« 名古屋のスタッフはみんな明るい!! | トップページ | 橋下大阪市長への反論② »

橋下大阪市長への反論①

 橋下大阪市長というより維新の会の代表の従軍慰安婦に関しての発言に私は怒っています。 証拠がないというようなことを盛んに言っていますが、そして日本の右派の人たちもそう言い続けていますが、でも、私も何回も聴いた、拉致されて慰安婦にされたという人たちの証言をみんなねつ造というのでしょうか。

 日本軍が業者に命じて慰安婦を何人そろえるようにと言う指示を出した、その証拠の文章もちゃんと世に出されているではありませんか。でも、その拉致をしたのは、民間の業者であって、時の政府は知らないと言い続けているのですね。

 でも、そのあたりの反論は、私でなくとも、多くの方がしているので、私は別の問題の反論をします。

 従軍慰安婦ではなく、沖縄の司令官に行ったという、風俗を利用せよという、その問題について。

 それにあたり、正確に反論するためにも、報道されているものによるのでなく、「SYNODOS」で13日の記者会見の二回分、「橋下大阪市長『米軍の風俗業活用を』はいかなる文脈で発言されたのか(2013年5月13日)大阪市長・橋下氏ぶらさがり取材全文文字起こし」を読み、動画も見、そして彼が発信しているツイッターを繰り返しが多くて時間がかかったけれどすべて読みました。

 以下は5月13日のツイッターのコピーです。

 兵士の性をどのようにコントロールするか。それはいつの時代にあっても軍のオペレーションとしての最重要課題。だから沖縄の米軍基地を訪問したときにもう少ししっかりとやって欲しいと司令官に言ったんだ。法律上認められている風俗業を活用してはどうかと言ったら拒否された。売春じゃないんだけどね

 もし昔の時代のように、貧困から意に反して風俗業で働いている女性が多いと言うのであればそもそも風俗業自体を禁止にしなければならない。しかし今の法律ではそうは考えていない。昔の身売りの時代とは異なる。女性も自ら考えて職に就いている。嫌なら他の仕事に就けばいい。それが日本の風俗業の現実

 批判者は、風俗業=売春業=性行為と短絡的に考えているね。日本人は賢いから、性行為に至る前のところで、知恵をこらしたサービスの提供を法律の範囲でやっているよ。そして今の日本の現状からすれば、貧困からそこで働かざるを得ないと言う女性はほぼ皆無。皆自由意思だ。だから積極活用すれば良い。

 風俗業=売春業と早合点して、そんなことは法律では許されていない!と言う声。うちの母親もすぐにメールしてきた。今の法律では売春業は認められていない。しかしそのレベルに達しない所で、風俗業が法律上認められている。要は最後の性行為に至らないところでの風俗業。

 加えて僕が米軍に進言したのは、きちんと米兵の性的エネルギーをコントロールして欲しいと言うこと。これは時代を超えて、軍のオペレーションの最大の課題。そして法律上認められている風俗業の活用を持ち出したが、批判する人は風俗業を知らないだろうな。

  

 そして、以下は本日のツイッターです。


沖縄県での米兵の性犯罪ほど、県民感情を悪化させるものはない。日米安保に米軍が貢献してくれているのも事実。しかし米兵の性的犯罪は許されない。本気で性的犯罪を抑止しようと思えば、本気の指導が必要だ。何が許され、何が許されないのか。その指導法の一つとして法律上許される風俗を持ち出した。

風俗と言うものを持ち出した途端に、政治家がそんなことを口にするな!と言う批判も多かった。しかし、性犯罪を犯すほど性的エネルギーが充満している者に、そのコントロール策をしっかりと教えるのに、建前は言ってられない。これは少年に対する指導と同じだ。体裁を採るか実を採るか。僕は実を採る。

 性の問題は建前では解決しない。親が子に教えるように、米軍も組織を上げて米兵に教えるべきだ。罪もない女性を襲うことを回避するために、どう性的エネルギーをコントルールするのか。法律上許されていること、許されていないこと。そんな中に法律上許される風俗も入るだろう。風俗=買春ではない。

 彼は、「今の時代、風俗で働いている人はみな自由意思で働いている」「批判する人は風俗業を知らないだろうな」と言っています。とんでもない、知らないのはあなたですよ!!

どうも彼は米兵に風俗というものを勧める、それはこれらを読むとソープではなく、「ヘルス」をさしているようです。そこで働く女性たち、暴力団により支配される女性たちの実態が全く分かっていません。

 それから、強姦は決して性欲が余っている者によって引き起こされるのではなく、女性に対する差別意識や、恋人や妻との合意の性ではなく、暴力的な「強姦」そのものに魅力がある人などによって引き起こされるものであるという、基本が全く分かっていません。

 だからこそ、風俗を勧めれば沖縄の女性たちへの米兵の性犯罪が減ると、何の検証もなく、信じているようです。これらの発言が、沖縄の女性たちをとても傷つけているということも分かっていません。

 それから、お金で性欲を満たすことへの日本人とアメリカ人との意識の違いも分かっていません。

それらをこれから何回かにわたって検証します。性風俗をどう考えるか、これは性教育の大切な課題でもあります。

 一つだけ今日言っておきたいのは、橋下氏は自分に置き換えて考えるということができないようです。

 彼は、妻が6番目の子を妊娠中にクラブで働く女性との間の性関係があり、それがばれたら、妻のペナルティーが大変だと記者の前で話しました。彼は、それが風俗の女性との間であったら、よかったのでしょうか。性欲が強い彼の、単なる性欲の解消だから?

