありがとう。

投稿: 愛ちゃん | 2014年6月 7日 (土) 15時56分

30代の独身女性が結婚しなければといいますが、結婚のイメージよりも子供を生んでおきたいという言い方をします。
少子化の影に結婚生活でのイメージがわかない、生活が苦しくなってしまうというのがありそうですね。

投稿: 金星 | 2014年6月 8日 (日) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/59772576

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の少子化について。その③結婚が減っている理由:

« 広島県日韓親善協会2014年度総会会員の夕べ | トップページ | 日本の少子化について。その④共働き世帯・婚外子 »