« 福島の若い二人が参加します。 | トップページ | 眠れないままに。 »

被爆ピアノは「ミサコのピアノ」です。

ミサコの被爆ピアノ「8.6ヒロシマ平和の夕べ」での「被爆ピアノ」の演奏について。今回演奏される被爆ピアノは「ミサコの被爆ピアノ」です。

松谷みよこさんが、この被爆ピアノについて絵本を出されています。

 1945年8月6日、広島市千田町、爆心地から1.8キロの地点で被爆しました。無数のガラスが突き刺さりましたが、それでもピアノは生きていました。戦後、このピアノの持ち主、ミサコさんが親戚の子にせがまれてピアノを弾き、みんなで歌をうたっていると、石が投げ込まれたと、絵本にあります。

 ヤマハ製アップライトピアノ
 製造番号 18209
 製造年   1932(昭和7)年
 高さ    約120センチメートル
 重量    約220キログラム
 特徴     象牙鍵盤 良質な木材  85鍵(現在のピアノは88鍵)
               手作り

 なお、この時期は、被爆ピアノも矢川さんも大忙しです。先日の川岸の親水テラスでのコンサートで萩原麻未さんが引いたピアノは、かずこのピアノでした。当日、このミサコのピアノは、私たちの会で弾かれた後、すぐにマツダスタジアムに行きます。

 また、当日は、全盲のピアニスト、三浦裕美さんに弾いて戴きます。

曲目は、アラベスク第1番(ドビッシー作曲)
      いつでも何度でも(ジブリアニメ『千と千尋の神隠し』主題歌)
            長崎の鐘(古関裕而作曲)
      花は咲く(東日本だ震災復興支援ソング)
            ひろしま平和の歌(山本秀作曲)
ヒロシマ・ナガサキ・福島をつなぐ曲としてこれらの演奏をお願いしました。

 また、当日、昨年と同じように紀伊国屋のご協力で、このミサコのピアノの絵本や米澤鐵志さんの「ぼくは満員電車で原爆を浴びた」、またはだしのゲンの中沢啓治さんの「わたしの遺書」など販売を行います。

 皆様、どうぞ、一緒に楽しみ、怒り、考える会にしましょう!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 福島の若い二人が参加します。 | トップページ | 眠れないままに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57910404

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆ピアノは「ミサコのピアノ」です。:

« 福島の若い二人が参加します。 | トップページ | 眠れないままに。 »