« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

やまとの湯おしまいと、民家カフェ「朧」

 昨日は、やまとの湯の最終日。急遽大分に行った夫が日帰りで早めに帰って来たので、行くことができました。

___150_2

 ここがオープンして12年。私はいつから行きはじめたのか、覚えがありません。全身のリウマチや、わけの分からないサルコイドーシスで大量のステロイドを飲んで、顔がパンパンに晴れ上がったころ。いろいろなお風呂をさまよったことがあります。その中で、一番気に入ったここに行くようになりました。

 何しろ広い露天風呂が気持ち良くって。それに、サウナで暖まった後、外のすのこの上に寝転ぶのが好きで。タオル一枚をお腹にかけて、そよそよと風を感じながら、うとうとするのが至福の時でした。

 さすがに最終日とあって、多くの人でごったがえしていました。こんなに多くのファンがいるのに。実は、差し押さえられたのだと聞きました。ふーん、なぜこんなことになったのか、私にはわからないけれど。

  スタッフの方たちとも仲よしになっていたのですが。彼女たちも失業なのですね。さぞ、大変なことでしょう。

 これだけの設備なのだから、早くどこかが買って再開してくれることを望みます。それまでは、家のお風呂で我慢します。

 昨日のお昼は、安芸高田市みどり町の「民家カフェ朧」に行きました。姉と姉の長女と私たち夫婦の四人で予約していましたが、夫がそんな事情なので、急遽、仲よしの友人を誘って、四人で行きました。何しろ、月火水のお昼のみの営業。いつもは仕事で行くことができません。休日に行けるだけだし、予約もなかなかとれないので。一人分だけでもキャンセルはもったいない話です。

 遠くまで車で行く価値のあるランチです。この前行ったのは、冬の雪が積もっている時。今回は、すっかり春でいろいろな山菜を食べさせていただけるということでした。

___151

覚えのある民家。でも、中のしつらえは春です。

___152

 玄関に貼られたおおきな鯉のぼり。昔のでっかい真ごいの背中には、赤い金太郎が乗っています。

___153

そして、何よりびっくりしたのが、たんぽぽの綿毛のドライフラワーと古い帯で作ったたけのこ。遊布戀さんの力作です。これらに見とれているうちに、お料理の時間になりました。大感激のお料理は、また明日ね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休診日の早朝のバタバタ

 今朝は、5時半に携帯がなりました。

 実は夫が今日早くの新幹線で大分に行くので、目覚ましを6時半にセットしてはいたものの、寝過ごしていけないと緊張して4時半に目が覚めてはいました。でも朝早くの携帯はこれは患者さんからの緊急事態です。

 他県に里帰り分娩をするために、紹介状ももう書いた方が、破水をしてしまったと。これはもう帰るのは無理で広島で出産しなければりません。その受け入れを探すのに手間取ってしまって。すぐに生まれるとは限らないものの、もしも陣痛がきたら少し小さいので、その対応ができる所、一軒、二軒、三軒、四軒目にやっと受け入れO.K.と言って戴きました。ふう、一時間半、バタバタしました。そして、夫の見送り。

 今日は休み。また寝ようかと思いはしましたが、とても無理です。

___148  昨夜は、韓国語の先生と生徒で、授業の後十日市の「333」に行きました。久しぶりのホルモン鍋。煮ると真っ赤になります。ひとしきり食べた後、ごはんを入れて焼き飯にします。それがおいしいんだわ。他にもチヂミ、キンパ、チャプチェ、トッポギ、ゆずのアイスクリーム。食べに食べて。それに楽しい会話!!帰ってから、先日のエオの谷ではるめさんから戴いて、その日にゆでていた筍の調理です。

 ゴールデンウィークも私の場合、一日交代で、診療とお休みがずっと続きます。

 少し遅くなりましたが、今の北海道展で買って食べた物です。

___141_2 ___142

 左、海の宝石箱。私が行ったのは夕方だったので、「大」しかなくって、1500円+税。でも、税はまけてくれました。大きくて、一気には食べられませんでした。早く行くと、これと同じのの「中」を1000円で売ってます。量は、中で十分です。でも、限定一日100個。いくら、ウニ、サーモン、しめさば、卵等一杯入っていて、すっごくおいしくて。絶対おすすめです。

 右はくずまんじゅう。おこわやさんで作っていたのだけれど、初めて見ました。これがまたもちもちくにゅくにゅしておいしくって。

___149  数日の日持ちがするお菓子を選んで夕方買って、、ぎりぎりまで冷蔵庫に入れて置いて、凍らせた保冷剤をいっぱい入れた保冷バッグに入れてエオの谷に持って行きました。チーズケーキ、北海道の小豆のきんつば、かぼちゃのきんつば。どれもびっくりするほど美味でした。

 今日もちょっと遠距離のドライブです。またご報告しますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アートまつりとエオの谷。

___147_2

 昨日は、安芸高田市向原でのアート祭りに行きました。山間の静かな町に沢山の人。

___145

 こんな素敵なステージ。これは、まだ公演前の写真です。

 沢山の人たちの出店。

___146

 アートも食べ物も。多くの人が楽しみました。

 そこでひまちゃんたちと合流して食事をした後、エオの谷へ。ひまちゃんの電動車いす、折り畳み式で、私の車のトランクにすっぽり入りました。折り畳みの電動車いすってとても便利です。こんなのがあるとは知りませんでした。

エオの谷では、みんな馬に乗りました。ひまちゃんも、高所恐怖症の人も。もちろん、私も。馬に乗って山道を行くなんて、自分でもこんなことをする時が来るなんて信じられない思いでした。みどりの空気がおいしくて。ウグイスが鳴いて。

 ひまちゃんの誕生日祝いのイベントでしたが、いつもの事。私自身もすっかり癒されました。楽しいひと時。今日はまた、診療です。がんばらなくっちゃ!!

___144

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

生理は遅らせるより早めること。

 昨夜は7時から「薬の安全処方を考える会」で研修をしました。

 浜松医療センター院長の小林隆夫先生の「女性ホルモン剤と血栓症」のお話しと、浜松医科大学健康社会医学講座の杉浦和子先生の「女性ホルモン剤と血栓症に関する全国調査研究」の中間報告の二題を聞きました。

 死亡事故があって報道された月経痛治療薬だけでなく、低用量ピル、更年期などの治療剤、不正出血などの治療薬として使われる中用量ピル、また、性同一性障害に使われる注射薬など、ひいては骨粗しょう症の治療薬など、全ての女性ホルモンに関係する血栓症についての講義です。

 

___143_2

 小林先生のお話しは、とてもわかりやすく、すぐに実際の診療に役にたつことばかりでした。

 私もこれまで何度も言ってきているのですが、もう一度ここで一つだけお伝えしておきますね。

 特にこのゴールデンウィークで旅行を計画していて、それと月経がぶつかりそう、月経を遅らせてほしいと来られる方が後を絶ちません。せっかくの旅行、それも海外旅行で長時間飛行機に乗るとか、近場でも温泉に入るとかいう時には、生理とぶつからない方がいいですね。

 でも、月経を移動させたい時には、早くに来てほしいのです。早く来て、月経を早める、そしてすんでから旅行に、という方が安全なのですね。ずっとこう言い続けているのですが、でも、「遅らせてほしい」とう人のほうがうんと多いのですね。早めるためには、早く来て戴かないとできません。ギリギリになってからだと、遅らせることしかできません。

 遅らせるには、旅行中もずっと薬を飲み続けなければなりません。特に、遅らせるのは中用両ピルを使います。早くに来て戴いて早めるには、低用量でできます。

 中用量ピルを飲みながら、飛行機に長時間乗ると、血栓症を作る率が高くなります。足に血栓ができて、そして到着して歩き出した途端、その血栓が動いて、胸の方に飛んで倒れる、いわゆる「エコノミークラス症候群」ですね。ビルを飲んでいると、この危険が高まるということなのです。

 もし、その予定ですでに中用量ピルを飲んでいる方、飛行機などでじっとしていないで、とにかく足を動かして下さい。お行儀よく乗るのでなく、動いたほうがいいということなのですね。弾力のあるひざまでの靴下をはくのも血栓を作らない一つの方法でもあります。

 そして、次からは、必ず早くに産婦人科に行くように。結婚式などの予定がたったら、すぐにでも相談に行って下さいね。

 有益なお話しを聞いた後の小林先生を囲む会にも参加しました。楽しくお話しを聞かせて戴いて。スライドにしたり講演の中では話すことができないお話しもいろいろと聞くことができました。私も散々言っていますが、女性ホルモンは、報道されたヤーズだけが問題ではないのですね。生理痛が楽になるし、有益なことがいっぱいのお薬ですが、副作用のことを医療者も患者さん側も常にしっかり頭に入れておく事。そして兆候があった時には、早く対応すること。それに尽きると思いました。

 その上で、今日からゴールデンウィーク、楽しんで下さいね。

 私は、久々にアルコールを少し戴いて御前様でした。今日は向原のアート祭りに行きます。そしてひまちゃんたちと合流して、エオの谷で馬に乗りに行きますよ!!いいお天気!楽しんできますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小林旭と浅丘ルリ子

