« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

診断書。

___68

 昨日の日曜日、平和公園の桜は満開です。青空ではありませんが、何とか雨も上がって、お花見の人たちでにぎわいました。でも、前夜の雨の影響でしょうか。例年のお花見よりも人は少なくって、座る所は十分にありました。

 私は、ゆっくり歩いて出勤です。

 昨日は、夜中までずっとクリニックにこもって、書き物をしました。

 ある方の診断書作りです。彼女がクリニック来たのは、16歳の高校2年生の時。もう15年前になります。性同一性障害でした。男性の体で生まれて来たけれど、心は完全に女性。高校の保健室の養護教諭の勧めで来たものです。

 以来、彼女はずっと自分で働きながら、長い道のりを少しずつ歩みました。お金を少しずつためては、何度も手術を受け、今、体も完全に女性になりました。そしてこの度、性別変更の申請を家庭裁判所にします。そのための診断書が必要でした。

 15年間にわたる彼女の頑張りに、カルテを読みながらあらためて感動を覚えました。

 彼女は、これまで「別の性」を獲得するために頑張りました。その目的を達成した今、これからは、自分の生き方を追求します。そのための留学を目指しています。

 原稿用紙20枚にも上る診断書です。夜中にやっと仕上がりました。感動を引きずりながら、夜桜を見上げながら帰りました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

駆け込み。

___64  子宮頸がんのクーポンの締切が明日に迫っています。今、この患者さんの駆け込みで一杯。無料なのですから、ぜひ無駄にしないようにして戴きたいと思います。ただし、海田町はもう2月一杯で終了しています。また、廿日市市は11月で終わったと、先日のビル開業の産婦人科医の会で聴きました。本当?6月から11月までって、どうしてそんなに短いの?予算がないから、なんて言われましたけれど。わお、住民ががん検診を受けるための予算がないとは?・・・びっくりですが。

 その上、この5歳毎の無料クーポン、今年度で終わりだという報道がされています(ここに あります)。今後子宮頸がん検診は20才だけ。乳がん検診は40歳だけにすると。その後の報道がありません。どうなったのでしょう。これも財源がないと。へーえ、医療福祉を充実させるために「消費税」の値上げをするなんて言って、これらは討ち切りになるの?

 何だかねえ。今の政治は、納得できないことが多すぎます。

 それに、昨日は、毎月の薬を何か月分でも、できるだけ沢山下さいという人がありました。どうして?と尋ねると、4月から消費税が上がるから、と。いや、保険医療には消費税はかかりませんよ、と言ったのですが、診療報酬の改定の事ですね。再診料が3割負担で30円ばかり上がると。それはそうだけれど、薬価の改定もあって、多くの薬が値下がりするから、薬局での支払いは下がるのではないかしら、と言うと、びっくりなさっていました。

 その消費税ですが。産婦人科では多い、保険外の医療については、消費税がかかっています。たとえば、不妊治療の人工授精であるとか、避妊リングとか、低用量ピルとか、風疹など妊娠にかかわる諸検査とか、妊婦健診とか、沢山あります。その消費税を5%から8%にするのは、とても手間がかかります。もちろん、コンピューターに打ち込むのは、事務の職員ですが、その値付けのチェックがしんどくて。

 先述の会で、みなさん、今回は料金は変えない、10%になる時に変えると言われるので、私もそうすることにしました。したがって、ピルの料金も4月以降も同じです。

___66  もうとっくに買わなくなっていた週刊文春、佐村河内さんの件から今、買い続けています。コンビニで値段を見るとあれっ?値段がない。いつも、表紙に値段は書いてあるのですが、裏に400円とありました。で、400円の硬貨を用意してレジを待ちました。そしたら420円です、と言われました。あれ?外税なんだと言って、あわてて20円追加をしました。家に帰ってよく見ると、本体400円特別定価価格420円(~3/31 税5%)432円(4/1~税8%)と小さく書いてありました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平和公園の桜。

 昨日の出勤途中での平和公園の桜です。二日前にやっと数輪咲いていただけなのに、もうこんなに咲きました。夜、寒くて暗い中、もうお花見をしている人たちも沢山ありましたよ。でも、平和公園の桜は、あんまりライティングされていないので、お昼のものですね。

___61

 この列の、ほとんど平和大通りに近い所に、こんな石碑があります。目だたない、小さな物です。

___62

「植樹   桜樹150本   昭和31年4月」

 平和公園の中には、約6000本の樹木があります。桜、ソメイヨシノが約300本。

 1945年原爆投下時、にぎわっていいた中島町は、原爆のほぼ爆心地、全滅してしまいました。その中島町を、

『1946年11月  「中島公園」として都市計画公園とするべく指定されました。
1949年「広島平和記念都市建設法」が制定
1951年8月6日に現在の区域を平和記念施設とすることを決定し
1954年4月1日に完成しました。』

 樹木も桜も全国から送られたり、政財界からの寄付があったりで、1951年に植樹されたのです。被爆から10年経っています。

 私の小さいころ、お花見と言えば「比治山」でした。どう思い出そうとしても、平和公園でのお花見はありませんでした。この歴史を見れば、当然です。

 その桜たちも老木となり、枯れてしまいそうな樹は、市役所の所にある被爆桜から接ぎ木した新い桜に植え替えられています。その桜が引っこ抜かれたりする事件もありました。

___63

 原爆ドームの向かい側の桜。この辺りは、まだ幹が細く、若い桜です。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島・「避難区域の花」

 昨日午後は、中国新聞文化教室での「生き生き更年期」の講座でした。これについては、また明日書きますね。

 その前に、クリニックで飯沼和歌子さんにお会いしました。飯沼さんとは、先日の、福島から保養に来ている親子と共に、懇親会でお会いしました。飯沼さんは、詩や絵や写真で福島の思いを訴え続けています。

 先日お会いした時に、お友達に広島に行って来ると言ったら「いろいろと聞いて来てね」と言われたと。そして、「これから福島にどんなことが起こると思うか」と問われました。私は、昨年の性教協全国大会でのセミナーでいろいろと集めた資料があるから、それをお渡しするから、と伝えておきました。

 私は、今年の性教協の全国大会でも「ヒロシマと福島」の、3時間の講座を持ちます。そのための資料作りも進めています。

 前回の講座の時に配布した資料、スライドの原稿をプリントアウトして、持って帰って戴きました。

 飯沼さんから、はがきのセットを戴きました。飯沼さんが避難地区に指定されている川俣町に入り、人のいない所で、ひっそりと咲き続けている花たちを撮影し、はがきにした物です。

Img035_1024x790

Img034_2 Img032_2

 その時に話し合ったこと。とにかく、続けること。一人ひとりの力は些細な物ではありますが、それでも継続することが、何より福島の方たちの力になると。私はまた、飯沼さんに力を戴きました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安倍首相の「パククネ」「大統領」


昨日、繰り返し報道された安倍首相の韓国語でのパククネ大統領へのあいさつ。初めて見た時、びっくりしました。はじめ、私は安倍首相がパククネ大統領のことを「パククネ」と呼び捨てにしたのかと思ったのです。繰り返し聞いて見ると、その後に、一呼吸おいて、「大統領」と言っていました。

 これは、いかにもまずい。「パククネ大統領」と一気にいわなければ。これだと、たとえばパククネ大統領が、「安倍晋三」一呼吸おいて「総理大臣」と同列に並べて言ったったと同じことになってしまいます。

 韓国語は、相手への呼び方がとても厳しくて、呼び捨てはまずありません。たとえば、「河野美代子し」と親しい間がらでも、必ず、「し」をつけます。それが「先生」になったりはしますが。決して、「河野美代子」「先生」ではありません。また、子どもへは「あ」をつけたりします。「冬のソナタ」で、チュンサンがユジンのことを「ユジナア」と呼んでいるのをみんな聞いていますよね。

 私は、バククネ大統領が、呼び捨てにされて、びっくりしたのでは、とも思います。パククネ大統領は、安倍総理より年上です。年上の人には、特に敬語を使うことが厳しく求められます。そんなことを知ってかしらずか、「パククネ」「大統領」といった総理がサプライズで得意になっているのを恥ずかしいと思いました。

 こんなことを言っている私は、いちゃもんをつけているのかしら。いえ、びっくりしたものですから、ちょっと言って見ただけです。

 今日は、午後から中国新聞文化センターでの更年期の講座の最終回です。定例の漢方ドリンクを作りました。今回はなつめ茶です。京都で買ってきた乾燥なつめと生姜の新しいのを切ってお水とともになべに入れ煮ました。

___54 ___55

沸騰したらお湯を一旦捨てて、もう一度、お湯をたっぷり入れて、しっかり煮ました。なつめが十分にブックりしたら、潰して漉します。皮と種だけ残るほどに何回も漉しました。

