« nancyさんの歌声 | トップページ | 「My Way」競演です。 »

「東京オリンピックプレゼンテーション」について。

 東京で2020年のオリンピックが開催されることが決まりました。

 私は、スポーツ観戦が好きで、いつも夫とチャンネル争いです。柔道をしてきた夫は、スポーツは人がするのを見るものでなく、自分でするものと言い切っています。

 7年後も生きていれば、きっと私はオリンピックは、あちこちチャンネルを回しながら見続けることでしょう。

 私は、招致の最終プレゼンをリアルタイムで見ていました。全体として、日本のプレゼンはとてもよくできていました。完璧でした。どなたが、演出をしたのでしょう。各役割が決まっていて、一人ひとりがその役割を堂々とこなしていました。

 しかし、「ええっ?」と思ったことがいくつかありました。いえ、決して水を差すわけではありません。でも、立派に五輪を終えるためには、いくつもの課題があると思います。

 まず、滝川クリステルさんのお話しは、美しい笑顔一杯で、多くの方が好感を持って見た事でしょう。「おもてなし」の心。


 これを聞いていて、私は「東京の新大久保」はじめ、関西や8.6.の広島でも繰り広げられている「○○人をぶっ殺せ!!○○人は国に帰れ!!」と叫ぶデモ行進。ヘイトスピーチをどうするの?と思いました。

 多くの国で、「人種差別撤廃条約」を批准し、国内にヘイトスピーチを禁止する法律を作っています。(ドイツ・カナダ・オーストラリア・ベルギー・ブラジル・デンマーク・フランス・アイスランド・インド・ヨルダン・オランダ・ニュージーランド・ノルウェー・ポーランド・セルビア・シンガポール・スイス・スウェーデン・タイ・・・)日本では、表現の自由との兼ね合いで、このヘイトスピーチを放置していますし、他国でも報道されています。

 おもてなしの心でお客様をお迎えします、という一方で、特定の国の人だけを「ぶっ殺せ」などという、この国のことを首相はどうするの?と思います。

 安倍首相のプレゼンと、その後の質問に答えるのを聞いて、びっくり仰天しましたねえ。ええっ!?私は知らなかった、そうだったの?まさか、一国の首相が、あんな国際的な場で、堂々とウソを言うとは思わなかったので、「汚染水は0.3平方キロ以内の港湾内に完全にブロックされている」という発言にビックリしたのです。

 「近海でのモニタリング数値は、最大でもWHOの定めた水質ガイドラインの500分の1以下だ」というのに至っては、もう何のことやら、すっかり私の頭は混乱しました。

 福島原発については、アンテナ高くして、さまざまな情報をあさっている私が知らなかった!!

 本当に混乱しました。「完全にコントロールされている」と言っても、福島県漁連の方たちが抗議と要請をしたのは、つい先日ではなかった?「 健康に対する問題は、これまでもこれからも全くない」ええっ?では、どうしてまだ15万人もの人たちが避難生活を余儀なくされているの?

 「子どもたちは、サッカーボールを追って走り回っている」と言っても。すっかり今は汚染「水」に目が向けられていますが、除染が進まない今、福島の空中の放射線濃度は未だに高く、多くの子どもたちは、外遊びはできないでいます。

 「ヘッドラインを信じるな」と言われた日本のマスコミの人たちは、自分たちに向けられた侮蔑に気づかないのか、と思うほど浮かれ切っています。

 もうこれ以上福島の人たちを傷つけてほしくないと思います。

 多くの人がすでにネット上で首相に疑問を呈している今、私の今日の文は、全く感情的なことだけに終始します。私の胸は、重いままでいます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« nancyさんの歌声 | トップページ | 「My Way」競演です。 »

コメント

広島オリンピック招致検討をやめたことが今更ながら残念です。
もし国内の招致レースに敗れても、東京オリンピックに深く関わり、全く違ったものになると思います。

松井市長では無理だとは思いますが、次の市長はもっと東京オリンピックに関われるような人を選びたいものです。

投稿: ゲンカン | 2013年9月10日 (火) 08時23分

一国の首相が「安全だ」と言えば,何も知らないIOC委員は信じるに決まっています。
見事なはったりでしたが,日本国民は騙されてはいけないと思います。
果たして7年間で解決できるのでしょうか?

投稿: もみじ日記 | 2013年9月10日 (火) 16時28分

決して「感情的…」ではありませんよ。むしろ的確で
冷静で良識な評論と受け止めました。今の福島周辺の
方々の苦しみや国民の不安をよそにしたあの発言に対しては「厚顔無恥」という言葉しか浮かびません。
国際舞台でのあの公言は、安倍と政権の今後の大きな
縛りとなるでしょう。私たちはそのことを忘れてはいけない、安倍総理が自らつくった「メルクマール」
(目標・物差し・指標)をきっちり見守っていきましょう。

投稿: 無冠の諦王 | 2013年9月10日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/58164014

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京オリンピックプレゼンテーション」について。:

« nancyさんの歌声 | トップページ | 「My Way」競演です。 »