« 東京大学中川恵一医師。 | トップページ | 東京大学中川恵一医師のでたらめ。 »

東京大学中川恵一医師の講演はひどい。

 昨日の私のブログに飯館村の方からコメントが来ました。本文に続いて、コメントをクリックしなくても読めるようにしました。ぜひ読んで下さいませ。今、現地、故郷で頑張っている飯館村の方々の厳しい状況がわかります。

 昨日の子どもの甲状腺がんについて。以下「放射性ヨウ素による小児甲状腺がんの治療および予防」からの引用です。このURLは次のごとくです。http://medical.ai-health.net/1gann30.html


『1986年のチェルノブイリ原発事故では、牛乳などが放射性ヨウ素に汚染され、事故の5年後から甲状腺がんになる子どもが増えました。国連のまとめでは、事故当時18歳未満だった6848人が1991年~2005年の15年間に甲状腺がんを発症しました。このほかのがんは、今のところ、周辺住民での明らかな増加は認められていないとしています。

長崎大医歯薬学総合研究科長の山下俊一さんによりますと、周辺地域での子どもの甲状腺がんの年間発症率は、もともと100万人に1人程度でしたが、事故後、地域によっては一時期1万人に1人くらいまで増加しました。しかし甲状腺がんは、治癒率が高く、2005年までに甲状腺がんで亡くなった人は15人だったといいます。』

次の引用です。

『チェルノブイリ地域の18歳未満のこどもの甲状腺のう胞保有率は 0.5%
だった。(日本財団調査)』
【この文献は下記からダウンロード可能です。】
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00198/contents/012.htm

以下の文章は、その山下氏の、その論文の中の文章です。


『ここでは甲状腺結節に注目してその発現頻度をまとめてみると、やはり高い
放射能汚染地域であるゴメリ州に結節が多くみられることが判明した(表4)。
チェルノブイリ周辺では、1000人の子供のうち2~5人には甲状腺結節が発見
されるため、その中にがんがどの程度で含まれているのかが大きな問題となる。
日本や欧米のデータでは小児甲状腺がんは極めてまれで、100万人に対して
年間1~2名といわれているが、その大半は思春期以降で、10歳未満の
甲状腺がんをみることはまずない。

しかし、本プロジェクトを開始した1991年5月には、既に6歳、すなわち事故
当時の年齢が1歳以下の小児に頸部リンパ節が腫張した甲状腺がんが発見された。
その後、いかに早く小さな結節をみつけても、がんは周囲のリンパ節に既に転移
していることが多く、早期に適切な診断が必要であると同時に、外科治療や術後の
アイソトープ治療の必要性が痛感された。』

 だから、調査を開始したのが遅すぎたのですね。こんなことを言っている山下氏ですが、今回見つかった福島の子どもの甲状腺がんについて、山下氏が座長である検討委員会では、原発の放射能の影響ではないと主張しています。

 中川氏は、朝日新聞によると、中学生に対して講演の中で、こんなことを言っています。

『原発事故があったチェルノブイリでは、子どもの甲状腺がんが増えた。「放射線を出すヨウ素」の影響を受けたからです。一方、日本では、あまり取り込まれなかったというデータがあります。海藻を食べるので体の中のヨウ素が足りていたからだと考えられる。だから、福島の子どもたちに甲状腺がんが増えることはないでしょう。』

 待ってよ、放射線の取り込みと、癌になるとことを防ぐほど、みんなが海藻を食べているのですか?海藻を食べている人と食べていない人の甲状腺がんの発症率の差のデータはあるのでしょうか。まずこれにびっくりです。それに、日本では、ヨウ素があまり取り込まれなかったというデータが本当にあるのでしょうか。どこに?

 中川氏はさらに、他のメディアで「日本の今回の場合、魚は海藻を食べているので、ヨードが体に入らない。だから、魚を食べても大丈夫」とも言っています。コウナゴからヨードが検出されたため、出荷ストップとなったのではなかったでしょうか。それに、ヨード以外のセシウムなどが魚からたくさん検出されたため、漁師さんたちが泣いたのではないですか?全くむちゃくちゃです。

 また、朝日新聞から。

『広島の原爆はよく知ってますね。数多くの人が大量の放射線を浴びた。今、広島市は政令指定市の中でトップクラスの長生きの都市です。健康診断やがん検診がきっちり行われたから。福島も同じことができるはずです。』

 これも、びっくりです。広島市の被爆者はもう多くの人が亡くなっています。重複がん、一人の人が二つも三つも癌になって。多くの人がすでに亡くなった後、今生きている人たち、今なくなりつつある人たちの平均寿命を言ってどうするのですか。たとえば、12歳で白血病になって亡くなった折り鶴の佐々木禎子さんなど、若くして亡くなった人は今の平均寿命に貢献していません。

 広島の被爆者は1945年の年末までに14万人もの人が亡くなっています。その後も次々と白血病やさまざまな癌で亡くなり続けました。今の広島市民の平均寿命を言うのは、とて卑怯です。

 もっと言いましょう。今、広島市の人口は約117万人です。このうち、被爆者手帳が交付されている被爆者は66600人です。6%弱しかいません。 広島市民が長寿だということは、被爆者が長寿だということにはなりません。それを言うなら、これまでの被爆者が何歳で何人が亡くなっているのか、そのデータをださなければ。