 もう少し、小林旭と浅丘ルリ子の素晴らしい舞台について、語らせて下さい。

 2012年2月22日「徹子の部屋」にこの二人が出演したのですね。その番組を丸ごと文字にしたのが、ここから 6回に渡って掲載されています。この二人は、噂だけではなくって、本当に恋人同士、いえ、事実婚をしていたというのが、今になって語られています。でも、浅丘ルリ子の父親の反対で、どうしても結婚できなかったと。その事情が語られます。この記事にはありませんが、二人が分かれさせれて、浅丘ルリ子がすっかり落ち込んでいたのを立ち直らせたのが石原裕次郎だったのですって。

 何しろ、私たちの若い頃、日活の映画は青春そのものだったのですね。

 そうして、延々と時がたって、演じた人も私たちもすっかり歳を取って。でも、今回の舞台での、小林旭の歌の素晴らしかったこと。昔と変わらない、高音の伸び。とても75才とは思えません。でも、舞台での二人の会話の中に出ました。今も毎日体のトレーニングをしているって。40キロのアレイで両腕を鍛えているって。40キロってこれはすごい。だから、左手だけで浅丘ルリ子をひょいと抱き上げましたよ。

 いまもお酒を飲んで遊んでいるように見える小林旭さんも、陰ではすごい努力をしているのだと知りました。

 今回の舞台でも、昨年、全国で62か所公演をし、それがとても好評だったので、今年は68か所での公演途中だと。やわではありません。今回も、岡山、福山、そして広島と連日です。それも、広島では、昼夜の部、二回公演なのですね。昼の部が午後4時で終わって、夜の部は5時半開演なのですね。すごい体力だと思います。数日休んで今度は郡山や磐城などの東北です。

 人から沢山のお金を戴くのに、これくらいの努力は必要ということなのですね。それにしても。小林旭が75才。浅丘ルリ子72才。そして、多くの人にこれだけの感動を与えられる、すごいと思います。小林旭は、いまも時々テレビで歌います。浅丘ルリ子さんの歌はめったに聞けないので、ここでみなさまにも。大ヒットした「愛の化石」を。舞台でも、このままでしたよ。スリムな体に美しいお顔、そして変わらない声。昔そのままにせりふを語り、歌ってくれましたよ。

 タバコがけしからんなんて言わないでくださいませ。これは昔の映像なので、仕方がありません。


 舞台では、小林旭が浅丘ルリ子を、とっても大切にお姫様のように素敵に対応していましたよ。

 夢を与えてくれてありがとう、感謝の気持ちで、これで終わります。私の一方的な思いを延々と語ってすみませんでした。お若い人たち、おかしかったでしょうね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は感動の連続でした。

 昨日は、アステールプラザでのステージを堪能しました。大ホールは1200席。それがほぼ満席。それも昼夜二階公演なのですね。びっくりするほどの人気、集客力です。

Photo

 小林旭、浅丘ルリ子という二人だから、それはそれは歳の人ばかり。私が行ったのは昼の部なのですが、よくこれだけの人が集まったなあというそれだけで感動でしたね。

 皆さんとお互い青春時代を共有したという連帯感がありました。

 お芝居も歌もよかった!お芝居は、馬鹿にしてはいけない。脇もベテランでしっかり固めて、へたな新劇よりもよかったです。織田信長と濃姫、濃姫の父斉藤道三の話です。何より基本的な「せりふがしっかり聞き取れる」し。ストーリーも映像を組み合わせて丁寧に説明がしてあるし。楽しく見れました。さすが松方弘樹の演技はとってもしっかりしているし、浅丘ルリ子がもうきゃしゃで年齢も73?それでも、しっかりした声でのせりふ回し。さすがと思いました。

 歌になると、これまた感動です。まず、狩人。私は「あずさ2号」が大好きで、今でもよく口ずさんでいます。それを生で聴けるなんて、もう初っ端から感激。チェリッシュはえっちゃんが相変わらずかわいい。声も澄んでいるけれど、でも少し声が出なくなってる?私のクリニックの若い人たちはチェリッシュを知らないと言います。でも、「てんとう虫のサンバ」はよく結婚式でも歌われるし・・・聞いたことはあると言いました。

 三善英史の「雨」もやっぱり好きなので、空で歌えます。これも若い時と変わらない歌声で。それに、彼は女手一つで育ててくれた母親を8年介護し、その体験を本にしていました。それも買って帰りました。

 そして、松方弘樹。女の敵と思っていた彼の、何といい男だったこと。70才を超えても、その声量、歌がそれは上手で。話しも面白い面白い!!若気の至りでいろいろとあったけれど、だそう。今では、息子が父親とそっくりなことをして、ワイドショーや週刊誌をにぎわしているけれど。

 それと、マグロ釣りの話はおもしろかったです。ここ3年間、マグロは一匹も上がらないままだと。5回、大きいのをひっかけたのだと。それでも、300キロ、400キロのまぐろは、どうしても力が強く、マグロの勝ちなのだと。リールを切って、逃げられるのだと。

 それにしても、会場を歌いながら回る彼に握手を求める人がとても多くて。改めて彼の人気を知りました。

 ごめんなさい。これは朝書いています。時間がなくなってしまいました。肝心の小林旭、浅丘ルリ子、昔の恋人同士がお互い歳を重ね、また一緒に舞台をするという、このことについて、また明日書きますね。くだらないと思われるかもしれないけれど、私は感動したのです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この頃食べた物

 今回の広島そごうの夏の北海道展、気合いが入っていますね。これまでよりも沢山のお店、豊富なメニュー、たっぷりたのしめそうです。初日の昨日、味噌ラーメンを食べました。本当は広告に載っている「かにみそラーメン」を食べてみたいけれど、一日限定40食なので、午後一時まで受付の診療を済ませて行くのでは、とても無理です。

___131_3 すべてのラーメンにゆで卵がついています。それはうれしいけれど、ラーメンだけでも食べきれなくって、ゆで卵はもって帰りました。味は濃くて、スープがおいしくて飲みたいけれど、濃すぎて無理です。姉は、お水で薄めていました。

 今日は、最近外で食べた物、一挙掲載です。

___132 ___133

 この頃そごうに行くことが多くて。左は10階に新しくできたうどんやさん「名代竹仙」でかつカレーうどん。おいしいけれど私にはカロリー過剰です。右は「さんるーむ」での定食。

___135 ___134

 この前、ほとんど日曜日の日帰りのように大分に帰った時食べたのは、お弁当の残りと、この二食です。左は長浜ラーメン。昔はおいしいと思っていたのてすが、一蘭やちからの中華そばに慣れているからでしょうか。味というかこくが物足らなくって。からし高菜とゴマを入れて味を調えました。

 右は、帰りの高速で食べる所を求めてうろうろ。結局、佐波川で吉野家の牛丼です。私、吉野屋の牛丼は初めてです。ねぎと生卵とトン汁のにしました。牛丼はそのままでは醤油がきつすぎて。だから、ねぎと卵を入れるとマイルドになりました。でも、半分も食べられません。やっぱり若い人向けの物に年寄りが手をだしてはいけませんね。

 次の日姉が、大分で何かおいしい物でも食べた?と聞きました。そんな時間も気持ちのゆとりもなかったのが現実だったのですが、長浜ラーメンと吉野家の牛丼と言ったら、なんだ、それは?と言われました。

___136 ___138

 ついでにもう少し。左はむさしの元気うどんミニの定食。右はセンター街風車のなすとベーコンのオムライス。向う側は姉の頼んだ日替わりのランチです。

 今日は休診日。週二回の休診日は基本的にお昼を抜いてダイエットデイです。午前中は、循環器のクリニックに行きます。どうも体調不良が続いています。

 午後はお楽しみ。小林旭と浅丘ルリ子のお芝居と歌謡ショーに行きますよ。チェリッシュや狩人や三善英史、松方弘樹等の懐かしい人たちも出るのです。またご報告しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「親の養護を受けられない子どもたち」

 もうずいぶん前に⑦パパさんの言いだしっぺで「広島ブログ」のメンバーで、児童養護施設のお話し、私たちに何ができるだろうかというような会をしたことがあります。その場に、これから自立支援のグループホームを作ろうと奮闘されている方も来て下さいました。養護施設に入らない年齢、事情のある少女たちの自立の支援をする施設です。

 その孤軍奮闘ぶり、その時は、施設のための家を借りようとしても、次々と断られている状況でしたが、それらのお話しをうかがいました。

 少し前、広島で一人の少女が仲間に殺され、山の中に捨てられるという事件もありました。

 そのような時、いつも根底には、子どもたちを取り巻く貧困、親の養育の放棄などがあります。

 このような少女たちにずっとかかわり続けて奮闘なさっている椎葉さんのお話しを聞く会を行います。私も所属している性教協広島サークルの例会として行いますが、どなたでも参加できます。

Photo_2

二葉公民館は、東区役所と同じ敷地内、区役所に向かって右側の東区保健センターなどが入っている建物の中にあります。有料ですが、参加費が椎葉さんへお礼になります。ぜひ多くの方のご参加を!!

