« 教師を辞めて「たこ料理」 | トップページ | からだのガタ。 »

何もかもガタが来ています。

 昨夜は、クリニックの補修をお願いしました。内診室の床が傷んでしまっていたので。開業する時の建設会社の同じ方が駆けつけて下さいました。

 私は、補修が終わるまで、雑用をしながら居るつもりでしたが、いざ補修が始まると、それが面白くて。眼が離せませんでした。

Dscn4783_1280x960 Dscn4785_1280x960 痛んだ所をはがして、それより大きく回りを切って広げて。四角い大きなピンクの床材をそれに合わせて丸く切って張り付ける。

 職人さんの仕事というのは、動きに無駄がなくって、サカサカサカサカ、サッササッサ。手順がすっかり頭にあって、体が自然に動くのですね。かつ、きめ細かくって。動きが美しくって。

Dscn4791_1280x960 Dscn4788_1280x960 すっかり見とれてしまいました。

 二時間ほどですっかり出来上がりました。

 それにしても。開業からもう少しで23年になります。なにもかも、あちこちガタが来て。23年も経つと、当然ではありますが・・・。お金がかかります。

 動きがおかしくなった内診台は注文しているのですが、8月の終わりになると。動きが複雑な台が沢山出来ています。その分、高くなります。それに空調も。部屋ごとに天井に12台あって、室外機は屋上にある空調設備は大がかりなので、そうそう簡単に全面的にやり直すことができなくって・・・。期間もお金も大仕事になりますから。

 考えてみると、この23年は、私にとってはあっという間ではありますが。いろいろなことがありました。開業当時は生きていた両親も亡くなってしまったし。カーテンや白衣などを一手に引き受けてくれた義兄も、待合室や診察室のソファーや机、椅子などを引き受けてくれた義弟も亡くなってしまいましたし。

 診療でも、つらいこともいっぱいありました。

 まだピチピチに若かった私の体もガタが来るのは、当たり前だわなあなんて、工事を見ながら、つらつら思いました。

 私が住んでいるマンションも、築30年を過ぎて、いろいとメンテナンスをしています。このマンションの工事のことについても、お話ししたいことがあります。そのうちに・・・。

 今日は午後、広島市の男女共同参画推進センターの電話相談の相談員養成講座の講師をします。資料もすっかり出来上がって送っていて、準備万端なのですが。話したいことが一杯あって、二時間で納めることが難しくて、その方が問題なのです。そもそも、女性の健康という広いテーマを二時間でやることが無理というものです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 教師を辞めて「たこ料理」 | トップページ | からだのガタ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57673767

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかもガタが来ています。:

« 教師を辞めて「たこ料理」 | トップページ | からだのガタ。 »