« 昨日の講演会とNNNドキュメント、山谷えりこ氏。 | トップページ | 名古屋のスタッフはみんな明るい!! »

名古屋での出会い「高坂朝人さん」

 先日の名古屋での講演会では、さまざまな人たちとの出会いがありました。愛知だけでなく、岐阜、三重、静岡の近隣だけでなく、東京、千葉、茨城、福井などの遠くからも来て戴いて、恐縮しました。それから、副市長さんや教育委員会の方も。

 司会の私立高校の先生が、かつてのこと。私が「さらば 悲しみの性」を出版したとき、多くの所で推薦書として下さったり、副教材としたり、学校で50冊買ってクラスごとに読むようにしてくださったり、いろいろと評判を呼んだものです。その時に愛知県の教育委員会だけが悪書指定をしたという、そのエピソードをはじめにみなさんに披露されたものだから・・・。来て下さった教育委員会の方たちにはまた恐縮してしまいました。

 講演も終えて、懇親会の時。一人の若い男性がそばに来て「僕は広島に24年間住んでいました」といわれたのです。ええー、そう、広島のどこですか?安佐南の○○と、その後観音で。ええー、私、ずっと観音に住んでたのよ。そんなやり取りの中で。私、つい

「高校はどこ?」と聞いてしまったのです。彼は、ちょっと戸惑って

「僕、高校には行っていないんです」と言ったのです。

 ああ、しまった。私は、またやってしまった。高校に行くのは当然みたいに口にしてしまった。激しく後悔しました。申し訳ないことでした。

 でも、それからの彼の言葉に私はとっても驚いて、聴き入りました。彼は、広島の地で暴走族のリーダーをしていて、何回も逮捕、少年院に2回入っていたと。24才の時に彼女が妊娠し、二人で暴力団から逃れて、この地に来たと。

 今は、知的障がい者のケアホームで働きながら、逮捕されたり鑑別所や少年院にいる少年たちの面会に行ったり、手紙を出したり、さまざまなサポートをしている、そんな活動をしている人だったのです。同時に日本福祉大学の通信生として勉強したり、ケアマネージャーになるべく勉強もしていると。福祉大学では、学生たちに自ら経験も踏まえて講義もしていましす。

 その彼は「高坂朝人」さんと言います。彼のブログ「高坂朝人の真心バトンリレー」 です。そんな彼だからこそ、彼の母の日のブログは泣いてしまいました。今、逆登って読んでいます。

 彼のプロフィールの一部を転載しますね。

自己紹介

氏名 高坂 朝人(たかさか あさと)
生年月日 昭和58年6月11日
職業 知的障害者ケアホーム 管理者・介護福祉士
日本福祉福祉大学通信制3年生

所属団体
・NPO法人セカンドチャンス!副理事長 名古屋責任者
・愛知県BBS連盟運営委員・南保護区BBS会所属
・東海・非行と向き合う親たちの会(ひまわりの会)世話人
・少年問題ネットワーク会員
・B2W~不良福祉士~代表
・東海司法福祉研究会

17歳の時に広島市の暴走族の連合体「廣政連合」の総長となる。その約1ヶ月後に逮捕され1年10か月社会不在となり、総長交代となる。

逮捕歴15回(合計約180日程度留置場で生活)、鑑別所3回、少年院2回、拘置所、ヤクザ準構成員、ヤクザ企業舎弟(株式会社代表取締役)という闇の世界に11年いたが24歳の時に転機がきて、生き直しを決断した。
今は、自分の過去・現在・未来のこと、家族のことなど、しっかり向き合いながら、償い、生き直しを、日々模索しながら生きております。

平成23年11月22日・名古屋保護観察所長感謝状授章



 彼は、私の講演を聴いて思ったこととして「自分は、まったく性教育というものを受けたことがない」と言いました。女子少年院には、私も何回か行ったことがありますが、体の勉強にしっかり取り組むはずなのですが、男子の少年院ではそのような勉強はしないのでしょうか。

 高坂朝人さんという人がこの世にいて頑張っているということを知ることができて、私は今回名古屋に行って本当によかったと思いました。いつか彼の講演も聞いてみたいと思います。企画しようかしら。こんな出会いを下さった今回の講演会のスタッフのみなさんにも感謝です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 昨日の講演会とNNNドキュメント、山谷えりこ氏。 | トップページ | 名古屋のスタッフはみんな明るい!! »

コメント

私もさかのぼってブログを拝見し感動しました。
頑張っておられますよね。椎葉さんにも教えてあげよう
と思いました。

投稿: ⑦パパ | 2013年5月14日 (火) 11時52分

私にも、前科歴のある知人や元暴走族の親戚もいます。
今現在、普通に生活してる人もいれば、犯罪を繰り返す人も。
ピンチをチャンスに切り替える事の大切さを、また、心身共に辛い状況の相手に対し愛の手を差し伸べる暖かい心の持ち主である高坂朝人氏に勇気を戴いた気持ちです。
有難うございました!

投稿: r s | 2013年5月14日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57380382

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋での出会い「高坂朝人さん」:

« 昨日の講演会とNNNドキュメント、山谷えりこ氏。 | トップページ | 名古屋のスタッフはみんな明るい!! »