« ヘイトスピーチ・京都地裁の判決に思う。 | トップページ | 兵庫での講演。 »

教育と人を差別すること。

 姜さんの講演のまとめを姜さんの語り口調で書いていいのか、私が私の口調でまとめとして要約を書くべきではないかと、今さらなのですが、そう迷っています。すみません。続きは、もう少しその作業ができてからにさせていただきます。ごめんなさい。ちゃんと責任を持って、しっかり要約をお伝えします。その作業の時間が必要です。

 その替わり、なのですが。人を差別することの悲しさ、醜さ、寂しさについて。もう、話したことがあるかもしれませんが。

 以前、17才の少女が赤ちゃんを産み、でも育てられなくって、養子縁組のお世話をしたことがあります。でも、その赤ちゃんを特別養子として迎えることになっていたご夫婦の、親戚の方から反対があり、それも、とてもいやな言葉での反対で、中止になりました。この夫婦がダメなら、ではその次の人に、と、心の準備をしてもらう時間もなく、いきなりするのは、まるで赤ちゃんを物として扱っているような、そんな思いになって、赤ちゃんは、児童相談所にお願いして、乳児院にあずかってもらっていました。

 そんな時、一組のアメリカ人のご夫婦が養子を迎えたいと来られたのです。児童相談所に相談に行き、その紹介で、私の所に来られました。そのご夫婦は、すでに一人の中国人の赤ちゃんを養子として迎えており、もう一人日本の赤ちゃんを、ということだったのです。お二人とも、広島の大学で英語を教えておられました。

 私は、その時、乳児院にいるその赤ちゃんのことを話しました。事情をお話しした上で、私は

「乳児院に会いに行って下さい。とてもかわいい子ですよ。」

 と言ったのです。とてもかわいい女性が産んでいて、赤ちゃんも、とってもかわいい子だったのです。そしたら、そのご夫婦が、

「私たちは、ウエルエディケーティッドの人間だから。どんな顔であっても、どんな皮膚の色であっても、どんな生まれ方をしていても、かまいません。ただ、親に育てられない子がいれば、それで十分です。私たちがちゃんと育てます。会いに行く必要はありません」といわれたのです。

「ウエルエディケーティッド」、「良く教育された」人間。よく教育された人間は、差別意識を持たない。そう言われたのですね。

 マイッタなあと思いました。それならと、すぐに児童相談所に連絡しました。そして、実のおかあちゃんと、その母親、赤ちゃん、そしてアメリカ人のご夫婦が会う場を児童相談所の中に設定して戴き、そのままご夫婦が赤ちゃんを連れて帰られました。さりげなく、まったく普通の親子のように。

 そして、特別養子縁組の手続きに入りました。その手続きのためにお家を訪問した時に、お父さんと二人の子どもがぐっすりと寝入っていました。微笑ましい姿でした。長い時間を経て、養子縁組も成立し、何年か経ち、ご夫婦が二人の子と共に、クリニックを訪ねて来て下さいました。子どもたちは、英語も日本語も両方、まったくネイティブにしゃべり、じゃれ合って、キャッキャッと実に楽しそうでした。

 私の頭には、「私たちは良く教育された人間だから」という言葉が刻み込まれています。

 人権教育が、平和教育や性教育と共に後退しています。ヘイトスピーチをする若者たち、それから、ブログの世界でも見かけますが、彼らがどんな教育をされてきたのか、少なくとも、学歴の問題ではなさそうです。

 パソコンと、i Padの調子が悪くって、何度もエディオンのサポートに行きました。やっと昨日何とかなったかも。そしたら、届いていなかったメールがドサドサと入って来ました。20日分です。びっくりです。大切な連絡もあって、うろたえています。

2  今日は、私は兵庫の北の方の学校に講演に行きます。日帰りです。

 昨日のポスターに続いて、先日の松江で見た兵庫のポスターです。かわいくって、おいしそう。次々とタレントを使って、多分ギャラがかかると思うけど、おしい!なんてやっている広島県のポスターを見て、どれだけの人が広島に行ってみたいと思うかなあ、と・・・。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« ヘイトスピーチ・京都地裁の判決に思う。 | トップページ | 兵庫での講演。 »

コメント

>ヘイトスピーチをする若者たち、それから、ブログの世界でも見かけますが、彼らがどんな教育をされてきたのか、少なくとも、学歴の問題ではなさそうです。

優秀な大学の学生さんがTDLやUSJで迷惑行為を行って検挙される時代ですからね。
学校,親,延いては社会や国という全体の責任でしょうか。

投稿: もみじ日記 | 2013年10月10日 (木) 16時19分

大人の学力調査で、日本は首位になったそうですね。
教育はとても大切ですが、どんな教育かで、たとえ十分に教育されていたとしても、全く違ってくるでしょうね。
今のように、徒競走ではみんなで一緒にゴールするとか、なんでも皆が同じなのが良いという教育をしていたら、皆と違った人は間違っていることになるでしょうね。それは差別を生む教育になるのではないでしょうか。

投稿: やんじ | 2013年10月11日 (金) 06時17分

はじめまして。2012年8月21日の投稿を拝読し、質問させて頂きます。約半年後の入試と生理が被らないようにしたいのですが、生理の周期が不規則です(生理があった日はメモしてあります)。それでも確実にずらせるよう、対策することはできますか。

投稿: まり | 2013年10月11日 (金) 06時36分

まりさま
お返事が遅くなってすみません。不規則な人ほど、調整は必要で、簡単なことなのです。早めにお近くの産婦人科に行って、相談して下さいね。いまから対応すれば、大丈夫ですよ。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年10月18日 (金) 08時27分

もみじ日記さま
学校教育の中で、人権をしっかり教えることも大切だと思うのですが・・。今は、それが薄れています。私たちの頃は、中学でしっかり教えて戴きました。部落差別など、如何に理不尽な物であるかと言うことを。大人になってからも、当時の教育は、私の中でしっかり生きています。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年10月18日 (金) 08時30分

やんじさま
みんな違ってみんないい。この教育ですよね。でも、ほんとうにみんなで手をつないでゴールする徒競走をさせる学校がありますか?彼らのでっち上げた宣伝ではありませんか?こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年10月18日 (金) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58355337

この記事へのトラックバック一覧です: 教育と人を差別すること。:

« ヘイトスピーチ・京都地裁の判決に思う。 | トップページ | 兵庫での講演。 »