« 福知山淑徳高等学校で。 | トップページ | スシロー初体験。 »

「原発大論争!」

福知山の講演の行き帰りの列車の中では、いろいろと本を読んだり I Padを見たりで、せっかく与えられた時間をのんびり過ごしました。

Dscn2845_1280x960 中でも、この前フィリピン・セブのストリートチルドレンへの文房具をクリニックに届けて下さった方が、下さったコピー。お連れ合いがずっと以前コピーして長い間取っておいた物だと下さったのです。

 私が原発について書いているのを見て、下さったのです。それをざっと見て、これは!!と思ったので、時間がある時にしっかり読もうと、持って行きました。

 新幹線が動き出すとすぐにこれを読みました。1988年に発行された別冊宝島81のコピーです。

 今から20年以上前に出された雑誌。「推進か廃炉か決定版原発大論争!」「電力会社の虎の巻き「内部資料原子力発電に関する疑問に答えて」に、反原発派の論客15人が、総反撃!!」その中の一部です。

 「巨大地震が原発を襲ったら?」の質問に電力会社は「原子力発電所は、その地方で想定され得る最大級の地震に対しても十分な耐震性を持たせてあります。また津波が来ても重要な機器や施設が被害を受けないよう設計しています。」として、そのさまざまな説明をしています。

 その質問に対して地質学者の生越忠さんが『巨大地震を「想定しない」地震危険地帯の原発地群』と反論しています。

 20年以上も前にこうしてきっちり反論もされています。もう数々論じられているのですが、これまでの安全神話が覆された、それは「千年に一度の想定外の地震と津波が起きたからだ」という彼らの言い訳がいかにウソであったか、いまさらながら恐ろしくなります。

 特に、これまで数々の巨大地震が日本を襲っていること、津波もそう。そしてこれからも起こりうる、そんなところに日本は存在しているということ。これらがきっちりと書かれています。

 それなのに、またぞろ「安全なのなら、原発は再稼働してもよろしい」という為政者たち。

 私はこの本全体が読みたいと思いました。

6d5f64e1e96269a62d1bb2f52047f1ce 本はこれなのですね。でも、探しているのですが、現物を手に入れるのがとても難しくて。その改訂版を注文することができました。

 過去の文章を読むこと。以前から、まるで今回の福島原発を予想できたこと、その予想通りのことが起こったことがよく分かります。

 また、手に入ったら、ここに書かれていることのご案内をしますね。



「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 福知山淑徳高等学校で。 | トップページ | スシロー初体験。 »

コメント

是非、ツイッターやfacebookへのリンク設定をお願いします。
沢山の方に知って頂きたいので。

投稿: 岩国とまと | 2012年10月13日 (土) 17時55分

岩国とまとさま
ごめんなさい。私はまだfacebookはと登録したばかりで、ブログをアップする方法もあるとは聞いているのですが、どうしたらいいのか分からないのです。そのうち、誰かに教わってするつもりでいますので・・・。すみません。いつもありがとうございます。
こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年10月14日 (日) 09時18分

1980年代のころの週刊誌には、原発批判が色々とありました。
事故隠しや原発作業員が放射能汚染された水を、素手で雑巾を使って拭き取っていたとか。被爆して腕や足が膨れ上がった人に、多額のお金を渡した黙らせていたとか。

日本がどうして弓なりの地形になっているか。
中国山地を流れる河川がなぜ蛇行しているか。
日本は、地殻変動で隆起した土地で、その過程で、地面がひび割れたくさんの断層ができている聞いたことがあります。
地殻変動の大小の地震で、断層という名前のひび割れた大地の上で、私たちは生活しているのですね。
活断層という言葉を使うことで、それを忘れさせているように思います。
日本列島が形成された地殻変動は、継続中でまだ終わっていません。
日本を分断している構造線ができるような大地震が、将来おこりうる可能性もあると思います。
想定している大地震とは、粗悪な原発で利益がでるために想定された規模でしょうね。

安全神話とは、管理能力が無い人達が作った粗悪な原発を、安全のように騙すことことばであり。
原発を受け入れた人達には、原発が事故を起こしたら大変なことになるのではと思いながら、多額のお金を貰うために、自身の良心を目眩まス言葉ですね。

投稿: やんじ | 2012年10月14日 (日) 12時42分

我が家も改訂版を買いました

それから、『紀伊半島にはなぜ原発がないのか』も
読みました
先生のブログのお陰で原発記事に今まで以上に
本気で目が止まるようになりました
私たちは知らないことが多すぎるし
知らされないことも多すぎますね

『本当のことを伝えない日本の新聞』を読んで
さらに疑心が深まりました
これからもいろいろ教えてください

投稿: のりたま | 2012年10月15日 (月) 13時34分

やんじさま
ほんとうにそうですね。そもそも日本全体が、原発なんて作ってはいけない地形なのですね。福島がこんな事態になっても、まだ原発は必要と言っている人は、よほど利権が必要なのでしょう。もっともっと国民が声をあげなければ、と思います。いつもありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年10月16日 (火) 08時28分

のりたまさま
コピーをありがとうございました。おかげさまでそんな本があったことを知ることができました。そろそろ注文した改定版が届くことと思います。楽しみにしています。いろいろと国民が騙されないように、賢くならなければならないのですが・・・。お連れ合いにもどうぞよろしくお伝えくださいませ。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年10月16日 (火) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55878338

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発大論争!」:

« 福知山淑徳高等学校で。 | トップページ | スシロー初体験。 »