___57 後は、あくをとりながら煮詰めます。小豆をにてぜんざいを作る時のような甘い匂いが部屋いっぱいになりました。おいしくできました。少しすっぱいかも

と思ったので、ちょっとだけはちみつを入れて飲みやすくしました。

 これと、トウモロコシ茶を持って行きます。そして、みなさんには、最後なので、おみやげに紅参茶を持って行きます。有料で私の話を聴いて下さってありがとうございますとの思いです。

 またまた、ちょっと風邪を引いてしまって、声がおかしく、鼻水たらたらです。なんとかしなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

さくら・往診・野ら一休

___51

 いつも、平和公園の中を自転車で通って通勤しています。昨日は、平和公園の東側の川沿いを通ってみました。桜がすこーしだけ咲いていました。一本の樹に5・6輪咲いたら開花宣言と言うことだそうなので、ああ、今日開花宣言だなあと思いました。

___52_2 年に一回、クリニックのお花見をします。平和公園の川岸でお昼のお弁当を食べます。そのお弁当を注文するのに、いつを指定するかがなかなかなかなか難しいのです。昨日の花を見て、一週間後、4月1日と決めて、お弁当を注文しました。さて、当たるかな?でも、この日は年度初めで、職場のお花見の人たちがどっと繰り出す日です。場所取りがなかなか大変でしょう。

 昨日、お昼時間にもちもちの木、古田のおうちに往診に行きました。前回、ナース一人と行った時、認知症で関節の硬縮も来ている方の診察がなかなか大変だったので、今回はナース二人と一緒に行きました。午前中の診療が済むと、すぐにそれっと出て、途中でお昼ご飯です。

___46 庚午北にある「野ら一休」。高校の演劇部の後輩が店長をしているお店です。以前行って、すっかり気に入ったので。丁度往診先の近くです。

___48 ___50 手作りのお惣菜が並びます。ご飯とお味噌汁もとてもおいしくて。以前来た的には、ゆっくりだったので、ぜんざいも食べましたが、今回は急ぎでしたので、おはぎを買って帰りました。甘党の夫へのおみやげです。

___49 まだ、おむすびやいなりなど、どれももおいしそうで買って帰りたい物は沢山なのですが。とりあえず、この二つに。

 往診では、理事長の竹中庸子さんも待っていて診察に立ち会って下さいました。まだもう少し通うことになりそうです。また、このコース「野ら一休」→「もちもちの木・古田のおうち」になるとうれしいのですが。午前中の診療が早く終わらないと無理なので・・・。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京丸ビル「マンゴーツリー」

 那須からの帰り、東京まで帰った後、広島までの私の新幹線は最終にして、みんなで食事をしました。私のたっての願いで、ママが丸ビルの35階のマンゴーツリーを予約しておいてくれました。私がすっかりはまっているタイ料理です。

窓からは東京の夕暮れから夜景に変化するのが美しくて。

___42

 左端に東京タワー、その右に六本木ヒルズの森ビル、ずっと右に富士山が見えます。富士山だと私がワーワーいったら、息子が自分ちの部屋からも見えると、冷たく言いました。私は富士山を見るのがうれしくってしょうがないのです。だって、いつも移動は夜で、明るいうちに富士山のそばを通るなんてことがないものだから。富士山のちょっと右下に明るく白く見えるのは、国会議事堂なのです。

___23

 ズームで写すと、国会議事堂が右下に見えます。

 タイ料理は辛くて、孫ちゃんにはちょっと悪いことをしたかな?タイ米だけを黙々と食べておりました。後は、大人の食事からおかずを分けて上げたけれど、お米がすっかりお気に入りで。

___41 ___43
___44 ___45

 お料理の一部です。冷製前菜の春野菜の生春巻き。トムヤムクンかトムカーガイを選ぶのは、私はトムカーガイ。ココナツミルクたっぷりのスープです。コース以外に、タイ風の焼きそばとグリーンカレーも頼みました。それはおいしくて。なにもかもおいしくて。

 こうして、二日間の旅も終わりました。翌22日の土曜日は昼時間も全くないほどで、頑張って診療をしましたよ。四月にはまた孫ちゃんに会えそうです。それを励みに頑張ります!



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島からの親子と。

 昨夜、福島の人たちのお話しを聞く会の後の懇親会に参加しました。

___38 ___39

 福島から保養に来ている人たち、すでに広島に移住している人たち、移住を考えている人たち、その人たちをを支える人たちが一堂に会して楽しくお話しをしました。

___33 ___40

 赤ちゃんだった子がこんなに大きくなったり。男の子がたくましい少年になっていたり。その中でいろいろと悩みながら生活しているお話しも聞きました。一人のお母さんが撮られた写真と、メッセージです。転載可の許可を戴いていますが、写真は、私が接写をしたので、現物の方がうんときれいで、申し訳ないことなのですが。

___36_2

『     広島からもらったもの
 「土台のついた心と方向」です。
子ども二人を連れて、平和大通りを隅から隅まで歩きました。普通に歩く・遊ぶ・・・普通の生活が全くできなくなり、心身共に疲れきっていた時、広島の方々との出会いは、私たちを救ってくれました。そんな思いから、広島へありがとうの気持ちを込めて撮った一枚です。』

___37_2

『広島のもみじは、温かな子どもの手をイメージさせてくれます。放射線から子どもを守るため、仕事や家を離れる・・・簡単に考えられない多くの問題に頭を抱える日々です。放射線を口にすることがタブーとなってしまった福島。健康被害が増加している中で、ホットスポット・福島市御山地区は、除染が終わっても、山があるため線量が高いままです。』

___35_2

『    本来の家のイメージだと思いました。
私たちの住む家は、色を失くしてしまいました。家の中まで線量が高いため、今でも二階にあまり上がらず、多くの物を処分。長年、少しずつ作ってきた庭の植物も花も除染によって、全て失くなりました。子どもを守るために、環境に悩む日々が今でも続いています。』

 (皆様からのカンパ、ありがとうございます。行政や企業からの援助がなくなってしまった今、皆様から戴く物だけが財源となっています。今回の懇親会も、参加した大人がみんな3000円ずつ出してしました。せめて、福島から来られている人たちからは、お金を戴かないでできればいいのですが、それもかないません。改めて感謝申し上げます。)

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「福島の家族のお話しを聞く会」と那須のパン

 今、福島の家族が広島での保養に次々と来られています。スタッフはてんてこ舞いで対応しています。

 本日、午後2時半から、カトリック観音町教会で福島から来られている方たちのお話しを聞く会が開かれます。多くの方が参加してくださいますように。私は、今日はエイズの日曜検査の当番なので参加できません。その後の懇親会には参加するつもりでいます。午後5時半からやはり観音町の平和大通り沿いの暖流観音店で行われます。

さて、那須のパン屋さん「ドリーム」で買ったパンたちです。

___19

 上のはチョコレートの食パンです。毎日食パンを食べる姉へのおみやげに。一番左のは、夫へのおみやげの三種のアンパン。中は、北海道大納言のアンと、コーヒーのアンと、ブルーベリーのアンが入っていました。クリームではなく、ほんとうにアンになっているのに、びっくりです。私もお少し分けてもらいました。うん、おいしい!

___21 左のは、リンゴが丸ごと入っています。芯にはカスタードクリームが。沢山買って帰って、スタッフの一人ひとりのおみやげにしました。私のは、少しつぶれてクリームがはみだしましたが、二つに割って見ると、それはきれいなリンゴ。夫と半分ずつ食べました。リンゴがなんともジューシーでこれまで食べたどんなアップルパイよりもおいしかったです。右は、パイナップルのパン。

___20 ___31

 そして、真っ赤なキャセロールごと買ったグリーンカレーのパン。レンジで温めてパンを外すと、中にはソーセージが二本。それにリンゴやアプリコットなどの果物が沢山入ったグリーンカレーでした。これも、夫と半分ずつ。パンをつけながら食べました。

 なんとも感動のパンたちでした。ドリームのホームページはここに あります。ここでは、ネットで購入もできるのですね。私は、このホームページのココシリーズの中にあるココスーパーサプリという食パンを買わなかったのが残念で。一旦買おうとしたのに、戻したのですよね。家に帰って、ホームページを見て初めて、ああ、こんなパンだったのね、残念!と思いました。これは、いつかネットで買わなければと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

那須二日目。

 昨夜、午前0時も過ぎて、家に帰りました。以前からとっても楽しみだったつかの間の休息も終わりました。イベントを企画して、それに向かう日々はとっても楽しいのですが、終わった後は寂しくて空しくて。楽しかった思いを抱いて、これからまた頑張らなければなりません。

___28  ホテルの贅沢朝ご飯。品数が多くて、食べたい物がいっぱい。大根おろしにシラス・ねぎやとろろやからし明太など、ごはんにかけたい物もいっぱいで。でも、フレンチトーストやパンケーキも食べたいし。果物の横にあるのはイカのおつくりです。これらを全部食べて、お昼はなしにしました。

