« 休診日の一日でした。 | トップページ | 明日で2年。 »

児童養護施設における性教育。

 日々、いろいろな患者さんが来られます。社会人も学生も主婦も。お年よりも若い人も子どもも。一人暮らしも、大家族も、介護をしている人も。そして、家族がいない人も。パートナーと仲よしの人も裁判中の人も。

 来る理由もいろいろです。大急ぎで手術を受ければならない人も、じっくりカウンセリングを必要とする人も。今私たちもうれしいのは、合格を報告してくれる人。もちろん、逆もいます。

 さて、そのようないろいろな人に対応するには、医学的知識だけでなく、広い見識や包容力など、人と向き合う底力が必要になります。

 私が性教育を学び続けているのは、そんなところにも理由があります。

 今度の性教協の学習会のご案内をしますね。

874x1280_3 これまでも、児童養護施設における性教育の実践の学習会はしてきましたが、今度も職員さんの実践の報告です。

 養護施設での様々な出来事は、全国的に本当に大変なのです。そりゃそうですね。子どもが数人しかいない家庭でも、いろいろな出来事が起きて、親がひっくり返りそうになったりしますもの。思春期や幼い子どもたちが沢山いる施設で、何も起こらないわけがありません。

 何か起こった時に大慌てするのでなく、日頃からどのような会話をするか、体や性について子どもたちとどう向き合うのか、子どもたちにどんな力をつけてもらうのか、施設における実践について学びたいと思います。

 何より大切なのは、職員さん自身の性意識・セクシャリティをどう作っていくのかということだと思うのです。人々の性を包容力もって見、考えることができるのかどうかということだと。

 もちろん、施設の関係者ばかりでなく、いろいろな方に来て戴きたいのです。どうぞいらっしてください。共に学びましょう!!



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 休診日の一日でした。 | トップページ | 明日で2年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/56917381

この記事へのトラックバック一覧です: 児童養護施設における性教育。:

« 休診日の一日でした。 | トップページ | 明日で2年。 »