« 「CNBLUE」 | トップページ | 「性風俗で働くということ」その2. »

ああ、遅かった!!性風俗で働くということ

 この頃、あまり患者さんに関わることは書いていません。プライバシーにかかわること、もちろん名前が特定できるようなことに気つけることは当然ですが、その内容について、どこまで語ってもいいのか、線引きがなかなか難しいということが理由です。

 でも、産婦人科医療の現場で起こっていることを世間の人は知っていない!!必死で性教育の必要性を訴えても訴えても、社会は知らんぷりなのです。

 今日は書きます。

 風俗で働く女性たち。もちろん、圧倒的に若い女性たち。あまりに無防備なのです。

 今、プロのセックスワーカーと、素人の女性たちとの線引きも難しくなりました。

 どうしてこんなに簡単にこの世界で働けるの?と思うほど、風俗で働く女性たちが増えています。大学に進学して広島に出てきてすぐにデリヘルで働いている女性たち。まだ18才で、どうしてこんなことか出来るの?と言うほど無防備です。

 いえ、18ならまだ大人? でしょうか。以前少し話したことがあるかと思いますが、まだ幼い女性がこの世界に入りこんでしまうこともあります。「援デリ」ですね。援助交際とデリバリーヘルスの合体したもの。

 プロとしての意識や、危険から身を守る知恵などがないままです。まだそこまで成熟していないし、それに経営者からの指導もありません。

 当然の如くの性感染症、妊娠・・・。

 今、17才の高校生の病気歴です。15才から私の所に通っています。

性器ヘルペス、クラミジア、トリコモナス、再度クラミジア、ヘルペス再発、またまたトリコモナス・・・・。

 その度に私は怒ります。こんな無防備なことをしていてはあなたの体がダメになってしまう、と。

 まだ学校に行っていることが救いではありますが。

 別の若い女性です。

 やはりデリヘルです。トリコモナスとクラミジアの同時の病気で通っています。ヘルスは本番がないことになっていますので、コンドームを使うこともありません。使わなければ病気から守れない、と言っても、本番がないことになっているので、コンドームを用意することができないと言います。結局無防備なのですね。

 その彼女に、病気だけではない、妊娠も心配だから。こんなことを続けていたら、妊娠するよと強く警告し、ピルを勧めました。少なくとも、妊娠だけは防がなければ、と。次の生理が来たらピルを飲みましょうと、ピルについての説明の本も読んでもらい、私からの説明もし、薬も手渡しました。

 そして、トリコモナスの治療に通って来ていましたが、「生理が来ないから、ピルも飲めない」と言います。えっ?まさか、と検査をすると妊娠していました。ああ、遅かった!!せめてこの前の生理からピルを飲んでいればこの妊娠は防げたのに。

 相手は誰だかわかりません。客の誰かだと言います。中絶の同意書はどうするのか、お店の人と相談しなさいと私は言いました。

 さすがにがっかりして、いったい私は何をしているのかと無力感に襲われました。

 中絶のお金がないと、結局相手が分からないままに、赤ちゃんを産んだ女性もいます。

 いえ、妊娠や性感染症だけの問題ではありません。「命」にかかわることでもあります。密室に二人っきりになるということは、命を危機にさらすことでもあります。

 殺されてしまった女性もいます。警察に協力をした時に、そのまだ幼い顔を見てとってもかわいそうでした。同時に「彼女はこんな危険な仕事をしているということが分かっていたのだろうか」とも思いました。

 昔から性を仕事にしている女性たちはいました。今に限ったことではありません。でも、今ほど無防備なままに何も指導もないままに、多くの女性が危険に身を置いている、こんな時代はなかったのではないかと思います。

 もう少し風俗の話をしますね。

1 2

 久しぶりに「333」のホルモン鍋を食べに行きました。煮ると真っ赤になります。辛いけれどやっぱりおいしい!ほかにちぢみやキンパも食べました。うーん、満足。



 
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「CNBLUE」 | トップページ | 「性風俗で働くということ」その2. »

コメント

先生のご指摘まっとうな話だとおもいます。ただ、実は私もある時期まで昼間の仕事が不安定雇用で夜も働かないと食べていけなかった雇用条件ではなかなかむずかしいと感じます。今は介護福祉士一本で働いていましたが、STDに感染してなかったことは幸いですが正直実は全く別な意味つまり妊活で産婦人科にかようことになり初診日に血液検査をして合格したからよかったものの長く勤められないなとおもいます。また女性が安定した職、給料が男性並みに働ける職が全くない、普通のアルバイトじゃ猫のひたいほどでは暮らせないから問題だとおもいます。自分は奇跡だったとかおもってますが危なかったとおもいます。また若い時代に不倫で中絶もしているので親にお金をだしていただいた時は親には恨みましたが、あの時お金をだしてくれたからこそ今の主人にあえ、妊活に全身全霊を捧げ、来月移殖ですが本当に今まで親に心配かけたこと反省しながらも二度と風俗業には戻らないとおもいます。また本当に妊活で産婦人科に通いだしたとき正直に先生には言えなかった腹立たしさや後悔があるからこそ頑張ってます。本当にやっぱりリスク覚悟でやるのは間違いです。大人になった今高い月謝だとおもいますが本当に危なかった本当に今風俗業界にいる方リスクを考えてほしい。今はなにもかもありがたいの一言です。

投稿: あいちゃん | 2013年12月10日 (火) 10時07分

>17才の高校生の病気歴です。15才から私の所に通っています。

警察や児童相談所等へ通報していないのでしょうか?

投稿: | 2013年12月10日 (火) 21時57分

みんな感染症にかかるまでみんなかかるとは思ってないし、父親不明の子どもを妊娠や中絶するとは思ってないましてや、大人になると自分は自力実力で妊娠しにくくなるとはまったく思ってないからいけない、風俗業界や不倫や妊活までしてきがついたのはデメリットしかない。デメリットの代償を自らこれからしようとする前に考えていたらこんな遠回りにならなかったのはたしかです、正直十代や二十代のお嬢様にはなすべきではないが、親の信用妊活し、胚盤胞五分割までいって親からの信用取り戻しました。信用取り戻す期間はきつかったし、ないたこともあるが、二度と若いお嬢様たちに経験してほしくないだからこそ真剣に人生をおくってほしいから風俗業界にいかないでほしい。

投稿: あいちゃん | 2013年12月10日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58730426

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、遅かった!!性風俗で働くということ:

« 「CNBLUE」 | トップページ | 「性風俗で働くということ」その2. »