« 「美味しんぼ」の鼻血のこと。 | トップページ | nancyさんご夫妻作のTシャツ! »

美味しんぼの鼻血の続きです。

美味しんぼを連載していたビッグコミックスピリッツでは、編集部の「表現のあり方をいま一度見直す」というコメントを掲載し、美味しんぼの連載を休載するとのことです。     
以下、そんな事実はないと抗議をしたという双葉町の鼻血について、Yahooニュースから転載します。
 
『 『福島県双葉町で鼻血「有意に多い」調査 「避難生活か、被ばくによって起きた」           J-CASTニュース5月16日(金)19時18分配信国内トピックス

 福島県双葉町では、鼻血などの症状の統計が有意に多かった――。岡山大などの研究グループが町の依頼で健康調査したところ、こんな結果が出ていたことが分かった。一体どうなっているのか。

 健康調査は、岡山大、広島大、熊本学園大のグループが、「美味しんぼ」で鼻血の症状を訴えた井戸川克隆町長時代の201211月に実施した。全町民にアンケート用紙を配って調査したため、町に配布などの協力を依頼した。

■体がだるい、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気…

 その中間報告が載ったのは、熊本学園大の中地重晴教授が1311月に学術雑誌に発表した論文だ。「水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染」の論文によると、住民には原発事故による健康不安が募っていることから、放射線被ばくや避難生活によるものかを確かめるために疫学による調査を行った。

 比較するために、双葉町のほか、福島県境にあり放射線汚染地域でもある宮城県丸森町筆甫地区、さらに原発から離れた滋賀県長浜市木之本町でも調査した。その結果、双葉町と丸森町は、体がだるい、頭痛、めまい、目のかすみ、鼻血、吐き気、疲れやすいなどの症状で、木之本町よりも有意に多かった。

 特に、両町では、鼻血が特に多く、オッズ比を取ると、双葉町が3.8、丸森町が3.5もあった。双葉町では、ほかに肥満、うつ病など様々な症状がオッズ比3以上の高い値を示し、両町では、消化器系の病気や神経精神的症状も多かった。

 論文では、「これら症状や疾病の増加が、原子力発電所の事故による避難生活又は放射線被ばくによって起きたものだと思われる」としており、事故の影響であることを明確に認めている。今後は、双葉町が行った住民の動向調査から、被ばくとの関係をも調べる予定だとしている。

 この内容については、原発事故の取材を続けているライターの木野龍逸さんが14513日にツイッターで紹介し、ネット上で話題になった。

次ページは:双葉町の抗議文と食い違っている?

 


 
以上で引用は終わりです。
多くの人が鼻血が出ていると証言している、その事実は事実と
して受け止めなければならないはずです。
小学館には、余程の圧力がかかっているのだろうと、
夫と話しました。
今、この国は、政界、経済界からの圧力により、
テレビを初めとするマスコミは、
それらの利益に反することは、本当に
表現できなくなってしまいました。
テレビでは、辛口のコメントをする人たちが
こぞって切られてしまっています。
その圧力が、雑誌それも漫画雑誌にも及んでいるのでしょう。
おそらく、雁屋哲さんと小学館の間でも
丁々発止の話し合いが持たれていることでしょう。

 これまで、美味しんぼの全ての単行本を購入し、
それをクリニックの待合室
に並べている私としては、雁谷さんに、
美味しんぼを続けていただくように、
祈る思いで見守っています。 
もう、多くの方が見られていることと思って
昨日には出さなかったのですが、
この涙の証言をもう一度見て戴きたいと思います。
少し長い証言ですが、鼻血についても、
涙で訴えられています。
起きていることは、起きていること。
それをないことだとどうして言えるのでしょう。                     
                    

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「美味しんぼ」の鼻血のこと。 | トップページ | nancyさんご夫妻作のTシャツ! »