ものすごい風の中、これもあれこれ迷った挙句、動物王国へ。

___30 山道を行くと、段々と雪が深くなって行きます。動物王国に着いた時には、歩けないほどの風に加わって雪。吹雪です。寒いのなんの。小動物の館の中は暖かいのですが、館から館に移るのが一苦労です。

___25 ___24
___18 __

ミーアキャットがかわいい。宇宙人のような顔をしています。ペンギンの館は外で、私たちは寒ーい!けど、ペンギンたちは嬉しいでしょうね。孫は、ウサギちゃんに人参を上げたり触ったり。初体験です。

 あんまり寒いし風も強いので、カンガルーやアルパカのいる所までは行きませんでした。残念。いつか暖かい頃にまた行きましょう。でも、帰りにアルパカ農場の横を通って、アルパカたちを見ました。黒や茶色や白や、いろいろな色のアルパカがいるのを初めて知りました。

 那須は自然が豊かで、おしゃれな町。道路沿いにパン工房やジャム工房などが沢山あります。その中の一軒のドリーム工房に行きました。広い敷地。鐘を鳴らして入りました。まきが沢山あります。まきでパンを焼くのでしょうか。

___26 ___27 おしゃれな、豊かな発想、見たこともないようなパンがいっぱい。中では、コーヒーと共に買ったパンを食べられるようになっています。サラダのバイキングがサービスしてありました。そこでは、食べる時間がなくってまた残念。どっさりパンを買って帰りました。買った物などは、また明日にしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

那須一日目。

 
那須に来ています。

___12

あいにくの雨。レンタカーは、息子が運転。私は気楽に助手席です。助手席に座るなんてことはめったにないので、嬉しいことです。

___13_2 途中、パンフを見て、あそこがいい、ここがいいといろいろ迷った挙句、道の駅へ。そこでお昼ご飯を食べました。私が選んだのは、那須の内弁当。幕の内弁当をもじった物? 地の物をたっぷり使ったおいしいランチ。1300円でした。孫もよく食べます。もう、自分でスプーンとフォークを使って食べます。その成長に感動です。

雨に濡れて寒いのもあって、もうどこにも行かず、早くにホテルに行きました。すぐにお風呂へ。大きな温泉でしっかり温まりました。温泉の中が写せないのが残念。たくさんのお風呂、露天、サウナ、ねはじめ泣いていた孫もおとなしく浸かって、楽しそうです。私は念願の孫を抱いてのお風呂がうれしくて。

___14 ___16

おしゃれなホテル。ロビーのディスプレーです。孫は、階段が気に入って、上ったり下りたり。ママと一緒の所です。ホテルのあちこちに、ジョン・レノンの絵が沢山飾ってあります。

 夕ご飯は中華のバイキング。これも写真を撮り忘れ、デザートだけです。

___15 豪華な中華でした。北京ダックも二つ食べました。中華なのに、なぜかずわいガニやお寿司もあって、私はえんがわやいくらの手巻きを握ってもらいました。またまた大満足のディナーです。

 早めに寝たのですが、すごい風。3時に風の音で目が覚めて、それっきり眠れませんでました。今、雨はすっかり上がって、いいお天気です。でも、やはり風がすごくって。朝ぶろに行く時に、少しだけ外をあるいたのですが、浴衣が舞い上がりました。

 今日は、動物に会う予定です。東京でみんなと別れ、私は一気に広島まで帰ります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東京です。孫に会います。

 東京にいます。昨夜診療後、新幹線で来ました。娘が品川駅まで迎えに来てくれて、娘の家に着いた時には12時を過ぎていました。それから、娘が足とお腹のリンパマッサージをしてくれました。それは上手で、足のむくみもすっかり取れました。シアワセ。

 今日木曜日の休診日と明日の祭日。私にとっては、大切な連休です。どうする? 大分のお母さんの所に帰る? と聞いても、夫ははっきりしません。なら、私、孫に会いに行くよ、うん、行ってお出でということで、一人できました。

 孫に会えるのがうれしくて。孫へのおみやげです。

___8 ___9

ナナママに頂いた孫のスパッツ。なんとメガネの模様です。姪からもらったミスタードーナッツのお弁当箱。それに、私が以前大江戸展で買っていた昔ながらのおもちゃ。

___11 その昔、私が小さいころあそんでいた抱き人形の復刻版をネットで見つけて注文しました。手作りで、2週間経って送って来ました。懐かしい!お腹を押すと、ママーと泣きます。洋服は古いで作られています。

___10これは、廿日市市議の井上さちこさんのサンフランシスコみやげです。サンフランシスコの低所得者(何と、日本円にして年間400万円以下が低所得者なのだそう)に起業を指導し、これらの物を作って、さらにマーケティングを徹底的に教えるのだそう。ネットの販売の仕方なども。

 今日から娘と息子の一家で、一泊二日で那須に行きます。新幹線で行って、現地でレンタカーを借ります。孫と一緒に新幹線に乗るなんて、もうドキドキです。あいにくお天気が悪そうだけど、楽しんできますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

患者さんは「お客さま」です。

 先日日曜日。クリニックで書類書きなどをしていたら、電話がかかりました。年配の男性の声でした。

「もしもし、今からそこに行くから診てくれや。」と。

 私は、すでにかかっている患者さんに緊急のことがある場合は、休診日や夜間でも診ることもあります。しかし、まったく新しい人の場合はスタッフがいない時に診ることはありません。パソコンを動かしてカルテを作ることもできませんし。その人は、当院の患者さんではありませんでした。

「今日は日曜で休診ですので、新しい患者さんは、診ることはできません」
「なんでや。診てくれたらええじゃないか」
「日曜日なので、当番医がいます。そこで診てもらって下さい」
「当番医はどこや」
「私にはわかりません。コンビニで新聞を買って見て下さい。出ていますから」
「この忙しいのに、コンビニで新聞を買うなんてできんわい」
「それなら、119に聞いたら、当番医を教えてくれると思います」
「もう聞いたんじゃ」
「えっ?もう聞いているのですか。ではそこに行って下さい」
「そこまで行かれんのじゃ」
「どこと言いました?」
「○○町じゃ」
「今どこにいるのですか?」
「××町じゃ」
「○○町の何て名前の病院でしたか?」
(ごそごそと女性と話をした上で)「△△クリニックじゃ」
「それなら、バスがありますので、そこからバスに乗って、○○で降りたら、目の前に△△クリニックがありますから」
「それよりも、そこで診てくれたらええじゃないか」
「今日は、休みなので、看護師もいませんし診られません」
「お前は看護婦じゃろうが」
「いえ、違います」

 それで、やっと電話が切ました。やれやれです。

 患者さんは、お客様です。私たちの仕事は、「客商売」です。どんなことがあっても、どんな患者さんでも、どんな失礼なことを言われても、にこやかに対応しなければなりません。

 先日は、高校生を「待たせた」と母親からひどく叱られました。「娘に無駄な時間を使わせたくありません」と。その時は、患者さんがとても多かったこともあります。それに、緊急な事態があって、急ぎ患者さんを転送しなければなりませんでした。連絡を取って、紹介状を書いて、などとしているとアッという間に時間が経ちます。産婦人科は、そういうことが起こりうる所です。私は、怒られながら、すみません、と言いながら、

「それなら、行ったらすぐに診てもらえる所に行って下さい」

とどれだけ言いたかったことか。でも、ぐっと我慢です。いまどき、どこに投書されるかわかりません。そういえば、先日も「ネットの口コミにお宅のクリニックについて、すばらしい所と書く」からお金をという電話がかかって来ました。断ると、逆にぼろくそに書かれるかもしれないと思いながら、お断りしました。

 気心がしれた楽しい人とだけ、楽しい会話をしながら仕事ができると、どんなに楽しいことかと思います。

 こんなことを言うと、それなら、仕事をやめたらいいじゃないかと言われそうですね。ちょっと愚痴を言いたかっただけです。お許しを!!


