« 出水工業高校での講演でした。 | トップページ | 「ヒロシマとフクシマ」の予行演習の日です。 »

「フクシマーヒロシマ自主避難」にご協力を!!

 これまでいろいろと取り上げて来た、福島の女性と子どもたちの広島への一時避難のプロジェクト。この夏にも沢山の方々から、広島に来たいという連絡が来ています。

 広島での一時保養には、「甲状腺などの健康チェック」がセットされています。福島で子どもたちの甲状腺がんが発生していることはご存じでしょう。

 そして、日本甲状腺学会の会員に、山下俊一氏から、ほかでは二次検査をしない様にという通達が来ていることもこのブログでも話しました。

Photo セカンドオピニオンが定着しつつある医療界で、「患者さんの求めに応じないように」なんて、大変に失礼なことを。これは患者さんにも、医師にも失礼な通達を出しました。(通達をクリックしていただくと大きくなります)

 でも、不安を持つ方たちの診療や検査をすることは誰にも止められることではありません。

 広島でも深刻な状態になった方たちの診察を大変に理解のあるドクターたちが続けて下さっています。

 これが口コミで広がっているのでしょう。広島への一時保養の希望が後を絶ちません。

 でも、これらのプロジェクトを引き受けて来た方たちにも限界が来ています。事故直後は、たくさんの行政や企業が援助して下さっていましたが、今ではほとんど打ち切られています。

 民間の人たちの善意で、細々と続けられていますが。経済的な問題は、皆様方のご協力なしにはできなくなっています。

ここに これらの活動をしているプロジェクトについて書いています。

915x1280
今、プロジェクトとしてあらためて、皆様へのご協力を呼びかけています。前回の春の保養の時には、皆様のご協力、ありがとうございました。それでも足りなくて、プロジェクトの方たちは街頭で募金をお願いしました。

 どうぞ皆様、福島の母子の夏の保養へのご協力、よろしくお願いします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 出水工業高校での講演でした。 | トップページ | 「ヒロシマとフクシマ」の予行演習の日です。 »

コメント

受け入れのためにお掃除も頑張りたいです。
オリンピックになどうつつを抜かしている場合ではない。

投稿: 姫野 | 2013年7月 6日 (土) 23時10分

いまだに福島から広島に来られたい方が多いとは・・・。
こちらでは震災が終わった感がありますが,まだ被災地では震災が終わっていないことを実感させられました。

投稿: もみじ日記 | 2013年7月 7日 (日) 00時24分

Facebookは作られないのですか。
そこでシェアーすれば、多くの人に広がりますし、twitterと連動させればより多くの人に広がると思います。
これまでの取り組みや、これからの事、カンパの振込先などが、わかりやすくなればと思います。
募金活動を何時どこでするのか等も。
もっと活動が多くの人に知れ渡ればいいですね。

投稿: やんじ | 2013年7月 7日 (日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57733021

この記事へのトラックバック一覧です: 「フクシマーヒロシマ自主避難」にご協力を!!:

« 出水工業高校での講演でした。 | トップページ | 「ヒロシマとフクシマ」の予行演習の日です。 »