 そうそう、若者を取り巻く「LINE」の問題にも触れて戴けると思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

眠れない時。

 私は、小さい子から寝つきが悪くて。小学生の時も中学生の時も、そして高校でも、朝まで眠れなくって、そのまま学校へということが何度もありました。何時間も布団の中でしっとしているのは、それはつらい物です。

 今でも、たとえ眠くても一旦寝そびれると、ずうっと眠りに入ることがな出来なくって、つらい思いをすることがしばしばです。心配なことがあると、もうそれが頭にこびりついてしまって、眠れません。夫は、眠れないなんて生まれてこの方、一度もないと言います。だから、人がせっかく眠りに入ろうとした時に、無頓着に大きな音を立てたり、私の布団を直したりして、眠れなくさせることもしばしばです。これは、結婚以来、どれだけ言っても分かってもらえません。

 先日も、そんなことがあって。仕方がない、本を読もうと石井好子さんの「私の小さなたからもの」を持って来ました。今年の平和の夕べでの講演をお願いしている落合恵子さんに第二段のお手紙を持って、東京の「クレヨンハウス」に行った時、そこで買った本です。眠れない時には、軽い本でないと、ますます眠れなくなりますから。

 そしたら、ちょうど読みかけの続きの所が「眠るために必要なもの」という所で、苦笑しました。石井好子さんも子どもの頃から不眠症で、そのご苦労のことが書いてありました。今では、さっさと睡眠薬を飲むことも、と書いてありました。おお、そうだ、私も飲もうとすぐに飲んで、それから続きを読んでいるうちに、いつの間にか眠っていました。

 ただ、薬を飲んで30分後に眠るとして、それから4時間はある時でないと飲めません。薬は4時間で切れるので。朝、寝過ごさないように起きれないと困ります。

 昨年の8.6.の前夜、やっぱり眠れませんでした。その日、平和の夕べで司会をしなければなりませんでした。人は来て下さるだろうか、うまく司会ができるだろうか、脳はすっかり緊張していました。

 睡眠薬をさがしても一粒もありませんでした。困ってしまって。クリニックには、院外処方なので睡眠のための内服薬は置いてないけれど、注射があるなあ、と。3時過ぎに思い切って起き出して、自転車でクリニックに向かいました。平和公園の慰霊碑にお参りをして、クリニックへ。慰霊碑の前には、人が何人かいるなあと思ったら、新聞社の人でした。そして、私に「○○新聞ですが」と言われたので、びっくりして、「父の名前も入っていますので」とだけ言って、飛んで逃げました。

 クリニックでベットで寝るための準備をして、いざ、注射をしようとして、はたと思い当りました。静脈注射をすると、している途中にすっと眠りに入ります。それでは、針を抜いたり、止血のためにアルコール綿で抑えていたりできません。針が立ったまま眠ってしまって、そこから出血が続いたら、何て考えました。自殺と思われたら、なんて。何しろ、眠れなくってパニックになっていましたから、変なことを考えるものです。

 結局太ももに筋肉注射をしました。その痛いこと。そして、結局眠れませんでした。太ももにはしこりができました。今もそこはしこりになったままです。全く、ばかなことをしたものです。今年は、もうはじめっから睡眠薬を飲んでぐっすり眠ろうと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帰りました。

 昨夜遅く広島に帰って来ました。帰りは陸を走って帰ったので、さすがに疲れました。

 背骨の圧迫骨折の義母は、病院のベットで寝た切りです。食事も寝たまま横を向いて。トイレは、看護師さんの介助でポータブルで。

 することは沢山ありました。食事の介助、後の入れ歯の掃除、足のマッサージ、湿布の張り替え、コルセットのつけ直し、さらには携帯の充電器を家から取って来てセットしたり。

 でも、こんなのはあくまでも私たちが行っている間だけの一時的なもの。介護認定とか、コルセットの補助の申請とか、書くべき書類も沢山あります。これらは、近所に住んでいる姉夫妻がやってくれています。申し訳ないことなのですが、安心なのです。

 今度はゴールデンウィークに帰ります。

足のマッサージをしてみると、もう母の足の筋肉がごっそり落ちて、細い脚になっています。

私の息子はリハビリの仕事をしています。息子によれば、「圧迫骨折は、痛いからと言って寝ていると、そのまま寝たきりになってしまうから。今では圧迫骨折では入院をしないよ。とにかくリハビリは歩くこと。コルセットをつけて歩く訓練をすること。立つ時や寝る時に痛いけれど、一旦立つと大丈夫だから。」

 と言います。それで、夫がそれを母に伝えました。じっと寝ていないで、今はベットの上ででも足を動かして、と。母は、分かったと、せっせと動かしました。そしたら、動くのです。じっとしておくようにと言われたから、じっとしていただけなのだと。コルセットが出来上がったら、早く歩くリハビリをして戴きたいと思います。

ところで、昨日は地域の「おせったい」の日。これについては、ここから二日間にわたって書いています。町の中には、お菓子の袋を持った子どもたちが沢山うろうろしています。

 携帯の充電器を取りに河野の実家に行って見ると、そこには、義姉と河野のいとこがいて、おせったいの準備をして下さっていました。

___128 家の入口に赤い旗が立ててあります。

___129   ___130

 玄関を開けて、小さな弘法大師の像とお菓子とジュースが沢山置いてあります。私がちょうどいる時に、三人家族の方が来てお参りして下さいました。

 浄土真宗が多い広島では全く知らない風習が、この地では生き続けています。

帰り、美東の瓦そばを食べましょうと寄ったのですが、まだ改築中で瓦そばはありませんでした。

___127_2 なんと、23日にリニューアルオープンなのだと。惜しい!灯りをつけた店内では、せっせと開店の準備をしていましたよ。瓦そばのメニューもしっかり見えました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

別府です。急に帰りました。

 別府にいます。昨夜、深夜1時前に到着しました。徳山から竹田津まで乗ったフェリーは乗用車二台だけでした。いつもはトラックが載ったりしているのに、それもなく。

___125_2

 会社に気の毒で。ゴールデンウィークにはきっともっと沢山乗るでしょうから、頑張ってね、という思いです。

 それにしても、韓国の旅客船事故、かわいそうで。きっと、船に座ってみんなで楽しくおしゃべりをしていたでしょう、多くの高校生たち。中に留まるようにとはいったい、誰がどうしてそう言ったのでしょうか。船の中と外の両親とのメールと言うのが、本当につらいです。そこに生きているというのが分かっていも、どうしようもなかった親たちの気持ちも。

 船は飛行機よりも安全、という思いできましたが、何があるかわからない、何かあったら、とにかく救命胴衣を着けて浮いてさえいれば、と、夫と話しました。

___126夫が船の中で食べる夕食のお弁当を作ってくれていました。まあ、ステキ!とは言ったものの、ロールパンには、ハムとレタスを挟んだだけというので、あわてて冷蔵庫からパターを取り出し、ちょっとチーンして塗りました。

 ところで、急に別府に帰ったのは、義母が急に入院したからです。背骨の圧迫骨折ということですが。今後のめどなど、行ってみないとよく分からないので・・・。

 当分広島と大分の行ったり来たりになるのでしょうか・・・。

 明日の朝までには広島に帰らなければなりません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おかやま山陽高校

___124

おかやま山陽高校の80周年記念に作られた壁画、「感覚サレルベキモノ」川埜龍三作。

 全く、この学校には見学したい所が沢山あって、もう何年も行き続けているのに、今までこの壁画に気づきませんでした。不覚!すごい迫力の立体の壁画です。

おかやま山陽高校のホームページの施設紹介には次のように紹介されています。

『新進気鋭の芸術家、川埜龍三氏制作の彫像壁画の除幕式が平成15年10月6日(月)に挙行されました。作品は「感覚サレルベキモノ」と題され「少年」をテーマに約2年間費やして製作されたものです。幅約9m、高さ4m、厚み1.5m(最大)の巨大な彫像です。作品は本校中庭に面する校舎2階の壁面に取り付けられています。
ほぼ等身大の少年の像を中心に、バイオリンを弾くフクロウ、ウシ頭部、巨大なカタツムリ、女神像など、少年の内面や彼を取り巻く世界を象徴する立体像がふんだんに配された、非常にダイナミックかつ奥行きの深いものになっています。』

 こちらに来ると、出会う生徒さんたちから、次々と大きな声であいさつされます。みんな元気が良くてキラキラしています。

 校長先生から聞いた沢山のお話し。ここの修学旅行は、コースごとの海外研修です。ぜひホームページの修学旅行の所を覗いてほしいものです。

 調理と製菓のコースは、いつもフランス・パリとイタリア・ローマ。ここで一流のホテルで一流のおいしい物をいっぱい食べたり、調理学校に一日体験入学したり。

 そして、体育専攻のコース、これまではグアムでマリンスポーツを満喫していたのが、昨年からは校長のアイデアで、全員でホノルルマラソンを走ろう!というもので、それが実現したのだそうです。校長も走るからとの約束で、トレーニングの末、8時間かけて完走できたのだと。

 それから、音楽専攻の生徒たちは、アメリカ。ワシントン大学でコンサートをし、スタンディングオベーションだったと。そしてロスに飛び、ディズニーランドでパレードをしたと。

 何とも、高校生にとって、ダイナミックな体験を学校の先生たちの力で実現されています。

 水陸両用車を作ったり、世界で一番車高の低い車を作ってギネスに認定されたりの自動車専攻の生徒たちは、モンゴルですって。モンゴルの草原を馬で駆け抜けるという、これまた自動車と正反対にある乗り物の体験をするのですね。

 お話ししていて、校長先生や職員の方々が、みんな生徒一人ひとりのことをしっかり把握されていて、向き合っていらっしゃる、いつもこれがすごいなあと思います。

 今年も酷い声でしたが、講演にいくことができて、そして元気な生徒さん立ちに触れ合うことができてうれしかったです。生徒さんたちのしっかり前を向いて私語もなく真剣に聞いて下さる態度、感動しました。来年も無事行けるように、体調を整えなければ、と思います。