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「金柑の甘露煮」と「むさし」のお昼

 金柑をどっさり戴きました。金柑はそのまま食べるのも好きですが、酸っぱ過ぎました。そこで、甘露煮にしました。

__  まずよく洗って、十字に切り込みを入れて煮こぼしました。葉っぱ付きを少し作りたかったのですが、邪魔になって、結局は葉っぱ全部除きました。

___6 ___5

 砂糖とはちみつを入れてあくを取りながら、くつくつと煮ました。途中いくつか食べてみて、はちみつの追加です。出来上がりです。うん、おいしい!! 煮沸した瓶に入れて保存しました。ただ煮ただけの物ですが、満足です。

 この頃、患者さんが多くて。いつも年度末になると、がん検診のクーポンなどの締切が迫って駆け込みの方で多くなるのですが。お昼はローソンで買ったラーメンや肉まんで済ますことが度々です。少し時間がある時には「むさし」に行きます。

___2 ___3
___4  初めのが田舎汁定食。いろり回りに座ったので、余分なものが写っています。大きなジャガイモやニンジンや鶏が入っていて好きです。でも、これも冬季限定です。次のが根菜が沢山入ったジンジャーうどんです。生姜たっぷりで暖まります。ミニやまかけうどん定食。鶏のから揚げもおいしいです。でも、やっぱりむさしはおむすびですね。何回食べても飽きません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「もちもちの木」への往診

 9日の日曜日、当番医のお昼時間に、グループホーム「もちもちの木・古田のお家」に往診に行きました。

 もちもちの木は、竹中庸子さんを理事長として、高齢者ケアだけでなく、障がい者の居場所づくりや子育て支援など、地域に開かれた活動を展開しています。

 以前、もちもちの木の活動報告の会に参加したことがあります。

1 5

7 6

もちもちの木を中心に、高齢者のためのパソコン教室や、子育て支援やコーラスの会や、さまざまな地域の方たちが活動している様子に、本当にびっくりしたものです。

ここのホームページやブログにも その様子が書かれています。そこからの往診依頼でしたので、楽しみにしていました。日曜日でしたので、デイサービスはしてなくって見学できず、少し残念でした。

1_3 玄関には鍵はかけず、だれでも出入り自由です。玄関には、「もちもちの木」の理念「~優しい心~迷ったり/探さぬよう/そばにいるよ」と書かれています。

2 4

 居間には地域の人も来られて、ここに居住している方たちと一緒にすごされていました。お部屋は、完全な個室で、自分の好きなように作られています。丁度家族と共にお墓参りに行っている方の個室を見せて下さいました。仏壇と神棚の両方がおかれていました。ご自分の好き物なのでしょう。ぎっしりと小さな人形が飾られていました。

5_2 好きなように過ごされている様子がよく分かります。

 もちろん、お近くの内科のドクターがケアをしていらっしゃいますが、女性の寝たきりの方には、婦人科領域のトラブルが起こることはあります。まだ一回では完治しません。これからも楽しみに行かせて戴こうと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

浦和レッズのことで再度、しつっこいけど。

 やんじさんのメッセージにもあるように、浦和レッズの今回の無観客試合の決定に関し、やはり浦和レッズそのものにも問題があったのだと思います。

 「日本人以外お断り」について、テレビの番組は白人系の人たちばかりにどう思うかとインタビューしていました。でも、根はそんなところにあるのではありませんね。不愉快で、しつっこいと思われるでしょうが、それでも、言いたいことは言っておきますね。

ここにあるように、 浦和レッズの公式マガジン「月刊浦和レッズマガジン」3月号には、次のようなインタビューが載っていると書かれています。


『『月刊浦和レッズマガジン』3月号で、ライターの青山鼓氏が、サポーターグループ「URAWA BOYS」の初代リーダーの相良純真氏にインタビューをしている。次のようなくだりがある。

――李(忠成)はどうですか?
「浦和のウルトラは韓国が嫌いだからね。ウチの歴史にはないことだから、最初はいろんな反応が渦巻くと思う。昔はチョウ(キジェ)さんがいたけれど、今ほど嫌韓の雰囲気はなかったからね。クラブのスタッフが本人(李)に伝えているそうだけど、本人が相当の覚悟を持って浦和に来るということは僕も感じるんだよね」

これは浦和レッズの公式マガジンである。当然クラブは内容を確認し、誤りがあれば修正をする。このインタビュー記事が掲載されたのは、クラブが相良氏のコメントが正しいことを全面的に認めたことを意味する。

元サポーターグループのリーダーが、ウルトラが韓国を嫌っていて、李を獲得すれば波紋を呼ぶことを示唆している。またクラブ側も李にそれを伝えたと話しているのだ。つまり浦和レッズ関係者にとって、今回の差別問題は青天の霹靂ではない。

既に火種があることを知っていて何も手を打たず、必然的に事件は起こった。しかも試合途中で横断幕を撤去もせずに、さらに穏便に済ませようとした経緯までが透けて見える。』

アウェイのG大阪戦でも、ホーム開幕の鳥栖戦でも、李にブーイングが飛んだことは多くのファンが確認している。なかには人間の尊厳に関わるような罵りもあったと漏れ伝わって来る。本来なら公衆の面前で特定人物を罵った彼らは、刑法第231条の「侮辱罪」に問われ、刑事罰に処されてもおかしくない。

4年前の仙台の一件も同様だ。もし浦和レッズが本気で差別主義を斬り捨てる覚悟があるなら、仙台事件の時に犯人を特定公表し訣別するなど、断固たる姿勢を示すべきだった。

もし淵田社長の言葉に嘘がないとすれば「差別意識がなかった」という笑止千万な言い訳を黙って受け入れ、さらに突っ込んだ調査もせずにリーグに報告をしたことになる。自分のクラブの大切な選手が侮蔑されたのに、むしろこれでは加害者側をかばっているようにも見える。結局最優先したのは、クラブの体裁なのだろうか。

今まで浦和には、多くの外国人選手が加入しチームを牽引してきた。ブッフバルト、ポンテ、ワシントン、エメルソン...、帰化選手としては闘莉王も活躍したが、ブーイングや罵声を浴びたという話は聞かない。

「Japanese only」が、欧州や南米に向けられたのではないことは明らかで、そういう意味でも非常に性質の悪い「人種差別」だと断じるべきだ。』

そして、2チャンネルには、こうなったのは、「李忠成のせいだ」とか、「李忠成をとったせいだ」とか、「今回の無観客試合で発生するであろう2億円の損害は、李忠成に払ってもらえばいい」だとか、目を覆いたくなる書き込みがされています。

 もちろん、すべての若い人たちが、このような意識を持っているわけではありませんが、ネットの世界にはびこっていることは確かです。

 私も連ねている「広島ブログ」にも、韓国、朝鮮人を極めて侮蔑的な呼び方で堂々と書いている人がいます。もう、そろそろそのような呼び方はやめませんか。思想は自由。でも、人に対して、とても不愉快な呼び方をするというのは、思想の問題ではなく「差別者」である自分をみにくく晒していることだとそろそろ気づいてほしいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

浦和レッズと李忠成

 初めて浦和レッズの「JAPANESE ONLY」の横断幕の事を聞いた時に、すぐに思ったのは、李忠成君のことでした。彼がヨーロッパではあまり活躍できず、日本に帰ってくると、そして浦和レッズに入ると聞いた時に、サンフレッチェにはもう帰ってこないのだねえと寂しく思ったものです。

 そして、無観客試合という厳しい処分が下された時、テレビでは、横断幕を掲げたサポーターは、「外国人の観客には入ってもらいたくないという思いだった」と言っていました。それを聞いて、夫と私はうん?でした。きっと何かもっとあるはずと。李君の加入と何か関係があるのではないかねえと話していました。

 そして、今日、どの新聞も大きく報道する中で、中国新聞(おそらく通信社発の記事でしょうが)に書かれていました。

『今季加入した在日韓国人4世で07年に日本国籍を取得したFW李忠成選手へのブーイング』

『10年には仙台所属の在日朝鮮人選手への差別的発言などで制裁金を科せられた』

『ある代理人は「浦和はサポーターの影響が大きく、韓国選手を取らないという暗黙の了解があった」と明かす』

 ああ、やっぱり!!でも、「韓国選手を取らないという暗黙の了解」だの、「在日朝鮮人選手への差別的発言」て、一体何なの?