 それから、彼は彼の息子たちが性欲を訴える年になれば、もうそろそろそういう年齢だと思うのですが、積極的に風俗に行くように勧めるのでしょうか。さらに、彼の娘たちが風俗で働きたいと言ったら、自由意思だからと、勧めるのでしょうか。明日に続きます。   

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 名古屋のスタッフはみんな明るい!! | トップページ | 橋下大阪市長への反論② »

コメント

私も怒りに震えて、子どもと「こんなに低俗な人だったのか!」と語り合いました。
彼はきっと奥さんを尊敬していないし、「信頼と愛情」で結ばれてはいないのでしょうね。そうであれば「風俗」が必要であるとは思わないはずです。
女性だけでなく、自分自身も奥さんもお子さんも、世の中の男性をも貶める考え方だと思います。

投稿: もものすけ | 2013年5月16日 (木) 11時57分

橋本さんの意見に自分は納得してます。
ヘルスやソープとか手っ取り早くお金が稼げるからやってる人って結構いますし暴力団に支配されてるばかりではないと思います。
需要があるから供給がある、じゃぁなければどうなります?インドみたいに毎日のように強姦がニュースになるんじゃないでしょうか?すくなくても日本にはそういったお店があるんだし活用できるものはすればいいと思います。

投稿: のぶ | 2013年5月16日 (木) 14時00分

河野先生、お疲れ様です。
橋下大阪市長(日本維新の会共同代表兼)の従軍慰安婦関連の発言、私も憤りを感じています。
今日、毎日放送の「VOICE」のトップニュースで橋下市長の弁解の様子が報じられてましたが、橋下市長は何を思って言ったんでしょう。
一人の人間として、言ってはいけない事を言ってしまった事をどう思ってるんでしょう、がっかりです。

投稿: NaraLove | 2013年5月16日 (木) 18時49分

風俗嬢は、暴力団に支配されているものではありません。

営業体系、一部の人にはあるのは事実ですが・・・

 生きていくのに、必要で、働いているひとが多いのが現実です。

慰安婦問題にしても、その当時、生きていくために必要なお金を稼ぐために、しかたがなくその道を選んだ方も多くいるかと思います。

風俗嬢のことをどれくらいご存知ですか?
 
昔の映画のように、男の紐扱いで働いている女ばかりではありません。
 
仕方がなく働くもの、手っ取り早くお金がもらえるから働くものが最も多いのです。

何もかも、これまでに勉強もせず、遊びほうけていて、まともな就職もできなかった、私が悪いのですが・・・

この仕事のほうが、普通に働くより楽に稼げるので、いいのです。

しかし、この仕事に誇りを持っています。
男性に、癒しを求められ、それを癒せるのが、私たちの仕事だと、思っています。

綺麗ごとを言えるのは、余裕のある方の意見です。

橋下氏の言動には、賛同できませんが、風俗で勤務する人間の気持ちがわからない人に擁護されるのも気持ちよくありません。

右派と左派の戦いですね!

個人的に慰安婦の方々は、当時、軍人の方のために(母性を持って)癒しを与えていたと思いますし、それにより生計を立てていた方も多いと考えます。

本当に強制連行されている方は別ですが・・・

この問題は、難しくて解決はしないでしょうね!
本当のこと知らない方々が、私的な意見で戦うわけですから・・・

風俗で働く者にとって、風俗を否定されたり、その仕事を無くされることは、侵害です。

女性を守っていただけるのは、ありがたいのですが、私たちもこの仕事に誇りを持っているし、この仕事があるから生きていけるのです。

投稿: 通りすがりの風俗○ | 2013年5月16日 (木) 20時39分

橋下の下劣な発言以後2日間、思い至ったことは、
彼はもとより、維新の会への一定の支持、石原慎太郎を都知事に選んだ多くの有権者の「愚かさ」です。
その背景には、近代史を学ぶことをおろそかにさせた権力の意図があります。私たち自身の問題でもあるのです
 自民党の高市早苗政調会長の発言が、シンボリックです。「私は戦争世代ではないので、知らない…」
何たる発言、戦争には、3つの責任があります。戦争を始めた責任、戦争を遂行した責任、戦後の処理責任です。戦後責任は、戦争を知らない世代も、それを学び、恥じ、悔悟し2度と過ちをおかさないという意志を持ち、後世に受け継ぐ責任です。高市は、母ですか、人間ですか?誰が政治家にしたのですか?

投稿: 無冠の | 2013年5月16日 (木) 22時53分

この一連の流れに怒りを通り越して脱力感を覚えます。「無冠の」さまと全く同じ気持ちです。

トップがああだから、こうなるんでしょうか。救い難いこの状況に呆れるばかりです。

ただただ腹立たしくて、新聞を読むのもニュース見るのも嫌になってきます。週刊誌の見出しにも目を背けたくなります。でも、くさってはいけないんですよね・・。

投稿: 息子の母 | 2013年5月17日 (金) 17時54分

沖縄の米兵の行動が問題だというのが橋下市長の大前提です。その解決策は、米軍に沖縄の基地から、全員撤退して貰うことです。また戦争をなくすことではありませんか。その発言を取り上げないマスコミも問題です。

それと、命を賭けて仕事をしているのは軍隊だけではありません。消防隊員・消防団員、警察官等もそうではありませんか。これらの公務員の多くは地方自治体の職員です。その人たちのことを取り上げずに議論をするのは橋下さん、自治体の長として、極めて無責任ではありませんか。

投稿: 半可通 | 2013年5月17日 (金) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57395443

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪市長への反論①:

« 名古屋のスタッフはみんな明るい!! | トップページ | 橋下大阪市長への反論② »