« 「矢川ピアノ工房」びっくりしました。 | トップページ | お好み焼きようき屋本舗佐渡さん・東北支援 »

被爆ピアノ矢川光則さんのお父さん。

 今回の8.6.ヒロシマ平和の夕べで、被爆ピアノを持って来てトークをしてくださる矢川光則さん、もう広く知られていることと思いますが。

Dscn4878_1280x960 矢川さんは、広島の被爆二世です。でも、これまであまり父親の被爆については語られていないのでは、と思います。

 彼のお父様は、当時、広島の消防士でした。鷹野橋の消防所、今は移動していますが、当時は、今の派出所の隣のパチンコ屋さんになっている所にありました。そこで被爆。壊れた建物の下敷きになりました。片方の腕、肩を骨折しました。

 当時、消防士は、警察官と同じように、刀を持っていました。動く方の手で、その刀で、建物に穴をあけ、這い出したのだそうです。

Dscn4876_1280x960 その刀は、おうちに大切にとってあると。それを見せて戴きました。さびていますが、被爆当時そのままの、お父様の命を救った被爆刀です。

 矢川さんは、お父様からしっかりと戦争はいけないことを聞いて育ったと言われます。それが、被爆ピアノの活動の原点になっていることと思います。

 平和の夕べ、どうぞ楽しみにして下さいね。

 矢川さんの工房へは、他に四人のメンバーと一緒に行きました。彼らは、当日、さまざまな大学に行き、学生たちに平和の夕べのチラシを配って回りました。中の一人、中村さんは、浄土真宗の僧侶です。その僧侶の恰好で炎天下配ったものだから、本当に大変だったそうです。熱中症にならないように、気をつけながら配ったと。僧侶の恰好が良かったのか、学生たちは、みなさんよくチラシを受け取ってくれたと。中でも、仏教系の大学では、学生たちが、次々と「ご苦労さまです」と言ってくれたと。

 中でも、その一つの大学で思いがけない出会いがあったのだそうです。そこから、みんなの意志が一致して、お好み焼きを食べに行きました。そのお好み焼きやさんには、その出会いが関係していました。また明日お話ししますね。

 今日は、8.6.平和の夕べの最終の打ち合わせの会議です。今年もいい会にすべく頑張っています。どうぞ、沢山の方に来て戴けますように。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 「矢川ピアノ工房」びっくりしました。 | トップページ | お好み焼きようき屋本舗佐渡さん・東北支援 »

コメント

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://daisuke0927.seesaa.net/
http://daisuke0927.blog.fc2.com/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

投稿: | 2013年8月 1日 (木) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57834078

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆ピアノ矢川光則さんのお父さん。:

« 「矢川ピアノ工房」びっくりしました。 | トップページ | お好み焼きようき屋本舗佐渡さん・東北支援 »