 これは、ここの「さぽーたるふっとぼーる」に「一部の浦和レッズサポーター、新加入・李忠成にブーイング。差別的行為か?」と、詳しく述べられています。 写真できっちりと証明して、説得力のある検証をしています。

 それ以前にも、2010年、仙台ベガルタ戦で、仙台の梁勇基選手に人種差別的なヤジを飛ばし、ペットボトルを投げ込み、そのうちの一本が観客に当たり、裂傷を負わせたと。さらに仙台の選手を載せたバスが出発した際にも、差別的な発言をしたと。この件で、レッズはけん責と500万円の罰金を受けています。

 ほかにも、韓国籍の選手をレッズに移籍させようとする動きがあった時に、日の丸に「日本人」と書いた旗をサポーターが掲示して、結局その移籍の件はつぶれたとか。

 そして、今季初の試合の前の選手紹介の時に李忠成の紹介の所で、ブーイングがあったと。

 それらのことがあっての今回の事件です。

 私は、こんな件が起こるその背景には、「ヘイトスピーチ」や、ネット上での沢山の差別的発言などで、若い人たちの間に広く差別意識が形成されていることがあると思っています。突き詰めれば、ヘイトスピーチをそのままにしている今の安倍政権の問題です。もっと言えば、安倍総理が差別者そのものだから、と思います。

 李忠成君については、2011年12月の日韓の忘年の夕べに来てくれて、スピーチをしてくれました。

Photo

 その時に私が撮った写真です。本当にかっこよくって、溜息が出るほど素敵でした。でも、それに負けないほど、彼のスピーチに感動しました。彼は、オリンピックに出るべく、日本国籍を取得しました。親戚の方たちの反対もありました。その中で、帰化したのですが、自分のコリアンとしての原点を持ち続けるために、名前はそのままの苗字を名乗ることを決意したと。そして、彼は孫正義さんをはじめとして、沢山の在日の方たちの名前をあげました。その方たちのように、その方たちに負けないように、在日としての誇りを持って、頑張って行きたいと淡々と静かに話しました。それはすごいスピーチでした。

 彼は、韓国のチームで、在日であることで差別されてつらい思いをしたこともあります。でも、サンフレッチェでは大活躍で。この会の後、ヨーロッパに移籍するということで、がっかりしましたが、それも彼の飛躍のために喜びましょうと思いました。そしたら、ヨーロッパでは思うように活躍できず。今度は当時のサンフレッチェの監督であった今のレッズの監督の誘いもあったのでしょうか。浦和レッズに入ると。

 レッズは、95年以来、韓国籍の選手を入れていません。

 そして今回の事件です。
 李忠成は、そのブログに、3月12日付で「浦和レッズは本当に仲の良いチームだ☆★☆」と書いているだけで、この件については、何も触れていません。彼がどう考えているのか分かりません。

今日は、古巣の広島でのサンフレッチェ戦です。活躍を祈ります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

佐村河内さんを叩くこと。

 うーん、少し人と異なることを言うかもしれないけれど。例の佐村河内さんのことについて。あの記者会見を見て。そう、あの人は根っからのワルかもしれないし、高校生のころから、いろいろと問題ある発言や行動があったりして、根っからのうそつきなのでしょう。

 あの人に騙されて、痛い思いをした人たちも沢山いるのでしょう。

 それでも、あえて。あの記者会見で強く追及していた人。あの人の書いた記事は全部読んでいます。その上でなのですが。あの追及の仕方、あれはないよ、と思ったのです。耳が聞こえるのかどうか。「まだ手話が終わっていないじゃないですか」とか、「こっちを見て話しましょうよ」「私の口を見て話しなさいよ」とか。私も沢山の難聴の患者さんと話しをしています。口話は、近くで、顔と顔を突き合わせて、ゆっくりはっきり、大げさなほど口を動かして話して読み取ってもらうものです。

 彼は全聾ではないけれど「難聴である」との診断書を出しています。耳は不自由だったのしょう。

 さらに、その人は、あの少女に謝っていないではないか、と、まるで彼が少女の代弁者であるかのような振る舞いでした。

 それに、「私の共犯者です」と言った人は、一方的に「騙されて」いたかのことの如くに善者で、佐村河内氏が一方的に悪者であるかのような、今の風潮に私は違和感を覚えます。

 どっちもどっちではないの?二人で一緒に人々を騙していたのではないの?と。

 日本の社会が、なんか、すごい人がいると、ドドーッとはやし立てるように持ち上げ、そして、けしからん人がいると、また、ドドーッと寄ってたかって叩く、とことん悪者扱いをする、それがいやなのです。

 叩いている人たち、みんなそんなにいい人なの?やましい所は全くない人たちだけが叩いているの?

 あの記者会見に集まった人の中で、ゴーストライターをしたことのある人はいないの?

 私は、佐村河内さんが障害者を愚弄しているというのも、それはそうだと思います。それでも、あえて。難聴になった時、つらかっただろうなあと思ってしまいます。どんなワルであっても、何らか悲しいことを持っているものです。
 私、年と共に、だんだん聞こえが悪くなって。ある習い事をしていた時に、同じクラスで、とっても声が小さくて、ひそひそと話す人がいました。私には、その人の発言が、まったくと言っていいほど、聞き取れなかったのです。それがすっごくストレスで。でも、自分で言うわけにもいかないから、事務室というか、先生方のお世話をしている所に行って、お願いしました。「生徒に、もっと大きな声ではっきり話すように、先生から言ってほしい」と。そしたら、それはちゃんと対応しているという返事だったのです。それで、私はその教室をやめました。

これからも、どんどん聞こえなくなったらと思うと、すっごい恐怖なのです。

 佐村河内さんを叩くのは、もういいではないですか。

 そして、願わくば、小保方さんが同じようなことにならない様に。ここでめげないで、頑張ってまたいい論文を書いて下さいねと、密かにエールを送っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

フィリピン救援のご報告です。

 次々と色々なことが起こると、つい以前のことを忘れそうになります。広島や長崎の原爆の被害は、被爆者の方々の地道な努力もあって、今も反核の運動として細々にはなりましたが、生き続けています。

 その意味で、東北大震災のことも、一年に一回でも、その日に東北に住む人々やその被害に思いをはせることが大切と思います。

 さて、そこで。昨秋にフィリピンでひどい台風・水害の被害があったこと、すっかり報道もされなくなって、ともすれば忘れそうになります。

 以前、ここで そのフィリピンへの救援のお願いをし、そしてここで 荷物の発送のご報告をしました。その荷物を現地に届けたことの報告を、広島フィリピン友好協会の横佩 智恵さんが、昨日持って来て下さいました。私のブログを見て救援物資や義援金を届けて下さった方も多くあるので、報告して下さいとのことでした。

1
2

まず、まだ支援が行き届いていない所、メデリン市のパヌグワナンで、500の世帯にパックにした物資を届けました。そのパックは、全部同じようにこれらの物を入れてあります。

衣類・・幼児服 ,子供服,成人男性&女性服 (Tシャツ,ブラウス,シャツ,ズボン等)

日用品・・ 歯ブラシ,洗顔石鹸,洗濯用洗剤,タオル類,タオルケット

食料品・・キャンディ,ビスケット,缶詰め,ビーフローフ,インスタントヌードル

      インスタントスープ,インスタントドリンク,水ペットボトル

このパックを作るだけでも大変な作業だったことでしょう。ほとんどは、届けられた物資で、そして、足りない物は義援金から買ったそうです。

 その後、セブから車で5時間かかる山の中、まったく支援のが届いていない所に行き、ここでは食べ物を届けました。コメや缶詰、インスタントヌードル、飲み物などの
Food Packを200世帯に。そして、食パンと水を学校の生徒なと200人に手渡ししたそうです。

 皆様から頂いた物資、義援金はすべて渡し、フィリピンへの交通費などの経費は、すべて自分持ちで行って来たと。頭が下がります。

 なお、私のクリニックに送って下さった物資は、すべてお渡ししましたこともご報告しますね。皆様、ありがとうございました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | トラックバック (0)

悲惨な中での「命」の誕生。

 昨日は、一日中、鎮魂の日でした。夜は、いつものジャザサイズの日。でも、テレビ番組が見たい。私もお知らせした「あの日 生まれた命」どうしようと考えて、結局ジャザサイズをさぼって、そしてテレビを見ました。

 産婦人科は命が生まれる所、また、その命を産んであげることができない人も来る所。時には、がんで亡くなる人も。色々、命に係わる現場でもあります。全国の産婦人科の仲間にこの番組のこともお知らせしました。

 どんな時でも、命は産まれます。「生ましめんかな」は、原爆の後の悲惨な現場で、命がけで赤ちゃんを取り上げた「産婆さん」、そして生まれた命を感動的に語った詩です。生ましめんかなの詩に語られた生まれた子は、今も健在で元気に暮らしていらっしゃいます。

 まんが「はだしのゲン」の中沢啓治さんのお母さまは、目の前で夫や息子が焼かれて行くのは、どうしようもなく泣き叫んで見送った後、激しい悲しみの中、畑のそばで赤ちゃんを産みました。この時は、取り上げてくれる人もなく、一人で。その赤ちゃんは、その数か月後、髪の毛も全部抜けて、亡くなってしまいました。これは、はだしのゲンにも描かれている実話です。

 あの3.11に岩手、宮城、福島で生まれた赤ちゃんは100人を越えると。その多くの赤ちゃんたち、今、3才の誕生日を迎える子どもと大人たちのルポは、一日中つらい報道ばかり中で、ほっとさせるものがありました。

 悲惨な現場だからこそ、新しい命の誕生は、みんなに喜びを与えたと思うのです。身内の命日と新しい命の誕生が同じ日と言うのは、それはつらいとは思うのです。でも、赤ちゃんの誕生で救われている所もきっとあるでしょう。

