« セックスワーカーをどう考えるか。 | トップページ | 性風俗について、これでお終いにします。 »

私は女の学者さんが嫌いです(偏見です)。

 ここの所の私のブログ、沢山のクリックがあってびっくりしていました。その理由を教えて下さった方、ありがとうございます。いろいなサイトでこのブログが取り上げられて、かまびすしい・・・。それを一生懸命読むと、疲れます。傷つくから読まない方がいい、それは、これまでに培って来た私の防衛術でもあります。

 この11日水曜日、12日木曜日の二日は、大分への車での大移動で、人の文章は読む時間もなく、自分のブログを書くだけで精一杯でもありました。

 しかし。hatenaで、私のつたないブログに、変な反応をしている人がいました。ふーん、いろいな取り方をする人がいるものだと、その時はそれで終わっていたのですが。

 まあ、その人が、びっくりのすさまじい反論を書いていらっしゃいました。実は、その人への批判を書いている他の人の文から先に読んだもので。何だろうとそのリンク元の文章を読んだら。そのhatenaで変なことを書いているその人の「論文」でありました。

 それはそれはすさまじく・・・。それも、私のこのつたない文章をどう読んだのか、まったくの勘違いで。それにしても、これだけの大論文を書くには、相当な労力だろう。いったい何の仕事をしている方なのかと、そしてまたびっくり。hatenaで見た時に、私はこんな反応をする人はきっと男だという偏見がありました。でも、実は女性でした。それも、やっぱり。女性の学者さんらしき人でした。

その文章は、ここに あります。

それへの批判の文章は、ここと ここに あります。

 このお二人がしっかり批判して下さってありがたいことですが。

 女性の学者さんへ。

 私は、私のクリニックに来る患者さんたちを怒ることはいたしません。風俗で働くことをやめよと言うこともありません。彼女たちが生き延びる(まさに命そのものを生き延びることです)ために、寄り添っているだけです。性感染症に罹っていれば、それを「怒る」のではなく、「嘆き」ます。何とか、コンドームを着けることができないか、相手に知られないように着けられないか、(それは、口でつけるレッスンも含めて)コンドームがダメでも、せめて妊娠を防ぐためにピルを飲みましょうと、懸命に話す私の話は良く聞いてくれます。

 彼女たちだって不安なのです。いやな思いだって、散々してきています。そんな彼女たちに必死で体を心配してくれる大人に出会うことは、あまりないのかもしれません。

 だからこそ、彼女たちは私の所に来るのだし、自分だけでなく、仲間を連れてきます。私が「風俗で働くことを怒っている」との大前提で展開している学者さんの大論文は、そもそも前提が違っているのです。でも、そう受け取られる私の文章力のなさが原因かもしれません。

 しかし、ここまで私を攻撃するそのエネルギーは何なのでしょう?

 学者としてのプライド?私は机上の空論ではなく、地べたを這うようにして、実践する単なる町医者です。論文でやり合うほど暇な人間ではありません。暴力団とやり合ったり、裁判に訴えたり、保健センターや役場に行ったり、診察室の中だけでははみ出してしまって、時間がいくらあっても足りません。

 毎日のいっぱいいっぱいの生活の中で、それでも毎日書くブログは、私の癒しに過ぎません。そんな、火になって攻撃されるような筋合いのものではありません。

 私は(takemoto666さん流に偏見いっぱいで言いますが)、女の学者さんが嫌いです。フェミニストだか何だか知らないけれど、自分が一番偉いみたいな、自分のテリトリーを侵そうとするものは許さないみたいな、そんな偏狭さが嫌いです。

 ああ、またか、と思いました。もうずっと前、それと同じ思いをしたことがあります。その時の私の傷は、今もズキズキと残り続けています。それは、ここに 書いています。まだ、ブログを初めて間がない時の、口調も今と全然ちがいますが、読んでみて戴けると嬉しいです。

 そこに書いている、もう、27・8年前のその出来事は、その後の私の人生を決めてしまうほどの大きな出来事でした。私を支援したいけれど、その大御所の方に逆らうことはできないのよ、ごめんなさいと電話をくださった方もありました。今、その大御所が大活躍していても、私はそっぽを向いています。

 今回の小松原という人は、その時の事と比べれば、こうして私が反論をするほども無い、無視すればいいのかもしれないほどの人です。だって、1982年生まれって、私より35才も若くて、私の娘よりももっと若い人。一人のツッパリさんとみれば、かわいいものなのかもしれません。私は、貴方より、うんと長く生きています。いろいろな修羅場をくぐりぬけて。少なくとも、「学問として、研究材料として」女性たちに向き合うつもりは全くないということだけは言っておきましょう。