それに、がん検診の受診率。それを上げましょう。

まず、全国の2007年。(「検診」という言葉を省きます)

胃がん男33.8%女26.8% 大腸がん男27.9%女23.7%肺がん男26.7%女22.9%乳がん女のみ24.7%子宮がん24.5%

同年の広島市の検診率です。胃がん男女合わせて9.1%大腸がん9.4%肺がん15.6%乳がん12.1%子宮がん13.9%

なんと、ものすごく低いのです。これらの住民健診と他に、被爆者検診があります。その受診率は約50~60%。今66600人を約7万人として、その60%は4.2万人。広島市民117万人のうち、がん検診年齢の40歳以上は約60%で、70.2万人。これを約70万人として、被爆者の受診者4.2万人は70万人のうちの6%にしかなりません。これをそれぞれの検診率にくわえても、胃がん15.1%大腸がん15.4%肺がん21.6%乳がん18.1%子宮がん19.9%。どれを見ても、全国の受診率を下回ります。こんな物なのです。

 中川氏は、被爆者みんなに被爆者手帳を配って無料で健診を続けて来た。だから広島市民は長寿。検診を受ければ大丈夫などと、論理の飛躍どころか、データを提示もしない(そんなデータなどどこにもないのですが当然です)でまるでペテンです。こんなところにかってに使われる広島市民も迷惑です。

 もう一度言います。中川先生、科学者にあるまじき、データの尊重などなさらない、独断と偏見に基づいた論理にもならない都合の良い論で、中学生をだまそうとしています。

 書ききれません。また明日につづきます。私は今日は診療後、車で松江に向かいます。連休は、両親のお祭りです。(神道なので。仏教でいう法事です)久々に兄妹が集まります。

Dscn2554_1280x960 こんな気の重い原稿を書いた時には、何かほっとする写真を載せたいのですが。結局食べ物・・・デス。 忙しいみちがみ病院でのお楽しみは、食事。いつも患者さんと同じ物を出して戴きます。お昼、ハヤシライスでした。それに、たくさんのお野菜。茄子の塩もみにはみょうがも。ごぼうと人参とちしゃのサラダ。かぼちゃの煮物には、ホウレンソウが。どれもおいしくって。完食です。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

コメント

あの記事には「未だにこんなことが行われている」ことに驚き、本当に腹が立ちました。朝日新聞にも「事実に反し、違法行為を助長する記事だ」ということで抗議のメールは送っています。

投稿: 工場長 | 2012年9月15日 (土) 23時39分

工場長様
コメント、ありがとうございます。抗議のメールを送られたとのこと。多くの人の抗議が届くといいですね。私も、このシリーズを終えた段階でこのブログを添付して送ってみようかと思いました。また、いろいろと教えて下さいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年9月18日 (火) 06時00分


 

|

« 東京大学中川恵一医師。 | トップページ | 東京大学中川恵一医師のでたらめ。 »

コメント

あの記事には「未だにこんなことが行われている」ことに驚き、本当に腹が立ちました。朝日新聞にも「事実に反し、違法行為を助長する記事だ」ということで抗議のメールは送っています。

投稿: 工場長 | 2012年9月15日 (土) 23時39分

工場長様
コメント、ありがとうございます。抗議のメールを送られたとのこと。多くの人の抗議が届くといいですね。私も、このシリーズを終えた段階でこのブログを添付して送ってみようかと思いました。また、いろいろと教えて下さいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年9月18日 (火) 06時00分

はじめまして。
中川氏は最近新たな著書を出しまして、避難する方が健康に悪い、帰郷せよと述べております。

これは、単純い震災関連死の数を持ち出して政府の帰郷政策を後押しするものであり、非常に悪質だと言わざるを得ません。

同書中で中川氏は、被ばくによるガン死の増加率はガン抑制効果のある野菜を食べるのが嫌いな人と同程度と述べています。

カンタンに反駁しますと、彼の論理に沿えば野菜嫌いの人が被ばくすればガン死率が2倍になるのであり、これは殺人です。また、放射線によるDNA損傷では、たった数飛跡でも細胞のガン化をもたらすケースがあります。それゆえ被ばく量の多寡はガン死率の増大を意味しても、安全を意味しません。

こうしたことから、彼の論拠は科学的でもありませんし、むしろ避難の長期化に対する日本政府や東電の対応の悪さに彼はさしたる言及もしていませんし、このような事態をもたらした原発そのものに対してなお「必要悪」と捉えることに強い怒りを覚えます。

河野さんの当ブログ記事を私のFaceBookでもシェアさせていただきました。紙面を借りて御礼申し上げます。

投稿: 大塚明尋 | 2014年10月15日 (水) 12時29分

福島県人です。

そうなんです。原発事故以後とっても福島県はやばいんです。
そして、とても肝心なことなんですが・・・もう福島県だけではないんです。みなさんもう日本全土が汚染されています。もう日本には住んではいけません。そして御用学者に騙されてもいけません。
おのれの感情に素直になりましょう 日本から脱出しましょう。

投稿: あんぽんたん | 2017年3月 8日 (水) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55652669

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大学中川恵一医師の講演はひどい。:

« 東京大学中川恵一医師。 | トップページ | 東京大学中川恵一医師のでたらめ。 »