 おかやま山陽高校の校長先生を始めとして先生方、生徒さんたち、ご迷惑をおかけしましたけれど、本当にありがとうございました。

 学校の近くの寄島に好きなスーパーマーケットがあります。今回もそこに行って、地物の大きなワタリガニとチラシ寿司とデコポンなど、どっさり買って帰りましたよ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

講演、何とかしゃべりました。

 まだひどい声です。でも、体はすっかり楽になりました。黙っていると、まったく元気です。

 昨日は、朝早めに出て、かかりつけの貞岡耳鼻科に行きました。以前ひどい咽頭炎を起こした時のお薬がとても良かったのです。それで、「今日の午後岡山で講演します。すぐに声が出るようにして下さい」と頼みました。やってみないと分からないと苦笑されながら、手際よく処置して下さいました。そして、ステロイド吸入、それに同じくステロイドのお薬の処方。すぐに内服しました。やっぱりステロイドは即効性があります。

 それはいいのですが、日頃の薬は、私のクリニックの薬局で処方してもらうのですが、今回は、時間がないので耳鼻科のそばの薬局です。沢山の患者さんたちです。一種類の、4粒の薬だけなのですが、待ち時間は長いし、久しぶりだからとまた問診票を書かされるし、ジェネリックでは如何ですかと聞かれるし、やっとできた薬を渡す時に、これはステロイドです、ステロイドと言うのは、と説明しようとされましたので、あの、私、分かっていますのでと言いました。そしたら、「難聴でいらっしゃいますか?」と聞かれるし。「はあ?難聴?どうしてですか?」と聞いてしまいました。もしかして、呼ばれたのに聞こえなかったのかと思いました。そしたら「どうしてステロイドを使われるのかと知りたかったのです」と言われました。喉です、とだけ答えておきました。

 私、ジェネリックについて少し疑問をもっているのです。確かに安いので、患者さんにも助かるし、医療費の抑制にもなるのではありますが。ジェネリックの中には、輸入品も多いし、それも中国製が多いと知って、なんだかねえ、という思いもあるのですね。私たちは、どこのなんという会社で作られたものなのか(販売の会社でなく、作った会社です)調べた上で、処方したいのですが、なかなかわからない物がほとんどなのですね。私は、いえ、ジェネリックでないのにして下さいと言いました。

 講演が始まる時には、ひどい声ですが、何とかでるようになっていました。二時間、必死でした。何とか、お話しを終えることができました。もう30年近く、二千回以上の講演をしてきましたが、こんな声でお話ししたのは、初めてです。さぞ生徒さんたちは聞きにくかったことと思います。本当に申し訳ないことです。

 おかやま山陽高校、私のもっとも好きな学校の一つです。生徒さんたちが生き生きしてて、目が輝いています。

___123 ことしも生徒さんたちの活躍の垂れ幕が迎えてくれました。校長先生から、今年も楽しいお話しをうかがいました。また、明日お話ししますね。

 今日は頑張って診療です。患者さんたちに「お大事に」と言われない様に、声が出るといいのですが。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

声が出ません。

 体調きわめて不良です。

 一昨日夜から、のどが痛かったのです。昨日お昼、ちからの中華そばミニを食べたのですが、ミニなのに、全部食べられませんでした。おかしいなあと思いながら、残してしまいました。体中痛くて痛くて、これは前日のジャザサイズのせいだと思っていたのですが。待てよ、食欲がなくって体が痛い、もしかしてと思って熱を測ったら、37.8度でした。

 あわててボルタレンを二錠飲んで診療をしましたが、そのうち体は熱くなって、解熱したのでしょう。楽になりました。が、今朝になると声が出ません。カスカスして声になりません。

 これは困りました。私は今日は、岡山の山陽高校で講演があります。車を運転して行くつもりです。行ったとしても、この声ではどうにもならないので、今から耳鼻科に行って、「声がでるようにして下さい」と言ってみるつもりです。

 どうも、この所、このパターンが度々で。それも、いつもジャザスイズの翌日なのですね。ジャザサイズで大汗をかいて、そのままコートを着て自転車で帰る。そしてやまとの湯へ。汗をかいたまま自転車というのがいけないのかも、と思います。

 ついでですが。ジャジャサイズでピョンピョン飛び回るのは、大分体は慣れました。でも、今まいっているのが、筋トレで「さかさの腕立て伏せ」をするのですよ。さかさ、上を向いて両腕を後ろ。それと足で体を支えます。それで腕立て伏せをするのです。もう、両腕の外側が痛くて。そして、足を片方上げたり。腕二本と足一本でこの体を支えなければならないなんて。ずっと筋肉痛で、やっと治ったのが一週間。そしてまたすぐに新たな筋肉痛、まったく、つらいものです。

___122 ___121

 センター街のアクアのポイントがたまっていて、これをもらいました。「よーじや」の詰め合わせです。私は、あぶらとり紙はあまり使いませんが、よーじやのことくらいは知っています。この詰め合わせのかわいいこと!こまめにポイントをためて良かったと思いました。

 熊野筆のハート型の化粧ブラシも交換してもらえるのですが、それにはポイントが足りませんでした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

緩和ケア医先生へ。

 緩和ケア医さま

 先生の在宅医療に対しての真摯で献身的なお仕事ぶり。常々尊敬申し上げています。私の身内の治療にも、大変お世話になりました。

 それらをふまえた上で、この度、先生の4月15日のブログ への反論を書かせて戴きます。コメント欄に書こうしたのですが、あまりに膨大になりますので。このことで、先生との関係が悪化することがありませんように、それを望みながらそれでもあえて書かせて戴きます。

 先生は、4月14日のNHKの「プロフェッショナル」を見られましたでしょうか。胃癌の手術をはじめとする治療に取り組む名外科医のルポでした。他のドクターから治療が不可能と言われた方たちが沢山来られ、その方たちへの精一杯の治療をなさる、その姿に大きな感動を覚えました。

 中でも、私が一番心打たれたのは、ある亡くなった患者さんの妻からのお手紙でした。それを読んで、先生は、激しく泣かれました。

 もう、抗がん剤もできません。後は、悔いのないように余生を充実して生きて下さいと言い渡した患者さんです。その方が亡くなった後、妻からの手紙には、先生にそう宣告された後、その方は、先生に内緒であるワクチンをうっていたと。慣れない妻に注射をしてくれるように懇願し、わらにもすがる思いで、そのワクチンにすがっていたと。こんなことは、とても恥ずかしくて先生には言えませんでした、と。でも、治療が無いと宣言された患者がどんな気持ちになるのか、それを知って戴きたくてこの手紙を書いたと。

 私は、今回の先生のブログは、「胃癌の減量手術は無効」という論文の紹介でした。しかし、その論文はそれだけで、それ以下でも以上でもありません。あくまでも「胃癌の減量手術は無効」であるだけです。

 でも、先生はそれに続いて、一般論として言うと、「癌が大きい(=癌細胞が多い)と効きません。抗がん剤は、癌細胞の少ない段階(=癌が小さい段階)で効果が期待できる治療法です。」と書かれ、しかも

「治療は望めず延命効果を期待しての治療となります」とまで書かれています。

 それは、あまりにも現在のがん治療の世界をご存じない、言い過ぎではないでしょうか。

 医療の進歩、がん治療の進歩は、目覚ましい物があります。そして、抗がん剤が劇的に効く癌もあるということをご存じの上での言葉なのでしょうか。

 私の分野、婦人科での卵巣がんがその例です。卵巣がんは、シスプラチン、カルポプラチンなどのプラチナ製剤が劇的に効きます。それにタキソールなどの他の抗がん剤を組み合わせることで、治療の成績がものすごいというほど上がってきています。

 私が臨床の場で出会う、とても進行した卵巣がんの方は、その化学療法をどれだけ頑張って治療して下さるか、それを知った上で、患者さんを紹介します。時には、それが県外の場合もあります。通うのがしんどくても、生きるために、それだけの意味がある場合もあるからです。病院によって治療成績が大きく差があるのも事実ですから。

 そして、大切なことは、Ⅲc期やⅣ期の方は、まず抗がん剤で治療をする場合がほとんどです。腫瘍が大きく、腹水がバンバンにたまっている方でも、抗がん剤の治療で腹水は引き、癌腫も小さくなり、それから根治手術をする、それによって、回復するのです。

 同様の治療は、乳がんでも行われます。

 決して癌が大きいと「抗がん剤は効かない」ではないのです。大きくとも、進行していようとも、抗がん剤は効く!医療はそんな所まで来ているのです。

 私は、私が医師になったころには、かわいそうに、半年の命だね、と言っていたのと同じような人が、今では10年生きている姿を見ています。

 ありがとうございました、治療は全部すみました。抗がん剤で治療して、手術して、それに追加の抗がん剤を行って、すっかり元気になりました。今は、どこにも癌は無いと言われました、と、電話をかけて来られる方も、一人や二人ではありません。それは決して一部の例外的なことではなく、それが治療のガイドラインとなり、世界的に行われている一般的な治療となっています。腹水もたまり、腹腔内を癌腫が占めているようなⅢc期の治療成績、10年生存率はいまや50%にもなっています。

 しかし、今、こまった事態が起きています。「抗がん剤は効かない」「医者に殺されるな」という近藤誠氏の論で、抗がん剤の治療を拒否する方が出ているということです。データーを示して、一生懸命お話ししますが、抗がん剤は「悪」「副作用で苦しいだけ」という刷り込みが強い場合は、説得をあきらめることもあります。

