« 観音高校のポプラ。 | トップページ | 谷龍介君の新曲発表会。大切な人の訃報も。 »

観音高校のポプラについて、もう少し。

 昨日に少しだけ書いた観音高校のポプラについて。どうもあれだけではフラストレーションがたまって仕方がなくって。だから、もう少し。

 
ポプラは、観音高校が引っ越す前にあった、今の観音小学校から移植された物であることも分かりました。そして、観音小学校にはいまも青々とポプラが生き続けています。この話をしたら、夫が「被爆ポプラ」として書いた覚えがあると言いました。


Photo

芸陽観音同窓会のトップページです。この写真につけられているコメントです。

「校庭から見上げる空はいつも青かった。そしてポプラの木陰はいつも涼しく優しかった。」

 さらに、県立広島第二中学23期生の同窓会の名前は「ポプラ会」です。

このホームページの冒頭にはこう書かれています。

『我々23期生は、昭和19年(1944年)春、希望に満ちて県立広島第二中学に入学、太平洋戦争さなかの苦難の時代に、共に学び、勤労動員の汗を流した仲間です。昭和20年8月6日の原爆では、二葉の里・東練兵場(現広島駅新幹線口付近)
で勤労作業中に被爆、ほぼ全員火傷などの被害に遭い、一級下の1年生は、爆心地に近い中島町(現広島平和記念公園)で、全員322人が爆死しました。

 戦後は、6・3・3制の学生改革に伴い、学区制の新制高校に転校・編入を余儀なくされましたが、今でも入学当時のクラス名で呼び合う仲間です。』

 また、観音高校になってからも、卒業アルバムの名前が「ポプラ」である学年もあります。


 私は記者でもないので、なぜ切ったのか、校長に尋ねることもできません。今更聞いても、多分あれこれもっともらしい理由を言われるでしょう。

 ただ、多くのそこで学んだ者たちにとって、ポプラは一つの青春であったという思いがあること。そして、世間では、被爆あおぎりや、被爆くすのきなどの保存やその二世を育てることが一つの平和運動にもなっているという事実。それらを知った上でなおかつ切られたのでしょうね。生きている樹を根本から切ったのですね。

 私は、ただ、むなしい思いで話すことしかできません・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 観音高校のポプラ。 | トップページ | 谷龍介君の新曲発表会。大切な人の訃報も。 »

コメント

ポプラにはそんなに重大な歴史があるなんてしりませんでした日本全国津々浦々、歴史的価値のある病気になった樹木の保存運動が盛り上がりをみせていますが、観音高校のポプラはそういう運動につながらなかったのは残念です。ただ、当方の主人は高校教師してますが、プールで溺れて死んだ生徒さんがでたからプールを学校からなくした事件があったようです。生徒さんの安全がとれないから学校にある樹木や設備等が次々に廃止され子供を心身ともに強く育てる、学校の歴史にふれさせ情操 教育に力をいれるのが学校全体でおっくうになってるのではないかと感じ得ません。女性がたくさん産まなくなった分、心身ともに強い子どもに育てる、あらゆる倫理教育や情操教育に力をいれなくなったなとおもいます。怪我や事故に会わないように何でも親と学校が変な意味で管理をするのは問題です。また広い視野を持つ大人にする意味合いもあるから何でも管理はよくない。本当に大事に大切に育てるは当たり前ですが、極端です。お金がこんだけかかってるのだから怪我をさせないのではたぶん間違いです。お金がかかってるのだからいろんな意味で強く心豊かに育てたいですよね。

投稿: 愛ちゃん | 2014年2月21日 (金) 08時40分

そんな歴史と意義があるものをあっさり切るとは,いかなる事情があるとはいえ,教育者のあり方として疑問を感じます。

投稿: もみじ日記 | 2014年2月21日 (金) 17時24分

驚きで声もありません。こうなったら、復活の方法を考えましょう。まずは、同窓生に知らせましょう。

投稿: 山ちゃん。 | 2014年2月21日 (金) 23時04分

河野先生、久しぶりにコメントします。
私の両親は被爆者で私も先生同様二世です。
舟入に住んでいた父は、広島二中の23期生、
まさにポプラ会の一員です。
共にひどい被爆をし、同志として支え合ってきた為かいつまでも
同窓会があり、幹事もよくしているようです。
そして、母は廿日市の出身ですが、母の兄つまり私の伯父は
昭和20年広島二中の1年生でした。私は幼少の頃から毎年8月6日には早朝に二中の慰霊碑のお参りに連れていかれてました。
父も伯父も先生のお父様に授業を受けていたのかと思うとなんともいえない気持ちになります。
河野先生がブログでお父様のことなど載せられ、二中の先生であったことを知りました。お父様がご存命の時、クリニックにいらして私も注射などさせていただいたことがありますが、その頃二中の先生であったと存じ上げなかったので、何も伺うことができなかったのが、今となっては少し残念です。
なんだか、河野先生のところにお世話になったことも不思議なご縁に感じ、思い立ちコメントしてみました。


投稿: 檜垣ゆかり | 2014年2月22日 (土) 09時13分

愛ちゃんさま
はい、そうなのです。これまで生き抜いて、ひどい台風がきても、倒れなかったポプラがなぜ危ないと感じられたのか、聞いてみたいと思うのですが。情けない限りです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年2月27日 (木) 09時44分

もみじ日記さま
今、教育界はとてもおかしくなって、切望的になることもあります。それは政治と関係あることなのでしょう。社会全体の問題なのでしょうね。こうのよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年2月27日 (木) 09時46分

山ちゃんさま
そう。特に、二中の同窓生などがつらいだろうと思います。全く、管理職は何を考えているのだか。腹立たしい限りです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年2月27日 (木) 09時48分

ゆかりさま
コメント、ありがとうございます。思わず、涙がでましたよ。高校の事、父の事、一緒だった診療の事など色々と思い出して。私、貴方と二中とのご縁って、知りませんでしたよ。残念。いつか、お会いしたいですね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2014年2月27日 (木) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/59171400

この記事へのトラックバック一覧です: 観音高校のポプラについて、もう少し。:

« 観音高校のポプラ。 | トップページ | 谷龍介君の新曲発表会。大切な人の訃報も。 »