コメント

鼻血もさまざまな症状も本当でしょうが、おいしんぼ
の作者は、作品中で離乳食に「蜂蜜」とか、素人の私
でも知っているような危険な間違いをよく書くのです。
だから、なんか彼が書くと、疑ってしまう人は多いと
思いますよ。

投稿: ⑦パパ | 2014年5月17日 (土) 10時21分

漫画が一時連載休止は漫画が読めなくなるだけでなく、娯楽がなくなります。かなり個人的には好きな漫画です。なんらかの規制や弾圧があったのだとおもいます。個人的には一切前進社の運動に関わったり構成員ではないですが、前進社の専従の方から伺ったのはその福島の現場に入って前進社の専従の方が確認したと伺ったのは今から二年前ですが、どうやら事実のようです。でも前進社はいろんなレッテルや偏見があり個人的にも関わる怖さも色々感じますが、チェルノブイリとの関連性も考えると事実では。やっぱりかなりおもい規制や弾圧があるのは常識的な暗黙の了解なんだと思う。治安維持法から秘密保護法を考えるととてもこわいが。福島に入っていこうとしてる前進社の専従の方はあるいみ偉いと思う、人生をそれにかけた。やっぱり一般人はかけれないからこそ色々な問題があると感じてます。いびつな民主主義だとおもいますがやっぱりなんらかの弾圧があるのは許せないが、官権の暴力も許せないが、かつての前進社の運動スタイルも理解しがたい。贅沢な願いかもしれませんが、だと本当に本当に平和であってほしい、ありとあらゆる暴力がなくなってほしい、報道規制や弾圧がなくなってほしいです。

投稿: 愛ちゃん | 2014年5月17日 (土) 10時52分

いつものことですが、過去の発言も、過去に起こったことも無かったようにするのが政治家であり、それを追従するのがマスコミですね。
集団的自衛権でも、なんとも稚拙な説明であるにも関わらず、もっともなことのように書きますね。
反対意見を表に出さない、反対意見や考えを「嘘」とする、政府の発表以外は、間違いだという風潮は、まさに戦争への道に進む国家ですね。
違う意見を尊重できない社会は、独裁社会であり、民主主義国家ではないですね。
集団的自衛権を発表する我が国の首相の目は、ダークサイトに落ちた人のように見えました。
私は確認はしていませんが、ビックコミックスピリッツに対して、以下のようなことが行われるとの記事もありました。
表現の自由とか廃し、本の閲覧を難しくする手法は、まさに独裁国家ですね。それに追従する業界があることは。
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/cdf584843381e4430b3fbcba46670016

投稿: やんじ | 2014年5月17日 (土) 13時19分

この報告書ですよね。
『水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染』
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/661/661-01.pdf

投稿: やんじ | 2014年5月17日 (土) 14時46分

⑦パパさま
はちみつとゆで卵については、謝罪文も含めて読んでいます。でも彼は「よく」間違いを書きますか?私は離乳食についての謝罪文、そのまま受け入れています。彼がオーストラリアで子育てしたその体験が、今の日本と異なっていたというのも本当でしょう。以前、アメリカでは、二ヵ月の子にシチューの肉を吸いつかせていると小児科のドクターに聞いて、びっくりしたものです。アレルギーになった子たちとその親御さん、家族の大変さは踏まえた上でです。私は、彼の職に対する熱意に対する信頼はいささかも揺らぎませんよ。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年5月19日 (月) 07時44分

愛ちゃんさま
雁屋哲さんと前進社とは、なんの関係もありません。私も何の関係もないことだし、もうこれ以上前進社にはかかわらないで欲しいし、書かないで欲しいとお願いしますね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年5月19日 (月) 07時47分

やんじさま
資料、ありがとうございます。その通りです。これからの雁屋哲さんと小学館に対しての圧力、よく見守りたいと思います。中沢啓治さんと同じようです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年5月19日 (月) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/59656434

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しんぼの鼻血の続きです。:

« 「美味しんぼ」の鼻血のこと。 | トップページ | nancyさんご夫妻作のTシャツ! »