 一方、さきほどのプロフェッショナルで出てきた場合のように、治療法がないと医師に宣告されることが、どれだけ残酷なことであるか。私ごとですが。夫が31才、私が30才、子どもたちが2才と3才の時に彼は進行した胃癌にかかりました。とても進行していたので、先生たちからは、無理です、とはっきり言われました。手術も広範囲でした。リンパ節にも行っていたし、胃は全摘、脾臓も肝臓の一部もごっそり取って戴きました。当時はまだ患者本人には告知しない時代です。私は、希望を持って頑張ります、といいましたが、ドクターは首を振られました。
 その後の抗がん剤の治療、栄養剤と消化剤と言って出された薬を私は飲んで欲しくて、ほしくて。その薬を飲ませることが私の彼の治療を支える大きなよりどころでした。基本的には、いい手術をしていただいたと思います。そして、無理と言われた夫が生きたことも事実なのですね。

 お話ししたいことは沢山あります。

 私が心配するのは、今回の先生のブログが「がん検診を受けましょう」「早期発見をしましょう」という方向に集約されていますが、それでも、今、現に治療をしている患者さんたちを傷つけてはいないか、ということなのです。「あきらめない」。もしかして、明日、効果のある抗がん剤が発表されるかもしれない、そんな切ない思いを持って病と闘っている方たちも沢山いるということを私たちは常に忘れてはならないと思います。

 先生には、失礼なことをしたかもしれませんが。私の意をお汲み取り戴ければ幸いです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「KITTE」での食事。

 女性保健医療セミナーの後、懇親会も途中で失礼して、子どもたちに会いに行きました。場所は、今回は東京駅丸の内側の「KITTE」。

___110 ___120

 これらは、昨年の4月、KITTEが開業まなしに東京に行った時に撮った写真です。入口をアップすると、つつましく隠れるように「KITTE」と書いてあります。おしゃれ!

___111 ___112

左は、やはり昨年に撮った、入り口を入って下から見上げた写真。切手が並んでいるみたい。右は、今回、上から撮ったもの。やはりおしゃれ。その中の「菜な」というお店。入ると、中は広い居酒屋です。そこの個室を予約していました。孫がいるので、個室はありがたいです。

___113___114
___115 ___117

お料理もおしゃれ。コースではなく、単品を注文しました。紙で包んであるのは手作りごま豆腐。右下はバーニャカウダー。京野菜が新鮮でした。

___116 ___118

サーモンのお寿司と右はフォアグラの西京焼き。まだまだ沢山戴きましたが、写真はこのあたりで。

 さて、孫です。一緒に那須に行って一緒にお風呂に入って、まだ間がないのですが、やっぱり警戒されてしまいました。両親にべったりです。

 実は、4月から保育園に行き始めました。初めて行く日に大熱を出して、結局あまり「慣らし保育」ができなかったそう。朝は大泣き。迎えに行くと、やっぱり泣くのだと。そして、すっかり両親にくっついて甘えん坊になっているのだと。

 仕方ないねえ。孫よ、それがあなたの宿命なのよ、パパもママもお仕事をしながら、あなたを育てるのだよ。私自身も子どもを保育園に預ける時、胸がズキズキ痛む思いをしながらでした。今回も同じ思いをしました。さあ、孫にとっておそらく初めての試練でしょうが。たくましく、明るく育ってね。そんな思いで、束の間のひと時を過ごしました。

 もう、当分東京に行く予定はありません。今度会う時はたくましく育ってるかな?

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「女の子」「この子」

 その、滋賀で行われる「性教育指導セミナー」の説明を、会長の代理で来られたドクターがされました。今回は「いつ産むか」が大きなテーマでした。当日のプログラムの説明の時です。

「女性の仕事と子育て」という講座を一つ。これは、大学(病院)で、子どもを産んで育てながら仕事も頑張っている「女の子」がいますので、この「子」にその講座をやってもらいます。

と言われたのですね。私は、びっくりして。すべての説明が終わって、何か質問をという所で、ずっと考えていたのですが、やっぱり言わなければ、という思いで言いました。

先生、「女の子」だの、「この子」だの、それはないでしょう。女性のドクターとか、女医さんとか、言い方があるでしょう。「性教育の会」なのですから。

と言ったのです。後で、座席にもどってから、すいませんでした、といわれたので私はさらに「先生が、女性や女性の医師をどう見ているのかということですよ」と追加しておきました。

 性教育って、体を学ぶのと同時に、「人間関係の作り方」を学ぶものでもあります。その全国大会をしようという、実行委員会の偉い人が「この子」といわれたのでは、たまった物ではありません。

 これは、言葉がりではないのです。「意識」の問題なのですね。言葉は、意識が出る物。女性のドクターがその医局や産婦人科会などでどう見られているのかが透けて見えました。だって、一緒に入局した同じ年の男性の医師を「この子」っていいますか?

 しかも、その発言をなさった所は、沢山の女性のドクターがいる所。子どもを産んで育てながら頑張っている人も沢山でした。私は最年長です。子育てをしながら仕事をすることがどんなに大変なことか、よーく分かっています。

 その場が凍りついたけれど、でも、不適切な言葉を使われた時には、指摘をしておかないと。指摘されたことで、自分の意識を見直して戴きたいと、そう思いました。

 大体、医師という狭い社会は、「人権」とか、「男女の平等」とか、全くうとい所なのですね。社会では、差別用語として使わなくなった言葉を使われて、あっと思うことが良くあります。これらは、いろいろな社会の人たちと接して気づき、成長していくものなのですね。

 そのことを、「こんな恐ろしい会には二度と来たくない」と言っていたと、教授が言われたのです。

 後で、その教授に「誰がどう発言したのか、聞かれたのですか?」とたずねたら、ええ、聞きました、と。「でも、先生にそう言ってもらってよかったんです。彼にとって、そんなことははじめての経験だったんですよね」と言われました。今度、滋賀でそのドクターにお会いした時に、頭を下げておこうと思いました。「恐ろしい思いをさせてすみませんでした」と。

 以上、ご報告でした。


 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「女性保健医療セミナー」で。

 一週間前の日曜日、東京で「女性保健医療セミナー」でした。全国から、思春期教育、避妊教育などにかかわっている医師、60人以上が集まっての研修会です。メニューは、今、気を付けなければならない低用量ピル服用の副作用や、子宮頸がんワクチンを取り巻く状況がどのようになっているかなど、沢山の内容で、勉強になりました。

 さらに、この夏、滋賀で開かれる「性教育指導セミナー」の現在の報告、また、今回集まった医師たちの滋賀での参加の練習なども行いました。

 私たちのグループは、ここの所毎年、性教育指導セミナの前日の公開講座で、いつも一つのプログラムを担っています。その回のテーマに沿って、医師たちによる寸劇を行い、また、その劇を受けての講演が組合わせられます。

 今回のテーマ、「産む時期」の問題。早すぎる出産、また、年齢が行ってから子どもを産もうとすることのいろいろ。卵子の老化が言われているけれど、それはそれなりに早くに産めなかった女性たちの事情もあることで。「みんな早く産め」と言ったって、それだけ受け入れられる社会であるか、などが検討されなければ、と思っています。

 今回の寸劇は、若くて産む人、年齢が行ってから産んだ人を対比させながらのとても面白い寸劇になります。役が付いたドクターたちみんな熱演です。そして、最後は、「恋するフォーチュンクッキー」の替え歌をみんなで歌い、踊るのだと。

___109 映し出される画面を見ながら、みんなで踊る練習です。私は、演技指導ですので、踊りませんよ。いえ、指導してても踊ってもいのいですが。私にはできないので。

 さて、ところで、今回の滋賀での報告をされた教授が、はじめに

 「前回は、私が来ることができなくって、代りに来てもらった者を大変かわいがって戴いたようで、ありがとうございました。彼は、こんな恐ろしい会には、もう、二度と行きたくないと言っておりました。」

と言われたのですね。会場の皆さん、大笑いでした。私は下を向いて笑っておりました。

 はい、かわいがったのは、いえ、いじめたのは、紛れもなく私でございます。会長代理のドクターの発言に、怒りを込めて抗議したのですね。長くなりますので、明日、そのお話しをします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

検定試験、受けるのヤーメタ!

___108

はい、カープ、勝ちました!私が行くと必ず勝つ!というジンクスを作りたい、なんて、大きく言ったけど、でも、カープはまだ地元では一敗しかしていませんもの。多くの方が勝ち試合だけを見ているのですよね。これでカープ首位返り咲き。これからも期待して応援も頑張りましょう!