 私の素直な感想としては、番組として、あまりに多くのことが盛り込まれていて、やや焦点がぼけてしまってしまったように感じました。それぞれの悲しみ、喜びはもう少し、もう一度、推敲して作ったら、もっと言い番組になるのでは?と思います。うん?と思う所が所々ありましたので。「後ろめたさ」は、そんなに前面に出さなくともいいのでは?とも思いました。

 もちろん、今回のような日に「亡くなった命」ばかりでなく、いのちの誕生」に焦点を当てた発想や取組みは素晴らしかったと、それは押さえた上でのことです。

 この番組を見て、さわやかな気持ちで家に帰ったら、夫に「今日はあんまり疲れていないようだね。そろそろジャザサイズにも体が慣れて来たのかね?」と言われました。ドキッ!さぼったことは言いそびれてしまいました。でも、さぼってでも見てよかったと思います。後悔はしていません。

 この日だけでなく、これからも、ずっと東北の人たちのことは忘れない、これが一番大切なことだと思います。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日の全国と福島の放射線濃度

 今日は3.11。あの東北大震災から3年。ここの所、テレビで放映される震災関連の番組を次々と見ては涙しています。

 家を流されて帰れない人々のための住宅はまだほとんどできていない現実。復興支援の名目で、私たちから税金を集めても、それが全く関係のない地域、沖縄を始めとして全国の建物や道路を直すのに使われたりしていて、どうして本当の被災者のために使われないのかといういらだち、怒りも覚えます。

 特に福島での震災、津波に加えて、原発の事故により故郷を追われた人々、甲状腺がんができて、手術を受けた子どもたち。(もっとも、これは、「えらい人たち」によると、もともとあったがんが見つかっただけなのだそうですが。) 立派な家があるのに放射能のために帰れない人々。その家は、泥棒や野生の動物に荒らされています。

 福島の漁師さんたちは、まだ漁が完全にはできない状況に異あります。

 私は、東京にオリンピックを誘致するためのプレゼンで安倍総理が行った演説、世界に向けて行ったウソにまだ怒っています。

「福島の汚染水による影響は完全にコントロールされています。福島第1原発の港湾内の0.3キロ以内の範囲内で完全にブロックされています」と。

 そして、最も許せないと思ったのは、「福島の子どもたちはサッカーボールを追って走りまわっています」と言ったこと。

 さらにその後、東京オリンピックの一部のサッカー競技を東北ですることを考えているとも言いました。それなら、岩手でも宮城でも、そして福島ででもオリンピックのサッカーをしてください。福島でもサッカーをすると世界に公言してください。本当にそう思います。

本日の全国の放射線濃度です。高い所があるように見えますが、上限が低く設定されています。グラフの下の数字を読んで下さいませ。

20143112

そして、福島のいろいろな場所の本日の放射線濃度です。

2014311k

このような中で、福島の人々は毎日の生活を送っているのです。
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

この春も福島の親子が来ています。

 昨年3月15日のここからレポートしているように、福島からの親子の広島での保養。 今年の春休みにもひき続き行われます。もう今、4人の家族が広島に来ています。これから、1週間後に一組が、その後、学校の春休みになって、4人の親と6人の子どもたちという風に、次々とやって来ます。

 昨年の広島での保養を受け入れているグループについては、ここに 書いています。すでに書いているように、多くの行政や企業がもう手を引いている中で、室本さんや平木さんなど、まったくボランティアで、必死にお金を集め、福島から来て戴くための交通費や食費などを負担しています。高揚診療所のスタッフの方たち、他にも自分のできる範囲で力を提供して下さる方たちなどの協力で成り立っていることです。

 昨年の私がご一緒した宮島行きについては、ここの前後に沢山載せています。

 でも、広島に来る一番の訳は、やはり健康不安です。いろいろと不安を抱えている人、特に甲状腺にフォローしなければならないことがある人たちが継続しての診察を受けに来ています。中国新聞で報道されているように、甲状腺の専門医、武市先生がこの方たちの診察を、またボランティアでして下さっています。

 のどに太い針をさす、そんな検査を受け続けている子どもたちが痛々しくって。でも、これは必要な検査なのですね。

 そのような福島の方たち、ボランティアで頑張っている人たちに、ぜひとも皆様のご協力をお願いしたくて、今日のブログを書いています。

 以前にも書いていますが、郵便振り込みの口座はそのままです。振り込んで戴ければみんなが喜びます。

     加入者名  福島支援プロジェクト、
       口座番号  01360-6-50356

Photo

 
初めて広島に来た時、子どもたちが、宮島の海の砂をつかんでは投げ、つかんでは投げして遊びました。土は、決して触ってはならない物と厳しく教えられていました。高濃度の放射線は、未だにそのままです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福島の子どもの甲状腺がんについて再度②

以下、Planet-TVから引用させて頂きます。

 福島第一原発事故に伴う福島県民健康管理調査の甲状腺検査について、専門的な観点から検討している国際ワークショップが2月24日、そして評価部会が3月2日、福島県内で開催され、甲状腺がん手術が33例実施されている現状を巡り、現在の検査方法が妥当なのかどうかなど、激しい議論が交わされたそうです。

 評価部会では、まず、県が昨年の12月31日までに、甲状腺がんの悪性または悪性疑いと診断されている子どもが74人にのぼり、33人が手術を受けていることが報告されたと。

 それに対し、甲状腺癌の急増は「過剰診療」によるものではないかとの激論がなされたとのことです。世界的に死亡率とは相応しないがん罹患率が世界的にも増えており、検診が過剰診療ではないかと国際的にも問題となっていると。

 これにはびっくりです。私は、まだこれでも検診がちゃんとなされていないと思っていますので。

 さらに、この中で、甲状腺癌の手術の医療費は、一般の保険診療になっており、医療費が個人の負担になっていることも指摘されたとのことです。

 甲状腺がんは被曝によるものてはないとの立場からは、そうなるのでしょう。

 国際会議は、座長はやはりあの「笑って過ごせば放射線の影響はない」と言った山下俊一氏。この会議の後で、やはり「甲状腺がんは放射線の影響ではない」との発表したそうです。



++++++++++++++++++++++++++++++++

私は今日は当番医。夜まで診療です。お昼はグループホームに往診です。婦人科の往診の需要は結構あるのですが、一人での診察はできません。ナースと一緒なので、夜に往診は無理なのです。今日はちょうど良かったので。

それから、いつもは新患の方はあらかじめ予約して来てもらうのですが、今日はどなたでも予約なしです。朝から今のところ3人だけで、とても静かです。いつもこうだと楽でいいのですが・・・。でも、そうだと倒産します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福島の子どもの甲状腺がんについて再度①

 福島の子どもたちの甲状腺がんとがんの疑いが計75人になりました。

 2月に福島県が発表したものですが、あまり報道されていません。中には「確定33例」などと報道している所もありますが。

 福島県は、以下のように、一括して「悪性ないし悪性疑い」として発表しています。ここの「悪性疑い」は、すでに吸引細胞診で「悪性の細胞が認められたもの」としています。乳がんなどで知られているように、悪性の細胞が認められると、これは「がん」として手術なりの治療をしなければなりません。だから、県の発表でも、悪性と悪性疑いは一括しているものと思います。マスコミには、33例という言い方でなく、75例として報道してほしいものです。

平成 23-25 年度合計
・悪性ないし悪性疑い 75 例(手術 34 例:良性結節 1 例、乳頭癌 32 例、低分化癌疑い 1 例)
・男性:女性 28 例:47 例
・平均年齢 16.9±2.6 歳 (8-21 歳)、震災当時 14.7±2.6 歳(6-18 歳)
・平均腫瘍径 14.3±7.6 ㎜(5.2-40.5 ㎜)


この75人の子どもの、福島原発の事故の時点での年齢分布は次の如くです。

201421_2



 さらに、県の発表をいろいろと見ていて、エエッと驚いたことがあります。それは、これらの表です。

201422_2


 結節とは、固いかたまりです。悪性の多くは、結節の中に見られます。これがある子どもたちが約3000人も。そして、嚢胞、水がたまっている子どもになると、次の如く、12万人にも上ります。嚢胞がある子とない子がほぼ半々です。


201423_2


 こうしてみると、福島で検査を受けた子どもたちのほぼ半数に、甲状腺の異常が見られると。そして、75人の子にがん、またはがんの疑いがあると。

 それでも、なお県や医師たちは、放射線の影響ではないと言っています。

 このことについて、もう少しお話しを続けますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ようき屋本舗」佐渡さんのボランティア

 この度の「あの街に桜が咲けば」の上映会、この映画を広島でも上映しようとなったきっかけは、昨年の7月に私がブログに書いた、佐渡さんの縁があります。そのブログは、ここにあります。

