« 娘と二人カラオケ。 | トップページ | 「さらば、悲しみの性」 »

田村太郎さんと。多文化共生。

 今日は、国際会議場で「多文化共生シンポジウム」が開かれます。それについては、

ここに ご案内をしています。

 昨夜はそのシンポジウムで講演をされる田村太郎氏を広島に迎えて、小さな会が開かれました。 本通りのインド料理店「ガネーシュ」で。私にとっては初めてのレストランです。
Dscn3929_1280x960 沢山のインド人料理人たちが手際良く、忙しく料理しているのが客席から見えます。早く行った私の特権として、それが見える席に座りました。ナンも、ふつうのバターのナンと、中にチーズがどっさり入ったナンと、ココナッツが上に載っている甘めのナンと、それぞれ作り方が異なります。初めて知りました。同じ釜で鶏やシシカバブ―などを焼いたり、味をつけたり、それは面白くて飽きません。

 様々なお料理もレパートリーが広く、とてもおいしく戴きました。

 会は、広島で多文化共生にかかわっている人たちの話が面白くて。私は、これまであまりお付き合いのない方たちでしたが、それでも通じ合う部分がたくさんありました。

Dscn3930_1280x960 私は、日頃診療でたくさんの外国人の方たちに出会っています。

 田村太郎さんの著書には、日本で暮らしている外国人が「言葉の壁」「制度の壁」「こころの壁」という三つの壁に囲まれて暮らしている、その人たちに対してどのような支援が必要であるかなどとわかりやすく書かれていました。
653x929 これまで私は、患者として目の前に現れた外国人たちに手探りで支援してきましたが、この本ですっきりしました。

 日本は、多くの国の人が住む国です。政治、国の為政者たちがさまざまな外交を展開していても、民間ですべきこと、どんな国の方たちとも仲良く暮らしていくことができれば、という立場で向き合っていきたい、そう思います。

 今日の会が盛会でありますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

|

« 娘と二人カラオケ。 | トップページ | 「さらば、悲しみの性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/56726579

この記事へのトラックバック一覧です: 田村太郎さんと。多文化共生。:

« 娘と二人カラオケ。 | トップページ | 「さらば、悲しみの性」 »