 実は、私は大きなプレッシャーを抱えていたのです。4月20日の日曜日、韓国語の検定試験を受けると先生に約束して、申し込んでいたのです。その勉強が全然ダメで。何しろ、単語が覚えられない。覚えようとしても、両指の間からサラサラとこぼれてしまうのです。本当にボロ頭になってしまいました。

 語彙、文法、聞き取り、読解、作文、全ての勉強が間に合わなくって。ちょっとの時間を見て、新幹線の中とか、診療の合間とか、それに車に乗ると聞き取りとか、ずっとやってても、どうしても過去問をするとよくないのです。

 いつも追いかけられているようで、心が辛くて。

 すっかり自信を無くして、ついに先生に試験を受けるの辞めます!と宣言しました。そしたら先生は、では次の10月には必ず受けて下さいね、と。ああ、もう、優しく言ってくださったのです。

 これで、気が楽になりました。せっせとカープに行ったり、まるで呪縛から解き放たれたように、羽ばたいております。夫は、そんなことしてたら、また10月になったら間に合わないということになるんだから、今、ちゃんと頑張って受けたら?と勧めるのですが。ううん、10月までちゃんと頑張る、と言っております。

 8.6.平和の夕べについては、また断続的にお知らせをしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日もカープ

今日もカープ

私が来たら、必ず勝つというジンクスを作りたいんだけど・・・ダメかしら?
昔、そんな時があったのです。
友だちの息子さんがいつも「今日、河野先生、行っとって?」と聞いていたって。
一生懸命応援します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年「ヒロシマ平和の夕べ」⑩今年の語り部は朴南珠さん

サムルノリ本郷の広島公演会場では、いろいろな方にお会いしました。その中のお一人が朴南さんです。朴さんには、今年の8.6.ヒロシマ平和の夕べでお話しして戴くことになっています。

 以前、ここに書いています「チョゴリを着た被爆者」の公演に言った時、一人芝居の後で、会場の方が発言をされました。その中のお一人が朴南珠さんです。

 その被爆時とその後の思い、そして、今、修学旅行生たちにその体験を語り部としてお話しなさっていることなどをお聞きして「この方のお話しを聞きたい!」と思いました。

 知り合いの方を通じて、朴さんに連絡をとり、そして、とてもお忙しい8.6.当日なのですが、それでも、私たちのお願いを受け入れて下さいました。

___104 会場で一緒に写真を撮って戴きました。その後知ったのですが、朴さんの妹さんが、私の中学、高校時代にご一緒だったのです。びっくりしました。

 13歳の時、爆心地から1.3キロの時点で電車に乗っていて被爆されました。あまりに悲惨な体験は、戦後ずっと封印していました。以下、昨年夏に毎日新聞で連載された「ヒバクシャ」で、朴さんのことが書かれた、その一部を引用します。

体験を話すようになったきっかけは11年前、広島市の平和記念公園で、大阪から修学旅行で来た小学生に「被爆者ですか。体験したことを教えてください」と尋ねられた。子どもの真剣なまなざしに、長年の封印を解いた。数カ月後、担任教諭から手紙が届き、子どもたちが朴さんの被爆体験を授業参観で発表し、母親たちが涙を流したと書かれていた。

 「私の話にこんな力があるのかと驚いた。大やけどをした被爆者たちに、水の一滴もあげられなかった私だけど、何かできるかもしれない」。今では年に40回以上、被爆体験を語る。韓国の若者に話すことも多い。


 朴さんのお話し、楽しみです。皆様も、ぜひ聞いて下さいませ。お待ちしますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「サムルノリ本郷」の公演

 昨夜は、上野学園ホールでの「サムルノリ本郷」の公演に行きました。韓国の「民族音楽院」による伝統音楽です。

___107

 パンフレットの写真です。サムルノリの創始者の一人李光壽さんを団長として、男性ばかりの出演でした。中にお一人、日本語がネイティブな人がいて、あれっ?と思いました。後でパンフレットを見ると、庄原出身の李昌燮(リチャンソプ)さんでした。26歳で李光壽民族音楽院に入団し、現在日本支局長として活躍していらっしゃいます。

 音楽はそれは素晴らしいものでした。すごい迫力、それから、アジアの音楽共通の郷愁を誘うもの悲しさに満ちていました。

 私は舞台の写真が撮りたくて、取りたくて。特に第二部の「三道ソルチャンゴ』、座って演奏するチャンゴの背景につるされた、12本の掛け軸みたいな布の絵。これが写したくて写したくて。でも、写真は禁止といわれたので、じっと我慢です。

そう放送される前に写したのですが、始まる前、会場に入った時にセットされていた舞台の写真と、最後、観客のみなさんが舞台に上がってみんなで一緒に踊る所、それはもういいだろうと思って写させてもらいました。

___105 このセットの第一部の最初の演奏、「ピナリ」のための舞台です。ピナリとは、「祈り」を意味します。演奏と、李光壽さんの素晴らしい歌声。それに、会場からどうぞみなさんお祈りをしてくださいの声で大勢の人たちが舞台に上がってお祈りをされました。ちょっとうらやましかったですよ。

___106 最後に大勢のみなさんと踊った後のご挨拶の姿です。

すっかり堪能させていただきました。それに、たくさんの大切な方々にお会いしました。そのお会いしたお一人、朴南珠さんについて、明日お話しさせて頂きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年「ヒロシマ平和の夕べ」⑨嵐の中の母子像

___59

 今年の「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」は、落合恵子さんを始めとして、出場する方はすべて女性に設定しました。

 来年は、被爆70周年。そして、杉並の女性たちが、その後の原水禁運動の全国的なひろがりにつながる、原水爆禁止の署名運動を始めて60周年です。

 これについて、私は、ここに 私の視点から書いています。しかし、改めて読んでみると、そこにリンクしている久保山愛吉さんの葬儀の写真は、今はリンクできませんでした。

 残念。そこに掲載されていた大きな写真は、今は見ることができません。しかし、同じ時に撮られたであろう写真、小さな報道写真かと思いますが、それを見つけることができました。

Th やはり画素も小さくて鮮明に転写はできません。元の写真は、手を合わせている少女の、下駄をはいた素足がなんとも悲しくて。どうしてあの写真を保存した置かなかったのか、悔やまれます。

 その60周年をどうするかいろいろと考え、論議した上で、オール女性で行きましょうということになったのです。被爆70周年のプレ企画です。

 冒頭の写真は、平和公園の噴水の前にある「嵐の中の母子像」です。

 像の前に設置してある石碑に書いてあるることは次の通りです。

昭和35年(1960年)8月5日に建立。

建立の目的は「核兵器廃絶への限りない努力を呼びかける」

設計は「本郷新」

建立者「広島市地域女性団体連絡協議会(旧)広島市婦人会連合会」

形状「右手に乳飲み子を抱え、左手で幼児を背負おうとしながら、前かがみ姿勢で生き抜こうとする母の姿を表す」

ちなみに、本郷新は、北海道生まれ、あの高村光太郎に師事、「わだつみ像」も制作した彫刻家です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠方からのカープファン

5日の夜から日曜6日の夜まで東京に行って来ました。そのことでいくつかご報告を

まず、新幹線に乗ると、赤い服を着たり、赤のバッグや、かちゃかちゃと叩く赤いバットなどを持った、一目でカープファンと分かる人たちが沢山乗りました。

 私は、行きはいつも自由席です。診療の終了時間によって、どの列車に乗れるか分かりませんので。幸い、三人掛けの窓際に座ることができました。隣に、年配のご夫婦が座りました。座ると同時に、男性が「ああ、寒かったねえ」と、しぼり出すように、つぶやくように、暖かい車内にホッとしたように言いました。

 前の斜め、二人掛けには、もっと若いカップルが座りました。みんな声もなく、疲れ切って、目をつむっています。

 隣のご夫婦は岡山で降りました。男性は、女性に揺り起こされるまで眠っていました。斜め前のカップルは、新大阪で降りました。本当にご苦労さまでした、と思ってふと見ると、バットの二本が座席の肘掛けにかかっています。あっ、忘れ物!と思ったので、すぐに私は立ち上がって、そのバットを持って出口に走りました。並んでいる人たちをすみません、すみませんとかき分けてこれっと渡すと、女性が「あっ、ありがとうございました」と受け取りました。

 私は、カープファンとしての連帯感と感謝の気持ちでした。

 私は、本当に気の毒になりました。わざわざ新幹線に乗って、カープを見に?応援に来て、雨にたたられて、そしてエラーだらけの負け試合を最後まで見て、寒さで疲れ切っている姿。こんな姿を選手たちは知っているのしら、と。ありがたいことと思っているのかしら、と。選手も雨の中、やりにくかったでしょうが、でも、ファンあっての球団。だらしない姿をファンに見せることがないように。エラーはいけません。

 すぐ近くで、仕事が済んでからでも駆けつけられる私は幸せなことだと、改めて思いました。

 さて、品川には娘が来てくれました。ミュージシャンをしている友人と一緒です。夜遅く、お腹を空かせて、私にご飯をおごってもらうためです。品川駅のすぐ前のフライデーでアメリカ料理です。若い人がいっぱいでにぎやかな店内です。二人は、お肉、お肉と言います。

___97  ___100
___99  ___96
チーズがどこまでも伸びるオニオングラタンスープ、大きなアメリカンステーキ、娘が大好きなポークのスペアリブ、切り分けて一本ずつ手に持って食べました。海老とチキンがいっぱいのパスタ。
 娘が撮ってくれたでっかいデザートと私。これらのほとんどは、若い二人が食べたもので、私はちょっとだけしか食べていません。
___95_2 娘と友人は最終の電車に間に会うように急いで帰って行きました。私はホテルで翌日のスライドのチェックと追加の作成でした。翌日の女性医療セミナーについては、また。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年「ヒロシマ平和の夕べ」⑧落合恵子さんの訴え

 今年の「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」に来て下さる落合恵子さん、大変にお忙しい日々を送っていらっしゃいます。このような生活の中で時間を作って来て下さることをありがたく思います。

 落合恵子さんのブログはここに あります。これを読むと、猛烈なスケジュールで全国を飛びまわって、大切なメッセージを届けて下さっています。その活躍に、ただただありがとうございますと感謝するしかありません。暑いヒロシマの地で、熱いメッセージを聞かせて下さることでしょう。

 動画も沢山ありますが、ここに ある河合知義さんのブログで教えて戴いた、このメッセージをぜひ聞いて下さいませ。


 落合恵子さんを初めとして、まだまだ沢山の方の大切なメッセージ満載の「平和の夕べ」にしますよ。少しずつ紹介してまいります。楽しみにして下さいね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京は雨で寒いです。

___93

 私は今、東京にいます。昨夜遅くに新幹線で来ました。とても寒いです。

 ホテルからの景色。雨で霞んでいます。風も強いみたいでヒューヒュー音がします。このごろは、すっかり新幹線にしています。新幹線に変えてよかったです。飛行機だと、さぞ怖い思いをしたでしょう。

 今日は、「女性保健医療セミナー」です。私は、「性風俗で働く女性への性感染症予防と避妊教育の経験」の話をします。

 遅くホテルに入っても、用意したスライドの点検や修正にさらに遅くなってしまいました。

朝から夕方まで研修をして、その後はお楽しみ!孫との再会の予定です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年「ヒロシマ平和の夕べ」⑦平和講演2.