 ここに書いたように、佐渡さんは、一人東北に行き、東北の子どもたちに無料で広島のお好み焼きを食べてもらうという、ボランティアをして無事帰ってきました。 この度は、念願の福島にも行き、飯館村から避難している子どもたちにも食べてもらうことができたと。

 その彼のブログ、「ようき屋本舗ブログ」 をぜひ読んで下さいませ。東北から、行政も企業も、次々と支援の手を引く状況があり、当然の如く、ボランティアの人たちも激減しています。

 そんな時、こうして毎年変わらず東北に行き続けている佐渡さんの今年のボランティアの記録「第4次夏の復興支援」が書かれています。初めから順々に見て行くと、今に一番近い所から読むようになりますので、先にずっと逆のぼって、東北に行くはじめの所から読むと、経過が分かります。いろいろな土地で、いろいろな方たちに助けられながら、それでも一人、悪戦苦闘する様子に、思わずほろりとします。そして、佐渡さんはすごい人だと、感動しました。

 
1 2

 写真は佐渡さんのブログから戴きました。

 その佐渡さんが、陸前高田の仮設住宅でお好み焼きを提供する時に知り合った人たちからお話しがあり、今回の上映会の取り組みになったのだそうです。

 彼は、広島に帰って、また一人でお好み焼き屋さんをしながら(それも、広島に帰るとすぐにお店の冷蔵庫がダウンして大変だったりして)今回の上映会の裏方の中心になって頑張っています。

「上映会、赤字にならんかねえ」と心配すると、「赤字は元から覚悟の上」との答えが返って来ました。鑑賞代は500円。これは、主に会場費に当てられます。全くボランティアでの上映会に、ぜひ多くの皆様のご協力をお願い致します。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あの街に桜が咲けば」

 東北大震災から、もうすぐ3年。昨日のニュースでも見ましたが、未だに復興のための被災者用の住居がほとんどできていなくって、仮設住宅に多くの方が住んでいると。11人もの身内、親族を亡くして一人暮らしをしている女性が、ここに帰ってくると、ここが自分の住まいなのだと空しくなると言っていて、見ているこちらも胸が詰まりました。

Img030_905x1280

 行政や企業の支援がほとんど打ち切られている今、困難な生活を強いられている被災者の方たちに、私たちは「決して忘れないよ」とエールを送りたいと思います。

 津波により、市全体が壊滅的な打撃を受けた陸前高田市のドキュメンタリー映画の上映会が広島でも開かれます。

1151x1280

小川光一映画監督、陸前高田市仮説住宅自治会長佐藤一男さんの講演や、佐藤さんと早くから東北復興支援に協力されている、秋葉前広島市長との対談もあります。


多くの方が連休の日の上映会なので、お出かけにくいかと思いますが、ぜひご参加を。チケット(500円・高校生以下は無料)は、私のクリニックにも置いています。

予告編をご覧ください。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あの日 生まれた命」

 今、東北大震災から3周年を迎えようとして、NHKでは様々な番組が放送されています。どれを見ても、力作で感動します。その中の一つの番組をご案内しますね。

311

3月11日(火)夜 8:00~8:43
NHKスペシャル「あの日 生まれた命」

《概要》

多くの命が失われた日、被災地で100を超える新しい命が誕生していた。不安に押しつぶされそうになりながら、津波で水没しそうな病院で、命がけで子どもを産み、守り切った母親。

 大切な人を亡くした深い悲しみの中で、自分だけが子どもを授かったことに罪悪感さえ感じてしまう、という母親。

 それでも「わが子を守りたい」という思いで、家族は様々な混乱を乗りこえ、一歩、一歩、強くなっていった。

 子どもたちは、絶望の淵から立ち上がろうとする被災地の人たちに見守られ、まもなく3歳の誕生日を迎える。

 未曾有の大災害の中で、生まれた命を守り抜いてきた家族たちの3年間、そして未来への希望を見つめる。

       ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この番組を作ったのは、NHK政経国際番組部ディレクター 吉楽禄さん。

以前広島にいた女性のディレクターです。福島原発の後、広島で原発の是非を問う大人数が論議する番組を作った人。それ以外にも、地域に生きる人々に密着した数々の番組を作ってこられました。

 彼女は、この番組を作ったのは、広島にいた時の栗原貞子さんの詩「うましめんかな」が原点にあると言いました。

  

  こわれたビルデングの地下室の夜だった。
  原子爆弾の負傷者たちは
  ローソク一本ない暗い地下室を
  うずめて、いっぱいだった。
  生ぐさい血の臭い、死臭。
  汗くさい人いきれ、うめきごえ。
  その中から不思議な声がきこえて来た。
  「赤ん坊が生まれる」と言うのだ。
  この地獄の底のような地下室で
  今、若い女が産気づいているのだ。
  マッチ一本ないくらがりで
  どうしたらいいのだろう
  人々は自分の痛みを忘れて気づかった。
  と、「私が産婆です。わたしが生ませましょう」
  と言ったのは
  さっきまでうめいていた重傷者だ。
  かくてくらがりの地獄の底で
  新しい生命は生まれた。
  かくてあかつきを待たず産婆は
  血まみれのまま死んだ。
  生ましめんかな
  生ましめんかな
  己が命捨つとも

――『栗原貞子詩歌集・1946年8月・中国文化連盟叢書』より――



多くの方と共に、この番組を見たいと思い、ご案内しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

差し歯を飲んじゃった!!

 まだ診療中、クリニックの電話に娘から電話が入りました。仕事中に電話をかけて来るのは、よほど緊急の事です。そしたら、

「ママにあやまらんといけん」と言います。ドキッとしました。一体何があったのか。そしたら、

「差し歯が外れて飲んでしもうたん」だそう。

「なんか、大きい物を飲み込んだなあ、何じゃろう、もしかして、と思って鏡を見たら、歯が取れとったん」

「指突っ込んで吐きなさい」

「それがね、吐こうと思って頑張ったん。でも、食べた物ばっかり出て、歯は出んのんよ」

「それでね、すごく目立つ所じゃけん、すぐに歯医者さんに行かんといけんのんよ。また5万円くらいかかるんよ。ごめんね、ママ」

「それは、しようがないねえ。すぐに行きんさいよ」

 何とも、まあ、情けないことだけど、相変わらずライブ活動をしながら学生をしている娘にとって、5万円もの臨時の出費は、自分では賄えません。私に頼らざるを得ません。

 常々、歯だけはちゃんと手当をしなければと、言い続けています。一生お世話になる歯は、食べる事、イコール生きることそのもの。歯磨きをちゃんとすることと、少しでも変なことがあれば、すぐに医者に行くこと、決して手抜きしないように。これはしつっこく言い聞かせています。

 まあ、素人考えだけれど、外れただけならまたくっつければいいのかもしれん。土台に問題があるのなら、そうはいかないかもしれんけど。だけど、飲んじゃったなんて。そう家に帰って言うと、夫は、

「2・3日したら、出て来るだろう、それをちゃんと洗って入れてもらえば?」

なんてことを言いました。まあ、御冗談を!!貴方だったら、そんなことできるの?僕だったらできる、きれいに洗えばどってことないよなんていいました。まったく、もう、信じられません!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

低用量ピルの副作用⑤注意が必要な人。

 今回で、低用量ピルの副作用については終わりにします。

 女性にとって、ほぼ確実に避妊が出来るというのは、やはり大きな福音です。その上に、月経痛や不順の治療にもなります。特に内膜症などでとても強い痛みのある人には、救いになります。

 その上で、いくつかの注意を書いておきますね。

1. タバコを吸う人は、OCの服用はよろしくありません。血栓症の確率を高めます。喫煙者の血栓症にかかる確率は、非喫煙者に比べて、20代で2倍、30代で3倍と言われています。さらに、35才以上で一日タバコを15本以上吸う人は、OCは飲んではいけないことになっています。もし、OCを服用したい人は、ぜひ禁煙をしてください。

2. 前兆のある片頭痛が起こる人もOCは飲めません。前兆とは、目の前が霞む、視野が狭くなる、じらじらした光が現れる、そのようなことがあった後、強い片頭痛が現れるというものです。このような人は、脳梗塞にかかる率が高いと言われます。

3,. そのほか、コントロールできない高血圧の人、肥満の人、40才を越える人などは要注意です。

 さらに、これから飲もうとする人へ。まず、しっかりとOCについて、またその副作用についても説明をしてくれる医療機関を選んでください。自分でもちゃんと知識を持った上で内服することが大切です。また、はじめは1シートが原則です。ということは、ほとんど説明もなく、いきなり3シートでも、はいと渡されるような所は敬遠したほうが良いでしょう。また、内服中になにか症状があったり、不安なことがあったりした時に電話ででも相談できることも大切ですね。