 しかし、これから性犯罪の被害者について書こうとしている私に、きっとまたあれこれ言うのだろうなと思うと、書く気も失せそうです。でも、私が書くことを待っている被害者がいます。彼女のためにも、頑張ってかかなければ・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« セックスワーカーをどう考えるか。 | トップページ | 性風俗について、これでお終いにします。 »

コメント

先生。おはようございます。
枯れ枝の桜に青い空が映える日ですね。
枝先にも新しい生命が宿っていて春の準備をしていて強さをもらっています。

私は 河野先生は一つの美しい地球のような天体に見えます。
先生自身が一つのコスモスなので その星の重力や美しさに引き寄せられているのかな?と思います。

先生の本から ブログから何かを思う人はきっと・・・
天文や宇宙を探るのような気持ちなのかなあ?と私は思います。

先生からの学びは多いので 私は唯々
先生は先生であって欲しいです。

先生はこれからも 唯一 先生であってほしいです。

投稿: 雛菊のかあさん | 2013年12月14日 (土) 09時02分

滅多にお目にかかれないほどひどく貧しい読解力で
先生が仰っていない言葉まで付け足して立てる論理は
反則ですけどね。

投稿: ⑦パパ | 2013年12月14日 (土) 09時29分

毎日読んでおります、これが間をおいての3回目のコメント・・だとおもいます。

雛菊のかあさん、⑦パパさんのおっしゃるとおりです。
お疲れになることでしょう、、けれど、そういう人には 実のところ、どんなに誠意を尽くし、言葉を尽くして話したところで、ほとんど何も通じないようにも思えています。
腹立たしくも情けなくも思いますし、哀れにも感じますが、人間の想像力なんて、ほんっとにちっぽけなもの。相手の立場になって、といったところで、どんな人も 誰の立場にもなれませんものね。

だからこそ、思いやる、考えてみることが必要なんだと思いますが、自分が思ったことから、考えもなくどんどん相手を言い負かしたいがためのように、言葉を並べ立てる幼稚さは、どの世界でも現場を知らない人には、よくあるタイプのように思います。

彼女がたくさんの経験をして年を経たとき、先生のなさっていらしたことを、そうなのか・・とわかるときが来るように、祈ります。

先生、お体を大切になさっていらしてくださいね。
いつも 応援しています。

投稿: 東のひつじ | 2013年12月14日 (土) 11時22分

先生がおっしゃっているようなことを
性風俗で働く女性を見てきた友人が言っていました。
水際で多くの女性を救ってきた先生でなければ
書けないことだと思います。

高みから邪推して認識の誤った批判など
クソくらえです。

投稿: nancy | 2013年12月14日 (土) 13時07分

批判も多いと思いますが、応援しています。
これからも頑張ってください。
心も含め、どうぞお身体に気をつけてください。

投稿: ふるかわ | 2013年12月14日 (土) 13時22分

女性は性を売ってでも、生きていきます。
戦いに敗れた男は、引きこもりになるか、ホームレスになるかしかありません。
売るものがないのです。
「さらば、悲しみの男(性)」?

投稿: 男性 | 2013年12月14日 (土) 15時00分

私は1回だけ先生の診察を受けたことがあります。
さばさばした方だなという印象で、妊娠の判定を
いただき、それは嬉しかったのですが、
「おめでとう」「よかったですね」という言葉
がかけていただけると思っていたので、
「子宮ガンの検査は?してないならしておくわね」と
そっけなく言われたのがショックでそれきりに
なってしまいました。「いきなりガンって・・?」

それから何年も経って友達に誘われ、先生の公演を
聞く機会があり、このブログのことを知り、それから
ずっと読ませていただいています。

正直、「女性は女性に対して厳しいのだ、それは
医師でもいえること」という印象を持っていた私は
先生がこれだけ身を削るように女性の、それも
弱い立場の女性のために力を尽くされていることを
このブログでやっとやっと知ったのです。

辛い環境で毎日を過ごしている女性たちを救って
あげたいのに救えなかったり、気持ちが伝わらなくて
歯がゆかったり、日々抱えている先生の気持ちを思うと
本当に頭が下がります。養子縁組までお世話なさって
いたなんて。私は初産だったのでナーバスに
なりやすかったとはいえ、なんて甘ちゃんだったの
だろうと思うのです。先生ごめんなさい。

そして今もなお精力的にたくさんの人を救っている
先生を尊敬しています。どんなに素晴らしい活動を
されていても誹謗中傷してくる人は必ずいるものです。

どうぞさらりと受け流して前へお進みください。
人を助けるのはパワーがいることなのです。
こんなことに奪われないでください。
読めば誰がまっとうで人を救っているのかはちゃんと
わかります。

先生、これから寒さが厳しくなりますがお体
ご自愛くださいね。先生のブログを読んで
コストコ会員、なりました(笑)