___94

 私たちは、「平和の夕べ」のプログラムとして、高齢化する被爆者の問題や被爆の原体験の継承をはかりながら反核の運動に取り組んできたつもりでいます。それは単に核兵器のみならず、常に必ず原発の問題も欠かしませんでした。

 毎年、京都の熊取六人衆、小林先生、小出先生や今中先生たちに来て頂いてお話を伺ってまいりました。関連企画としては、毎年被爆電車に乗って電車内被爆者の実行委員の一人に話を聴く平和学習、さらに山口原水禁の企画に同調して、前日に上関原発予定地、祝島に行き、原発反対を頑張っている漁師さんたちとの交流も図って参りました。


私は個人的には、上関、祝島、大分の地熱発電所、愛媛と島根の風力発電所、さらに広島県北の小規模水力発電所、島根原発、愛媛県の伊方原発などの見学に行き、また、これまでの被爆者運動の中での反原発の運動への取り組みなどの検証も行って参りました。

そんなときに、あの大変な東電福島原発の事故が起こりました。事故の後に8.6.での講演に来ていただいた小林先生に、この福島原発のお話しを伺いました。最後に私は質問をしました。「福島の子どもたちはどうなのでしょうか。そのまま福島にとどまっていいのでしょうか」と。

 その後、2年前には漫画「はだしのゲン」の作者の中沢啓治さんのお話も伺いました。中沢さんは、チェルノブイリの被害者の甲状腺がんでもう直ぐ亡くなるという少女たちにも会っていらっしゃいました。中沢さんは、その次の年にも聴衆として参加してくださいましたが、その年の暮れ、昨年ですが、亡くなってしまいました。


 次の年には小出先生に、そして今年は、広島の被爆二世である今中先生にも、そして福島の若い人たちにも来て戴いてお話しを伺いました。

 すっかり福島原発の事故をなかったものにし、原発を再稼働させようともくろんでいる為政者に対し、このヒロシマからもさらにノーと強く訴えたいと思います。 

そんな今、来年の8.6.には、どうしても落合さんのお話を伺いたいと、実行委員一同、強く熱望しています。この実行委員の中には、昨年、日比谷公園での集会に参加し、落合さんのお姿を遠くから見ながら発言を聴いていた者もいます。私は、参加はできませんでしたが、インターネットで落合さんの発言を聴き、思いを同じくし、かつ悔しい思いをいっぱいにしております。

 来年の8.6当日は、韓国人被爆者のおばあさんの被爆体験のお話し、初代救援連絡センター事務局長の水戸巌さんのパートナー水戸喜世子さんなどのお話し、さらに福島の若い人たちのお話し、全盲のピアニストの三浦裕美さんの被爆ピアノの演奏と語りなどをうかがいたいと企画し、要請しております。

 さ来年は被爆
70周年です。そのプレ企画として、オール女性の出演で固めたいとの思いでいます。杉並の女性たちが後に世界的な原水禁運動へとつながって行った署名運動を始めて60周年でもあります。 

落合さまには、ブログを拝見しますと、本当に激務の毎日でいらっしゃるご様子、沢山の講演依頼も殺到していることと思います。大変心苦しいのですが、どうぞ、私たちの熱い思いを汲んでいただきますように、伏してお願い申し上げます。

ぜひ、86日のヒロシマに来てお話し下さいますように。

 ただ、心苦しいことが重なります。私たちの会は全くスポンサーがなく、当日の参加者からの1000円の参加費と、有志の方の賛同金ですべてをまかなっています。それゆえ、十分なお礼をお渡しすることができません。情けなく、申し訳ないことでありますが、どうぞ、これも意をお汲み取り下さいますように。

朗報をお待ちいたします。

 これまでの私たちの集会のチラシを同封いたします。

 

まだまだ厳しい寒さが続くことと思います。落合さまには、どうぞ、ご自愛下さいませ。 

2013128 

                      河野美代子

(
このお手紙はプリントしたものをまずファックスでお送りします。同時に、これまでの8.6ヒロシマ平和の夕べのチラシを同封して郵送いたします。)

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年「ヒロシマ平和の夕べ」⑦平和講演1.

___67

 今年の1月28日からとぎれとぎれに掲載し、2月5日の⑥までで中断していた、今年の「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」の続きをやっと再開いたします。今年のプログラムが、整ってきました。

 メインの「平和講演」をお願いしていた方から、了解のお返事が来ました。待ちに待ったお返事です。大変お忙しい中、なんとかスケジュールを調整して戴いてのお返事です。

 その方は、ジャーン!!発表いたします。

落合恵子さん」ですよー。

 もう、うれしくて。

 今日は、落合さんに出したお手紙を掲載します。「ヒロシマ平和の夕べ」が何なのか、それを皆様に分かっていただくためには、この方法がいいのでは、と思いまして。以下私の手紙の引用です。


落合恵子さま

 記録的な暑さの夏の後、あっと言う間に秋を追い抜いて、厳しい寒さとなりました。

落合さまには、大変な激務の中、ご健勝のこととお察しいたします。新聞などで拝見させて戴いています。

私は、広島の産婦人科医河野美代子でございます。落合さまには、以前から大変お世話になりながら、失礼ばかりして申し訳ないことでございます。

 私は、その後も変わらず産婦人科の町医者を続けています。一方で、「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」の実行委員、呼びかけ人の一人として毎年86日に集会を、また、それ以外にも、講演会、研修会、学習会などを随時してまいりました。

来年の8.6にはぜひとも落合さまのお話を聴きたいと、実行委員みんな熱い思いを持っています。その思いをお伝えしたく、この手紙を書かせていただきます。

 私たちは、ヒロシマの地において、かつてもう40年以上も前に被爆者青年同盟という学生運動の一角で活動していた者が、時を経て、今の社会情勢、憲法が危機迫る中、このヒロシマ何かをしようと集まった者が中心となっています。

 その後に新たな人たちも加わって来ました。幼児期に原爆孤児となり、その後生きることに精一杯だったという者、お兄さんが当時広島二中の生徒で、その日のうちに亡くなったものの、焼け焦げた真っ黒な弁当箱が残り、それを原爆資料館に寄付した人もいます。

 爆心地近くの電車の中で被爆し、奇跡的に生き残った、電車内被爆者の方もいます。今は田舎に篭り、牛を飼いながら仏教の勉強をし、僧侶になったものもいます。

 東京から実家に引き上げ、一緒に帰った障がい者の妻を介護しながらこの会の実行委員に加わっている者もいます。被爆ピアノを修理し、全国に被爆ピアノを持って行って演奏会の活動をしている者もいます。学生運動から引き続き労働運動を粘り強くしている者もいます。

 さらに、落合さまもきっとご存じと思いますが、元日大全共闘の議長をしていた秋○明○さんは、今故郷に帰り自動車修理工をしながら小学生の息子さん
(昔の彼にそっくりです)を育てています。彼も私たちの大切な実行委員の仲間です。

 時を経る中で、みなそれぞれの人生を生きて来ました。私は産婦人科医ですが、かつて被爆二世として、何らかの被爆者のことに携わりたいと、広島大学の産科婦人科の染色体研究室に入りました。そこでは、様々な近距離被爆者の方とその子どもたち、さらにその子たちの染色体分析を行いました。

 当時、
ABCCが多くの被爆者の染色体の分析も行い、さまざまなデータを出していましたが、それらはすべて英文の論文で、国内向けには発表されていませんでした。それらの論文を読むうちに、明らかに被爆者の子、または孫に (クラインフェルターなどの)染色体の異常が多いという論文もありました。

 被爆者にさまざまな結婚差別などがあった状況で、誰に向けてそれらの情報を開示するかという難しい問題もあったでしょうが、ただひたすら「何も異常はない」とする発表に強い違和感を持ったこともあります。今、福島では広島と同じような状況が繰り返されようとしています。

 私たちが「そろそろ何かしようや」と集まり、そろそろと始めた会ですが、6年経った今、年々参加する方も増え、市民の方に期待される会になってまいりました。

(この項、まだ続きます。)

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またお花見とカープです。

 昨夜のカープ、せっかく一回に2点取って、マエケンだし、今日もカープはカーチカーチカーチカチだと喜んでいたのですが。あまりのざんざん降りの雨に体も冷え切っていました。中止もやむを得ません。

