« 東京大学中川恵一氏講演と動画 | トップページ | きょうも昨日の続きの動画です。 »

山下俊一氏、大橋弘忠氏の動画

 私が、しつっこいくらいにこのブログで言って来たのは、中川恵一氏だけでなく、多くの科学者、医師があまりにいい加減なことを言っていることが許せないからです。そのために、どれだけの子どもたち、その親たちがつらい目に合っていることか、それを痛感するからです。

 もう少し、この日本の偉い人たちが何を言って来たのか、すでに言及したことではありますし、多くの方がもう知っていることなのですが、あらためてここで動画を見て戴きたいと思います。

 山下俊一氏、長崎大学から福島大学に赴任し、でも、また長崎大学に戻るらしいですが。これは、最も許せない発言です。このような講演を福島のあちこちでして回ったから。多くの親子が、なあんだ外で遊んでもいいんだ、マスクもしなくっていいんだ、笑って暮らせば放射能は来ないんだなどと思い込んでしまったと、福島の女性たちが話して下さいました。そうなると、これはもう犯罪の域になると思います。ヨウ素も飲まさないで、外で大いに遊びなさいなんて言って、そうして今、子どもたちの甲状腺がんが起こるようになったとしたら・・・。

 しかも、この人は、決定的な間違いをしています。「100マイクロシーベルトまでは」と発言していますが、これは後で福島県のHPで「10マイクロシーベルトの間違いでした」と訂正されています。全く、専門家と言われる人たちがなんという間違いをするのでしょう。間違いでなく、実は、何にも知らない、知らないで講演しているとしか思えません。佐高信さんが、小出裕章さんとの対談で、「専門バカという言葉があるけれど、そうでなく、専門もバカ」と言っていますが、まさにそうなのでは、と思うのです。

もう一人、これも東京大学の偉い人ですが。平成17年12月25日に行った佐賀県での公開討論会での発言です。佐賀の玄海原発で、プルサーマルが導入されるに当たって佐賀県が行った公開討論会です。この討論会には、九州電力の社員が動員されたということが後になって報道されました。それで、大橋さんの言葉に拍手があったり、小出さんの発言に笑い声が起こったりというのは、納得できます。この討論会は、ここに「佐賀県の原子力の安全行政」としたサイトで、全部が公開されています。それにしても、大橋さんの顔つき、小出さんを馬鹿にしたような薄ら笑いの表情、斑目さんが、「結局はお金でしょ?」と言ったときのあの表情とおんなじなのですね。ぜひこの動画も見て下さいませ。

そう言えば、中川恵一氏は、「水に含まれるセシウムは煮沸すれば消える」と発言し、それは間違いでしたと訂正したと、彼の本の中に書いてありました。

それから、彼はテレビの番組で「プルトニウムの半減期は2万4000年」「僕が生まれた50年前には、今の1000倍のプルトニウムがあった」という発言をしています。あれえ?半減期が2万4000年、2万4000年経って、やっと半分になるのだったら、50年前と今も変わらないのでは?と思うのですが・・・。

 こうして、科学者と言われる人の発言を見て行くと、なんだか絶望しそうになるのです。

昨日、皆様から沢山のおめでとうのコメントやプレゼントを戴きました。本当にありがとうございます。誕生日については、また明日書きますね。それから、シンポジウムについても長くかかりますが、きちんと書くつもりでいます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 東京大学中川恵一氏講演と動画 | トップページ | きょうも昨日の続きの動画です。 »

コメント

いろいろダイアリーで原発のこととその現実、周辺の人間模様、政治の方向等の情報に接して深く考えさせられます。テレビ等の公なメディアではなかなかできない怒りをもった発言、告発が今もっと大きな声になるのが必要ですね。しかも冷静に理路整然と。
というのも、原発や放射能被害について発言する機会が与えられても、想いがありすぎて感情的になり伝えたいことの半分も言えず、「何をそんなに深刻に・・・。」としらけた視線で見られてしまった経験が何度かあり、無力感に落ち込んでしまったのです。発言するためにはそれを裏付ける深い知識と洞察がなければいけないと痛感します。普通のおばさんである私でさえ、そう痛感しているのに山下大先生のこの軽さ!!
河野先生の文章にあふれる怒りに共感します。
求められていない発言をするのは「しんどい」けど、できるだけ耳を傾けてもらえるよう工夫しながら冷静に怒りをもって原発反対発言を続け、共感してくれる仲間を増やしていきます。

投稿: えこ | 2013年4月 3日 (水) 12時03分

私は広島と長崎で、それぞれ1発づつの原子爆弾でこんなにたくさんの犠牲があるのに「核」を原料とする発電に手を染めた日本がどうかと思います。しかも学者も…。なんか勘違いしていますよね、根本的なものを正さないと。広島、長崎の犠牲者を踏みにじることだと思います。
そして福島の方…。なんといえばいいのか。。。

無言の抗議…といいますか、我が家も太陽光を設置しました

投稿: けいちゃん | 2013年4月 3日 (水) 22時35分

弾劾に処すべき科学者たちです。

科学者ではなくってペテン師です。

こんな人が平気でノサバッテいて それを糾弾しようともしないマスコミも 同罪です。 

投稿: yuumin | 2013年4月 3日 (水) 23時29分

偉い人でなく、肩書きが立派なだけですね。
原子力ムラに都合の良い論文さえ書けば、たいした能力がなくても教授になれるのでしょう。
だから東大には、外国から本当に優秀な人はきませんね。

投稿: やんじ | 2013年4月 4日 (木) 13時54分

えこさま
そうなのです。どんな手段でも、どこででもいいから、声を上げること。それがとっても大切なことと思います。原発を推進しようとする人たちはそれこそなりふり構わず、大金をふりまいて、なのですね。今は、完全に彼らに負けてしまっています。コメントありがとうございます。勇気付られます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年4月 5日 (金) 08時00分

けいちゃんさま
そうなのですね。原爆と原発は表裏一体の物。広島から声を上げないと、と思います。頑張りましょう。ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年4月 5日 (金) 08時04分

yuuminさま
本当に、こんな説明会をして、九電の動員の参加者からアンケートを取って、それでプルサーマルが実行されたのですね。知事も身内が九電関係者でしたね。やっぱり、私たち有権者が賢くならないと、と思います。ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年4月 5日 (金) 08時07分

やんじさま
こんな発言を聴いていると、本当にそうなのだと思います。東大の先生だから偉いと思ったら、大間違い!!なのですね。まさにペテン師です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2013年4月 5日 (金) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/57094839

この記事へのトラックバック一覧です: 山下俊一氏、大橋弘忠氏の動画:

« 東京大学中川恵一氏講演と動画 | トップページ | きょうも昨日の続きの動画です。 »