« 性教育バッシング②没収された家族人形 | トップページ | 性教育バッシング④ジェンダーフリー教育もセットでバッシング »

性教育バッシング③男の子に排尿を教える教材もわいせつと

 七生養護学校で没収され、わいせつな教材とされたものの中に、「ペニス付きタイツ」があります。タイツにペニスがついている、それだけで、わいせつとされました。裁判の中で、教師が訴えました。男の子たちにおしっこの仕方を教える、そのために必要な教材だったと。

 私が、保護者などの大人の方たちに講演に行ったある時に、明らかに障がいを持っていると分かる大きな男性を連れて来られた方がありました。その方が、質問のコーナーで、

 「この子は、おしっこをする時に、どうしてもズボンもパンツもずらして、お尻を丸出しにしてするのです。パンツとズボンの前から出しておしっこをするようにとどれだけ言っても出来ません。学校にもそのような指導をしてほしいと言ってもしてもらえませんでした。」

 ああ、七生の教育がまさにそれだったのだけど、と思いました。男の子たちにおしっこの仕方を教える、こんな当たり前のことが、障がいを持っている子にとっては大変で、それを教えることも大切な実践なのです。そのためのわかりやすい教材作りでした。それすらも「わいせつ」とされ、没収され、「わいせつな教材」と展示され、報道されました。

 先生や、保護者の無念は如何ばかりかと思います。

 私が、この度、このようなシリーズを書こうと思ったのは、私たちは、性教育バッシングの嵐が吹き荒れ、大変な思いをくぐりぬけてきました。でも、今もなお全ての子どもたちに豊かな性教育ができる状況とは程遠い現実が続いています。

 そんな時、私たち性教育に取り組んでいる産婦人科医の集まりのメーリングリストにこんな書き込みがありました。許可を得て、転載します。

『先ほど

yahooニュースで以下の記事を読みました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00001077-bengocom-soci

知的障害者への性教育についての記事です。

これによると

「知的障害のある児童・生徒に対し、歌や人形を用いる独自の性教育を行っていたが、一部の都議らがこれを「過激だ」などと問題視し、現地を訪れて強く批判したほか、これに同調した都教委が同校教員を厳重注意にした」

これに対し「教員や保護者らは不当な介入だとして、都議・都教委らに計約3000万円の損害賠償を求める訴訟をおこした」
というものです。

都議・都教委は知的障害者は性に関心を持つな!誰も教えるな!と言うわけですね。

ですが、知的障害者だからといって性に無関心ではないでしょうし、必要だと思います。

正しい知識をどのような方であっても正しく教えることは、必要です。それが望まない妊娠を避け、性病を避け、性犯罪を減らすことにも

つながると思います。

しかし、教え方は難しいと思います。

もしどなたか経験がありましたら、ご教示下さい。』

 これを読んで、感慨深く思ったのです。私にとって、これまでの一連の性教育の実践、その中で吹きすさんだバッシングの嵐、その象徴ともいえる七生養護学校へのバッシング、やっと裁判が完全に勝利となって、でも、今の状況はなんら変わることなく続いている、それらの一連を知らない若いドクターたちが、仲間にいるということがショックでもありました。

 でも、知らなくとも、彼の若い感性で、このような思いを素直に話してくれることの素晴らしさ!

 私は若い仲間たちに今、性教育はどんな状況にあるのか、その立ち位置を知ってほしいと思いました。

 全国で講演が殺到している若いドクターたちに、講演の主催者から「ピルや避妊については話さないでください。中絶はしっかり脅して下さい」また、「性交やセックスという言葉は使わないでください」というような注文が入り、憤慨する人たちもいます。それらの注文がなぜなされるのか、ここに至る歴史(と言っても、つい最近のことなのですが)それを知っておいてほしいと思うのです。

 七生に象徴される吹き荒れたバッシングが、他の地方にもどんな事があったのか、統一協会に協力する国会議員たちがどんな働きをしたのか、その議員たちに動かされて、文科省がどうしたのか、そんなことを知ってほしいと思ったからです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性教育バッシング②没収された家族人形 | トップページ | 性教育バッシング④ジェンダーフリー教育もセットでバッシング »

コメント

障害児の排泄を含めた生活習慣などをきちんと教えなければならないのは、特別支援学校の特殊性であるとともに、健常者と同じ視点で性教育をおこなおうとした政治家のゆきすぎた介入だとかんずるとともに、時々重度訪問介護の仕事をやるかやらないかで悩み結局やめて介護保険のみで働いているわたしにとって新知識です。本当に障害の程度にあわせた教育をしないといけないとおもいます。また 統一教会が政治家とつるんで教育に口をはさんできたのは自民党の公明党への支援要求と同じで宗教の支援がとれない弱さなんだなとおもいます。統一教会は色々変な噂がある分気味が悪いし、なんか宗教が政治をするのは憲法違反なんだけどそれもしかたないのかなと最近はかんじてましたが、やっぱり統一教会はいけないとおもうし、最近出てきた幸福の科学も気味が悪いです。新興宗教がやっぱり関わっていたのかとおもうと宗教の怖さを改めて感じます。宗教に頼りざるえない自民党は情けない限りです。

投稿: 愛ちゃん | 2014年1月 5日 (日) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58886898

この記事へのトラックバック一覧です: 性教育バッシング③男の子に排尿を教える教材もわいせつと:

« 性教育バッシング②没収された家族人形 | トップページ | 性教育バッシング④ジェンダーフリー教育もセットでバッシング »