 それから、受験や旅行などのために月経を調節したい人は、出来るだけ早めに産婦人科に相談に行って下さい。遅らせるより早める事。早めるには、早くに行かないと間に合いません。遅らせる時には、中用量ピルが必要になります。また、ピルを飲みながら飛行機に乗ると、血栓をおこす率が高くなると言われます。早くにいけば、低用量ピルでゆっくり無理のないように調整することができます。

 それらのことをちゃんと踏まえた上で内服するなら、健康な若い女性にとって、決して怖い物ではないということなのです。

最後に、世界の中でどれだけ低用量ピルが使われているか、そのグラフを紹介して、このシリーズも終わりますね。読んで下さってありがとうございました。

Photo

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

低用量ピルの副作用④血栓症について、さらに。

 これらの血栓症のリスクは低用量ピル・OCはどれでも同じなのですが、この度、ヤーズが大きく報道されたのは、ヤーズが保険適応の薬であるということも一因でしょう。ヤーズは、欧米では低用量ピルとされていますが、日本では、「保険の効く低用量ピル」よりも、「月経痛治療薬」として認可されています。その「治療薬」で血栓による死亡が出たということで、大騒ぎになりました。

 でも、繰り返しますが、ほかのOCでもそのリスクは同じなのです。

Photo 厚労省の指示により、製薬会社では、このようなカードを作り、処方している医師を通じて、内服している方に配ることになりました。これを渡す時に、再度血栓症について説明をし、注意を喚起しています。このカードの裏には、「医療機関の方へ」と印刷され、「この方は、○○から、ヤーズを服用しています」と書かれています。

 しかも、この血栓症は、長くOCを内服している人に起こるのではなく、そのリスクは、飲み始めて程なく3ヵ月以内に起こることが多いのですね。そして、いったん止めてまた内服する時にもまたはじめと同じリスクに戻ってしまいます。今回の報道以来、いったん止めてみたいという患者さんが結構あります。

以下、私たちと同じネットワークで蓮尾豊先生のメール相談の例を転載させて頂きます。とても配慮が行き届いた回答と思いますので。

『○○に住んでいます。22歳でヤーズを服用しています。服用し始めた

のは、2.3年前からです。副作用などはまったくありませんでした。

今、ヤーズが話題になっていて怖くなっています。親から、とりあえず、一回

やめてみたら?飲むのを辞めてみて、生理痛がどれくらいのもので、ピルが必要

かもう一回悩んでみたら?という意見も家族の中であります

ヤーズを飲むようになってから生理痛はすごく楽になっています。

 一回やめてみて、やっぱり無理やったから、もう一回飲み始めるというのは可

能でしょうか?

辞める際はどの様に辞めるべきでしょうか?

どこに相談したらいいのかわからず、不安でした。よかったら相談にのってく

ださい。

【以下が私の回答です】

お問い合わせの方へ

ヤーズによる血栓症のことがNHKや新聞で報道され、すごく不安が広がっています

ね。しかし、報道は一方向のみから見たものであり、一般の方が読んだり見たり

すると誤解するのではと、私たちもとても心配しています。何故なら、全く副作

用もなく、ピルを飲んで確実な避妊だけでなく生理痛の改善や多くのメリットを

感じている女性まで服用を止めては本当にもったいないと思っているからです。

 

あなたの質問に対する回答に移ります。

 

まずあなたがヤーズを飲む必要があり、ヤーズにより月経痛の改善がみられてお

り、今何の症状もなければ止めるべきではないと思います。

もちろん止める場合には、ヤーズを含めたピルはいつ止めてもいいのです。シー

トの途中で止めてもその分、生理が早く来るだけで何の問題もありません。

 

ピルによる血栓症は、例外はありますが多くは飲み始めて3ヵ月以内に起きるこ

とが多いのです。今回の3人の方はこれ以上の服用期間の方もいますが、血栓症

はピルだけが原因で起きる病気ではないので、いろんなケースはあります。

あなたは2年間服用しているのでリスクはとても少なくなっています。

止めない方がいい理由はもう一つあります。一度止めて、再開する場合には、ま

た飲み始めにリスクが高まるのです。このことからも、リスクが減少している今

の時期に止めるのではなく、継続することをお勧めします。

 

実は血栓症はピル以外にもとても多い病気なのです。

 

2012年に公表された米国の有名なデータがあります。

 

ピルを飲んでいない女性10,000人の中で1年間に血栓症になる女性は1~5人で

す。ピルを飲むと3~9人に増えます。しかし、妊娠初期では5~20人に増え、

お産の後の12週間は何と4065人にも増えるのです。

そしてタバコとピルの比較では、ピルの死亡リスクを1にすると、タバコは167

というWHOの有名な報告があるのです。ピル服用者の血栓症はニュースで流れ、喫

煙女性が血栓症になってもニュースにならないのは何故なのでしょうか?

こんなこともよく考えて下さい。

 

もちろんピルを飲んでいる時にはわずかに血栓症のリスクは高くなりますから、

次の5つの症状には注意して下さい。喫煙者、肥満、高齢者、長時間の航空機な

どの場合は、ピルを飲んでいない人でもこの5つの症状は大事です。

 

1.強い腹痛(普通の腹痛でなく、転げ回るほどの)

2.胸の痛み(これも胸の強い痛みで息苦しさを伴うもの)

3.頭痛(普通ある頭痛でなく、視野の狭窄や光がちらつくなど)

4.視覚障害(これも視野の狭窄やものの見え方がおかしいなど)

5.強いふくらはぎの痛み(足が張る程度ではなく、すごく強い痛みであり、痛

  い方の足が腫れている、皮膚に変色が見られるなど)

 

これらの症状があったときにはヤーズの服用を中止し、主治医にすぐに連絡をと

って下さい。または、内科、できれば循環器を専門にしている内科を受診し、ピ

ルを服用していることを伝えて診察を受けて下さい。

 

この様なことを覚えておけば万が一の場合でも重症化することはまずありません。

欧米では日本よりも血栓症が多いにもかかわらず、1552%くらいの女性が今日

もピルを飲んでいるのです。』

以上、引用終わります。この項、まだ続きます。

  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日、午前午後と二回、廿日市市で女性のがんの講演をします。配布資料もばっちり作ました。ぜひ多くの方にお会いできますように。画像をクリックすると大きくなります。

Photo_2 Photo_3

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

低用量ピルの副作用③血栓症に注意を。でも、ピルだけ?

Photo_2

これは、ピルを希望する人、またはこちらからおすすめしたい人にお渡ししてあらかじめ読んで戴く冊子の中の、副作用に関しての記述のページです。

 特に、「注意しておきたい重大な副作用」の一ページには、血栓症について書かれています。

 昨年12月からは、すでにこの冊子も読み、OCを内服している人にも、このページのみをコピーしたものを渡し、注意を喚起しています。これを渡して説明した人には赤丸をつけて、全ての人にお話しすることにしています。

 血栓症は血管内で血液が方待てしまうこと。一般的に知られているのは飛行機に長時間乗った時に起こる可能性のある「エコノミークラス症候群」ですね。動かないで、じっとしていることで、下肢で血が固まってしまい、血栓ができ、飛行機が到着して歩き始めた途端、その血栓が上の方に飛んでしまう、肺や心臓に飛ぶと、バッタリと倒れてしまって、手当が遅れると命にかかわってしまいます。

 ですから、飛行機の中でも、できるだけ動きましょう、狭い所ででもできる運動をしましょうと盛んに注意されますね。

 その血栓症がOCを内服している人には起こる可能性が高くなります。でも、大切なのは、血栓の多くは下肢で作られるということ。胸の方に飛ぶと大変なのだけれど、足の段階で対処すれば大丈夫。だから、足が変、痛い、むくむ、それも両方に一度に血栓ができることはまれなので、どちらか片方、そんな時にはすぐに連絡をして下さいね、と念を押します。

 さらに、めったにあることではないのだけれど、「あなただけには起こらない」とはだれにも言えないから、貴方にも起こるかもしれない、だから、注意をしておきますね、とお話しします。

 そして、もし「足が変」と言って来た方には、まず変と言われる所をギュッとつかんでみます。もし血栓ができていると、そこに痛みが起こります。さらに、「Dダイマー」という血栓症ができた時に値が高くなる物質の検査をします。少し血液を採って、至急で検査をします。もし、値が高ければ、ただちに更なる検査をします。

 こんなことを書くと、なんと恐ろしいと思われるかもしれませんが。でも、待って下さい。

Photo_3

 これは、産婦人科医の間ではよく知られているデータなのですが、友人が作って患者さんにお渡ししているという画像を戴きました。血栓症は、OCを内服している人よりも、妊婦さんにはるかに多く発生するものなのですね。望まない妊娠をしてしまって、そして血栓症で危ないことに、という確率のほうが高いのです。

 すべてピルだけが悪者という今の風潮に、疑問を持つのです。この項。まだ続きます。どうかこの後も読んで下さいますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »