« 性風俗について、これでお終いにします。 | トップページ | 性犯罪の被害者について。②被害を訴えるということ。 »

性犯罪の被害者について。①彼女へ、そして皆様へ。

以下、私の友人の産婦人科のドクターのFACEBOOKの転載です。


性犯罪の難しさ。。。

相当、萎えてます(T_T) 過日、4人の強姦で辛い目にあった

高校生、本人の勇気と、警察の御尽力によって、全員逮捕されたこ

とをご報告しました。
20日間の留置の上、検察庁の判断に委ねることとなったのですが

、「証拠不十分」と、棄却、何の処罰もなく、釈放されました。
昨日、その報告も兼ねて、本人が来院し、知ったのです。おまけに

、彼らは本人の近所に住んでいますから、仲間にあとをつけられた

り、ネットやツイッターで、彼女の実名をあげて、彼女のいうこと

は全て嘘、ないことないこと、誹謗中傷してるそうです。
私は悲しみと怒りで、担当の刑事さんにすぐに電話したのですが、

「逮捕までは一生懸命してますが、そこから先は法の世界にまかせ

ないといけないから、なかなか性犯罪は、証拠が不十分で、実刑に

ならないことが多いんです。」と言われました。
先日のセミナーでも言われてましたが、被害者への偏見(夜、出歩

いてる貴女が悪い、そんな恰好をしてるから。同意の上だろう。な

ど。)が、まだまだあり、(まさかそんなことはないと思うのです

が、本人が検事さんに、「あまり辛そうな顔をしてないじゃないで

すか。」と言われたと泣いてました。)警察に、辛い思いの中で、

勇気をもって告訴したら、結果、二重、三重の苦しみを味わってい

ます。
性犯罪に遭い、涙する女の子たちに、どう寄り添っていいか、解ら

なくなっています。



 このドクターの発信を読んで、ずっと考えていました。多くの方がこの記事に対してコメントを寄せています。許せない!怒りでいっぱい!というのが多いのですが、彼女に寄り添ってあげて、というのもあります。ドクターは、その後も彼女とコンタクトをもちながら、支えようとしています。

 でも、私は、それだけではいけないのではないかと思っています。

 この事件については、新聞にも載って、公にされています。被害者が、この事件によって、どんなにしんどいことになったか、これはそのドクターから直接聞いてもいます。

 私も数多くの性犯罪の被害者に出会っています。でも、ここまで本人が頑張って、そして、結末がこんなこと、というのは初めてなのです。

 放っておいていいのだろうか、何かをしないと。そんな思いで、いろいろと人に尋ねもしました。そして、何かが出来そうに思います。

 そのことを、こうして彼女の事件のことを公にしていいか、そのドクターを通じて、被害者に尋ねてもらいました。

 彼女は、その後も続く、加害者や無責任なネット上に飛び交っている流言飛語に傷ついています。そして、これをぜひ多くの人に訴えてほしいとの思いが伝えられてきました。

 彼女はひどく傷ついています。まず、それについて、多くの人に知ってもらうこと。だって、今、加害者側からの攻撃ばかりがなされていて。私は、まず彼女にそのようなネットを見ないように言いました。何が書いてあるのか、見たい気持ちはよーくわかりますが、でも、見れば見るほど傷ついてしまいます。それは、私の経験からもそうなのです。つらい出来事があった上で、さらにこのような追い打ちに襲われている、あまりにしんどくって、高校生の彼女一人で耐えられることではありません。

 地域を特定することもしません。

 この事件について、私は次回からこのブログで私の疑問などを書きます。皆様と共に考えていけたらと思います。

 ご意見や被害者に対するメッセージなどがありましたら、よろしくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 性風俗について、これでお終いにします。 | トップページ | 性犯罪の被害者について。②被害を訴えるということ。 »

コメント

セカンドレイプというやつですね。
法律論の難しいところは,同意がなくても,犯人が同意があったと思っていると故意が阻却されてしまうところです。
何らかの法整備が必要なところだと思います。

投稿: もみじ日記 | 2013年12月17日 (火) 00時51分

先生、昨日から色々気になって仕方の無い事を、私のパートナーとも喧々諤々しています。
結局、警察や裁判所が被害者を助ける機関として機能していないというか、
犯罪を犯罪と認める事が出来ない、裁けない役所って、
犯罪を生み出す事に加担、、、は語弊がありますが、
助長していませんか?

机上の空論はさておいて。

被害者の彼女へ。
私はあなたの傷ついた心に寄り添い、悔しさを受け止め、あなたを守りたい。


なぜこのような事が繰り返されるのか。

性犯罪、誹謗中傷、二次レイプ、逆上逆恨み、第三者の言葉の暴力や自己顕示力、机上の空論、ディベートという喧嘩、曲解、自分の理屈、理論、立場を正当化するための捏造。捏造の流布、盲信、鬱憤バラし。

どうやら当事者を、「厄介事を持ち込む自分とは関係の無いもの」として、
自分以外は理解する必要の無い蔑むべき他者。という意識で接する以上
ずっとずっと無くならない事柄なのだと思います。

現在の社会は、利益と力で成り立っています。
事実かどうかはどうでもいい愉快で刺激のある下品なコンテンツが大好物でブクブクに太った、
気持ちの悪い私やあなた(これを目にしている人々)がこの現実の社会の一部である事を自覚して、自分の満たされない幼い欲求を他者に裏返してぶつけて、
これで、あなたも私の不快な気持ちを味わえばいい。

と、そういう行動を衝動的に起こして騒ぐ人に、
乳を与える優しい母親も、叱ってくれる父親も顔を背け、
私は他者です。としか言いません。


きっと先生はレイプ犯が医療行為を求めたら受け付けると思います。
私は怒りに震え、手が滑ってしまうかもしれません。

でも私は安易な行動はしないでしょう。
ただ、私が判断を誤ったり軽率な行動を取ると、
優しく厳しい人の目が手が狂気や暴力に変わってしまうでしょう。

私はその連鎖に身を置く事はしません。
自分の身を自分で守る知恵と方法を見付け行動します。

私は幸い、私を信じて抱きしめてくれる存在に出会いました。
きっと気持ちの悪い行動を安易にするような人間になったら、
もう抱きしめてくれる手も体も失ってしまうでしょう。
私はそんな人間には成りたくない。

投稿: 一般男性(42) | 2013年12月17日 (火) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58765055

この記事へのトラックバック一覧です: 性犯罪の被害者について。①彼女へ、そして皆様へ。:

« 性風俗について、これでお終いにします。 | トップページ | 性犯罪の被害者について。②被害を訴えるということ。 »