投稿: クボン | 2013年12月14日 (土) 21時01分

読んでいて、たいぎかったです。
誰に向けて書かれているのか、よくわかりませんね。
対象になっている人は蚊帳の外で、まるでオタクものに思えました。
自分を誇張するための記事なのかも。
河野先生は、ここに書かれていることを、ネットで検索をしてくるかもしれない若い人達に読んで欲しいと思われて書かれているのでしょうね。
あの人の書き方は、まさにマスコミの手法ですね。
自分に都合のよいものだけを取り上げて、自分の考えや意見を主張するために利用しているだけのようです。
まあ、相手にする必要はないですね。
もしいいことがあったとすれば、このブログを読んで、あの人と違った思いで読まれた人が多くいるであろうことですね。

投稿: やんじ | 2013年12月14日 (土) 21時45分

> しかし、これから性犯罪の被害者について書こうとしている私に、きっとまたあれこれ言うのだろうなと思うと、書く気も失せそうです。でも、私が書くことを待っている被害者がいます。彼女のためにも、頑張ってかかなければ・・・。

加害者の代理人も被害者の代理人も務める私はぜひ参考させていただきたいと思っております。

私も机上の空論ではなく、地べたを這うようにして、実践する単なる街弁です。
論文でやり合うほど暇な人間ではありません(笑)

投稿: もみじ日記 | 2013年12月14日 (土) 23時35分

久々に来てみたら びっくり!
 いいお話をシリーズで書いてる最中に横やりが・・・
 なんで批判するのかな?

って感じました
 (批判ブログ斜め読みしましたが・・・ 何がいいたいのやら?って論点がこのブログと乖離してる気がしています)
 河野先生の書かれたシリーズは 現実に起こっていることを書いてあるから価値があると思っています
 知らないために起きた悲劇
  知識のなかったために起きた悲劇
その悲劇を防ぐためには
、 わが子に降りかからないようにするためには親としてどんな教育をすればいいのか?
 それを考えさせられています
 そういう読み方じゃ いけない記事だったんだろうか?
  

投稿: はるめ | 2013年12月15日 (日) 23時55分

すいません。
BLOGOSで取り上げられていたので驚いて記事にしてしまいました。
先生が読まれる必要もない文章でした。
リンク貼らなければ良かった・・・。

それにしても読解力のない学者さんっているんですね・・・。
文章が正確に解釈できなければ研究もできないでしょうに・・・。

本当にすいませんでした。

投稿: 橋本クリニック | 2013年12月16日 (月) 13時04分

性風俗に従事している方のお話を聞く機会が多い立場にいます。定期的に検診を受けさせるお店に勤めている女性の話が忘れられません。「検診を受けさせてもらえるのだから、私は条件が良い方。でも、私は道具なの。心を持ってたら出来ない。何も考えないで流されて行くしかない。それを続けていたらいつも心が死んだようになって体は健康だといわれてもだるい、仕事がないときもじっとしている。結局精神科に通うようになってしまった。でも仕事はやめられない。私にはこれしか出来ないから・・・。」溜息のような声で言われました。何も言えませんでした。何も言えない自分が嫌で、彼女の置かれたような状況があるということが腹立たしく、そこで働く女性に自分は道具と感じさせる男性も悲しくてやりきれない思いでした。河野先生のブログを読んで元気を頂いています。読みやすくわかりやすく先生の想いがストレートにこちらに届きます。先生が楽しいときも怒っている時も哀しんでいる時もいつも共感します。小難しい大論文は読みにくく何も伝わりません。こんな人時々いますよね。この方に話を聞いてもらった人は研究材料にされただけのような気もします。それも悲しいですね。とにかく自分の置かれた立場で最善を尽くすこと。(病気や妊娠の予防もふくめて)それは私も、性風俗で働く女性も同じこと。

投稿: えこ | 2013年12月16日 (月) 14時48分

先生のおっしゃること、全面的に同意します。だからこそ、先生の反論の切り口に非常にがっかりしました。

この学者さんが先生のブログに反発されたのは、「学者としてのプライド」を傷つけられたからなのか、「自分のテリトリーを侵そうとするものは許さないという偏狭さ」からなのかは分かりません。学者さんが先生に対して「風俗で働くことを怒っている」と決め付けているように、先生も学者さんの反論の動機を決め付けてしまっているように感じました。

そして学者さんの年齢を理由に「取るに足らない若輩者」と読み取れるような描写をされたことも非常に残念です。わたし自身、仕事の上で若い女性であることを理由に軽視され続けてきた悔しさが思い出されます。

文句ばかりになってしまって申しわけありません。学者さんに同意するものではないのです。ただ、この方をバカにするような反論の仕方(コメント欄では加速しています)に納得がいかなかったのです。

投稿: | 2013年12月17日 (火) 04時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58752452

この記事へのトラックバック一覧です: 私は女の学者さんが嫌いです(偏見です)。:

« セックスワーカーをどう考えるか。 | トップページ | 性風俗について、これでお終いにします。 »