« 頑張っている現場の教師たちと。 | トップページ | 観音高校演劇部OB会 »

性教協広島セミナー。

 昨日は、朝から夕方まで第26回性教協広島セミナーでした。コツコツと続けていたら、もう26回です。そのほかに年5・6回の例会や中国大会など、休まずに続けています。昨日は、沢山の人が来て下さって、本当にうれしくって。

Photo  私の話が始まる前に写真を撮りました。この後もどんどん人が来られて、椅子が足りなくなってしまいました。若い養護教員の方たちだけでなく、教科の教員や養護施設の方、家庭裁判所の方、大学の先生、保育士の方など。いろいろな職業の方たちに広がりを感じることができました。本当にうれしかったです。

Photo_2  私の話はともかく、午後の分科会には私は「中学校卒業までに伝えたいこと」に参加しました。馬屋原さんがこれまで積み重ねて来た性教育の実践の数々。でも、以前に比べて、今はほとんど授業はできなくなってしまっています。ああ、今もこんな授業を受けることができたなら、その生徒たちはどれだけ力強く生きることができるのであろうか、と思いました。

 その授業の中で話された、「ラブ&ボディ」。改めて中を読んでみると、ほんとうに素晴らしい本で。当時、これは全中学2年生に配られたのですが。

 例の「避妊を学ぶのは、結婚してからですねえ」と言った、山谷えりこ氏の国会での発言が元で、全部回収され廃棄されました。

 当時、性教育にかかわった人たちみんなが打ちのめされたことです。

 ほんとうに今、この本を全部の生徒に配りたい!と切に思います。思春期で変化する体・心・「性被害にあったとき、一人で悩まないように」とか、「避妊」や「性感染症」「同性愛」についても。

 これが回収されたのが、今も、本当に残念で・・・。

 パッシング以来、低迷している性教育ですが、私たちの会にこんなに沢山の方が来て下さった!!社会的に需要が高まっているのかもしれません。

 また、これからも頑張ろうと元気をもらうことができました。次回の例会、また皆様にもご案内しますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 頑張っている現場の教師たちと。 | トップページ | 観音高校演劇部OB会 »

コメント

本当に性教育必要です、また今日改めて河野美代子先生のブログをみながら今日の日を迎えられたのはうれしいです。本当に人工中絶のあとの妊活はまじきつい。昔話からの親との衝突からはじまり採卵までの期間は精神的につらかった、職場や労組への対応や抗議、夜職の反省しうることになった、河野美代子ブログを拝見し総括し反省したからこそ勝ち得た妊活終了だとおもってます、へんなかんじだが報告します。上から目線かもしれません。ある意味河野美代子先生は主治医よりすごいサポートかもしれません。ありがとうございます。

投稿: 愛ちゃん | 2014年2月17日 (月) 11時32分

昨日はお疲れ様でした。また、セミナーに誘って頂きありがとうございました。
昨日は学校関係者に限らず、児童福祉関係者、更生保護関係者、司法関係者にと様々な分野で子ども達に関わる方々が参加されてましたね。
性教育を通して、子どもを中心に置き考え環境を調える方々が集まり、子どもについて考える。これらの連携作りを行い、大人が繋がり地域を考える。それぞれの役割を活かし、全体で声をあげれば、きっと行政も無視はできなくなると感じております。
これらを活かし、ネットワーク作りをされたらいいのになぁ〜と思います。
是非考えてみては如何でしょう。

投稿: しいば | 2014年2月17日 (月) 18時11分

親としてはなかなか教えにくい問題だけに,適切な教育がなされないと,誤った考えや行動による犠牲者が後を絶たないと感じます。

投稿: もみじ日記 | 2014年2月17日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/59150167

この記事へのトラックバック一覧です: 性教協広島セミナー。:

« 頑張っている現場の教師たちと。 | トップページ | 観音高校演劇部OB会 »