 木曜日の休診で、講演も入っていなくて、こんなことはめったにないのです。だから、始球式も見ることができました。始球式は、ケミストリーの堂陳嘉邦。ストライク!で拍手でしたよ。

 もう今度はいつ行けるかわからないので、少し残念でした。

 昨日、初めて車で球場に行きました。事前に駐車場の予約をしておいたので。知らなかったのですが、コストコの屋上なのですね。

 球場に行く前にコストコで買い物をしました。まあ、びっくり。人がいない。ガラガラなのです。いくら平日とはいえ、これはと、びっくりしました。やはり消費税値上げの影響でしょう。値上げ直前は大変な混雑だったそうですから。これからしばらくは大変でしょうね。

 昨日のお昼のお花見。

___86 ___87 川を遊覧船がゆっくり回っています。もう、桜もひらひらと散って、最高潮のお花見日和になりました。場所取りをしていても、パソコンに沢山の花びらが降って来ました。お弁当にも。

___88 文化交流会館、前厚生年金会館のお弁当です。三段でとても豪華。1850円。ちゃんと桜餅もイチゴも入っていますし。大好評でした。

___89 皆さん、楽しみに待っていらっしたようで、多く方が集まりました。中には、老人ホームに入っていらっしゃる方もおありです。歩くのが不自由になってる方も。もう10年近く続けているお花見ですが、はだしのゲンの中沢啓治さんなど、当初のメンバーから3人の方が亡くなっていて、寂しいことです。

 一年ぶりに集まったメンバーに、今年は平木さんがお世話をしている、福島から保養と甲状腺の検査に来ている親子さんも加わって下さいました。福島での、線量が高いまま暮らしている、そのしんどさも話して下さいました。

 また、今年の三月で長年していた教師を辞した方。日本国憲法について、素晴らしい生徒たちの資料を持って来て下さいました。その事をまた、書きますね。

 昨日は、早くに球場から帰ったら、なんだかすっかり疲れていて、早々に寝てしまいました。球場で濡れたものを洗濯して、干すのを忘れて眠ってしまって。今朝、思い出して、あわてて干しました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨の中カープです。

雨の中カープです。
赤いカッパを着て応援です。
前田健太、一回を三者凡退に仕留めました。

| | トラックバック (0)

皆様ありがとうございました。

 昨日は、私の誕生日に沢山のメッセージやプレゼントをありがとうございました。この年になると、誕生日といっても、大して嬉しくはないのですが、でも、改めてここまで生きて来た、いや、生かされて来たことを感謝したいと思いました。

 だんだんと「終活」などという言葉が心に響くようになっています。どなたかがお亡くなりになったという報道で、その年齢を聞くと、ああ、私はその年までにあと何年、と思うようにもなりました。

 そして、私はいつどんなことがあっても、後悔しないだけの生き方をしてきたとも思います。いっぱいいっぱい生きて来たと。もしかすると、人の何倍も生きたかも、と。これからも、きっとそうして生きて行くでしょうね。

 ここまで支えて下さった、たくさんの方々にあらためて感謝申し上げます。

___76 ___77
___78 ___79
___80_2 ___81

 そして、嬉しいことに、孫のお花見の写真も送って来ました。

___83___84

 私は、今日は、毎年恒例の大切な方々とのお花見です。高齢の方たちが多いので、私たちはお世話係です。朝早く、夫と平和公園の場所取りにきました。私はお昼までここに座っています。パソコンを持って来て、ここで書いています。初め川風が冷たくて、顔と頭が冷え切っていましたが、陽がさして大分暖かくなってきました。皆さんの元気なお姿に一年ぶりでお会いできるのを楽しみにしています。

 そして、今日は、またまたカープに行きますよ!!どうしたの?と自分で言うほどカープに取りつかれてしまって。昨夜は、やまとの湯でも、気が気じゃなくって。アイパットのラジコで中継を聞くために何度も脱衣場に上がりました。そして、最後、一人心の中でバンザイバンザイ!です。今日は、堂々と直筆のサイン入りの堂林のユニホームを来て行きますよ。(一昨日は、ちっょと後ろめたくて着れませんでした)

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お花見とカープ!

___69
___70

 昨日のお昼は、クリニックのお花見。平和公園の川岸でのんびりお弁当を食べました。

 そして、夜はカープ!
 地元開幕試合を堪能しました。

___73
___74

自分も風船を膨らませないといけない、飛ばさないといけない、そして、写真も!!ああ、忙しい!
___75

ヒーローインタビューは、野村、丸、菊池の同学年三人組。ベンチでも、三人仲良くしていました。それにしても、立ったり座ったり、何回バンザイ、バンザイをしたのでしょう。すっかり疲れて、心地良く眠りましたよ。さぼったジャザサイズに匹敵するくらいの運動だったのではないかしら。

 昼はお花見、夜はカープ。いいのかしらと後ろめたく思うほどの一日でした!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カープ!

カープ!
マツダスタジアムでの初戦に来ています。
一塁側は超満員。三塁側は寂しいです。
ただいま4回。2対3でカープ1点リードです。
一生懸命応援しています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お別れ。とくに「やまとの湯」

 3月の終りはお別れの時。

 私のクリニックがあるビルの4階のドクターが、昨日で廃院されました。私の開業と同時に始められたので、23年と4か月。共に頑張って来た仲間です。

 私も、いつまで続けようか、いつ辞めようかなどと考えながらも、ずるずると続けていますが、そのドクターの決心に、ああ、先をこされちゃったなあと、改めて寂しさを感じています。

 そして、なんともショッキングなことが・・・。このブログにもたびたび書いて来た「やまとの湯」も、4月29日で幕を閉じるのだそうです。まあ、本当にこれにはびっくりです。客も多かったし、一体どうして?

 広島のやまとの湯はいいのだそうです。でも、全国チェーンで他にうまくない所があるらしく、全部をやめるとなったらしいのです。まだ12年です。

 私たちは、2日に1回行っています。どんなに疲れて帰っていても、夫の「さあ、行こうか」には従って来ました。疲れていても温泉に入れば疲れがとれると言われれば、そうかもしれない、でも、私は家でさっとシャワーを浴びてすぐに寝たい、その方が疲れが取れると思うのですが。それでも、お風呂に入って帰る時には、すっかり疲れがとれているのですね。

 今、何社かが手を挙げて買い取りをするらしいと聞いています。何か月かの時を置いて再開されるかも、ということですので、それを期待しましょう。

 困っているのは、夫です。だって、何か月分もの回数券を買っているのです。まとめて買えばポイントを沢山押してもらえるという時に、まとめて買うのです。まだ沢山あるのに、また買うのです。私は、無くなりそうなときに買えばいい、だって、明日死ぬかもしれないでしょう、といつも言うのですが、聞きませんでした。もっとも、それを本社に郵送すれば買い取ってくれるらしいので、損にはならないでしょう。手間と郵送料がかかりますが。

 私は、密かにホッとしています。私には、2日に1回が正直負担になっていました。今日はお風呂にいかなくてもいいという日は、楽なのです。行き帰りを入れて2時間半。大抵は10時に出て、家に帰るのが12時半。この時間にしたいことは一杯あるものですから。週に1回かせいぜい2回にしたいと思っていました。もし再開されれば、そう主張したいと思っています。

 他にも沢山お風呂はあるではないの、と言われることがありますが、私はやまとの湯の広い露天風呂に引かれているのです。ほの湯や半兵衛はそれが狭過ぎます。「シーレ」や「ゆーぽっぽ」は時々はいいのですが、度々となるとしんど過ぎます。

 さて、テレビ番組です。TBS、朝ズバッが終わって、朝チャン?あんまりひどいので、一日で見る気にならなくなりました。みのもんたが降板した後の男性アナウンサーは感じ良かったし、番組のスタンスも楽しめていました。

 今回は、番組に重みが無くなってしまったし、それにメインのキャスターがいけません。女性の高い声としゃべりは朝の番組にはなじみません。かわいいけれど、笑顔で愛嬌よくしゃべるのではなく、ふつうの顔と声でしゃべってくれないと、こちらが疲れてしまいます。

 男性はもっといけません。そもそもしゃべりのプロではないし、口が開いてなく、もごもごとしゃべるので、よく聞き取れません。これまでコメンテーターをしていたようですが、メインのキャスターとなると、得意分野だけでなくあらゆることをしゃべらないといけません。発声がちゃんとしていないだけでなく、語彙も貧しくて。それを感じられたのでしょうか。今日は2人だけでなく、男性のアナウンサーが一人座って3人になっていました。少し聞きやすくなりました。

 内容も、初回、イケアの宣伝番組かと思ってしまいました。今日は、東京のかき氷やさんだとかケーキ屋さんとか、デパートとかの取材ばかりで、全国番組ということを忘れているのではないの?これなら、東京の地方番組にすればいいと思います。

 まあ、昨夜の「笑っていいとも」の最後の生放送ほどひどい番組はかつてなかったでしょうけれど。出て来る人たちが自分たちが楽しんでどうするの?視聴者が見ていることを忘れてワイワイとかってにさわぐ姿には、あきれてしまいました。

 私は日頃仕事があるので、笑っていいともはたまにしか見ていませんでしたが、最後らしいからとチャンネルを回しては見たものの、たもりさんも反応が鈍く、番組打ち切りも当然だと思いました。私も我慢していましたが、耐えられなくって途中でテレビを切ってしまいました。

 いろいろな別れ。これからまた気を取り直して頑張りましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »