« 『リレー・フォー・ライフ・ジヤパン2012 in 広島(福山)』 | トップページ | 中国旅行を中止しました。 »

原発の学者さんたち。

昨日の「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2012 in 広島(福山)」、このホームページはここにあります。詳しいご案内だけでなく、実行委員長の浜中先生のメッセージの動画や昨年の会の様子、今年の準備の様子などたくさん記載されています。昨日ご案内すべきだったのが、失礼してしまいました。無事で盛会でありますように。皆様のご協力をどうぞよろしくお願いします。

 さて、これまで東京大学の中川恵一氏が飯館中学で行った講演について、または中川恵一氏が他のメディアで語ったことについて批判してきました。その後もずっといろいろと検索してきて、ああっと思うものを見ています。今日は、それらのご紹介です。

 中川氏が、日本の海の魚は食べても大丈夫。魚は海藻を食べてヨウ素を体内に取り込んでいるから、放射線ヨウ素が体内に取り込まれる恐れはないと語っている動画はここにあります。まぎれもなく、彼が語っています。その間違いは未だに彼は訂正していません。

平和大通りの工場長さんのブログにも紹介された動画です。まだら目さんの発言です。「最後は結局はお金でしょ」と言い切る彼の顔は、なんとも不遜な表情がありありで気持ちが悪いです。こんな考えで安全委員会の委員長を務めていたのですね。日本国民もバカにされたものだと思います。

プルトニウムを飲んでも大丈夫と言った人の動画です。この人も東京大学の教授なのですね。この人が言ったことが福島の事故で本当に吹っ飛んでしまいました。動画って証拠が残るから怖いですね。彼は、水素爆発なんて起こるはずがない、専門家はみんなそう言っているとまで言い切っています。

 それから、もっとすごい物が見つかりました。広島大学の神谷研二氏について。ここに書かれているのは、すべて、完璧に事実です。ここに出てくる実験を担当した若い女性、彼女たちが広島大学のある機関に訴え出ていることとも完璧に一致します。長崎大学の山下氏と並んで広島大学の神谷氏はいまや福島の復興のために、というよりは原発を再生させるために欠かせない人となっているようですが。彼の元には莫大なお金が電力会社から出ているという、この事実を見なければ、と思います。

 昨日、原子力安全員会がその役目を終えるというニュースを見ていてああっと気づきました。今までまだらめ氏ばかりが目立っていましたが、なんと私はまだまだ抜けておりました。この委員会のたった一人の医師であり、たった一人の女性の委員はびっくり。私と同じクラスの人でした。なぜ、どういうルートでこの委員になったのかは知りませんが、彼女は決して放射線影響学の専門家ではありません。でも、広島大学出身というだけで、この分野では権威となりうるのだと、それを痛感しました。でも、彼女についてあれこれ言うことは、若干躊躇する物があります。

 ここの所、このような動画や記述に触れて、ほんとうに絶望的になりそうです。日本というのは、どんな国になって来たのだろうかと。アッという間にとんでもない国になっていました・・・。


Cimg0382_1280x960Dscn2642_1280x960 Photo先日行った松江のフォーゲルパークで。つらくて不愉快な文を読んだ後のささやかな癒しです。相変わらずきれいな花が満開。大きな池には様々な鳥たちが悠然と泳いでいました。この池に面したお蕎麦屋さんで、十割そばを戴きました。池のそばにある水車の石うすでそばをひいています。香ばしいお蕎麦でした。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 『リレー・フォー・ライフ・ジヤパン2012 in 広島(福山)』 | トップページ | 中国旅行を中止しました。 »

コメント

昨日、8月18日の中国新聞の天風録に中川医師の講演について書いてありました。
河野先生のお怒りと同じ内容でした。
私も父や父方の親族は被爆者です。
広島に産まれ、小学校から高校まで平和教育で、原爆について学び、父や親族にも当時の話を聞いて育ちました。
放射能の怖さも学びました。
福島県や近県の方々のご不安を思うと、言葉が出ない気持ちです。
小さなお子さんや育ち盛りのお子さんがいらっしゃる方や、原発事故当時に妊娠中だった方、これから赤ちゃんを産むであろう年頃の方、どんなにか悩んでいらっしゃるだろうと思います。
微力な応援しかできませんが、3月11日を忘れません。

投稿: ゆり子 | 2012年9月19日 (水) 19時36分

原発について
再びじっくり考えさせていただきました

2年位前に京大の反原発チームが山の中で
クーラーもない建物で研究している記事を週刊誌で
読みました
今のこの国では反原発の研究には誰もお金を
出さないのですね
東大の原発推進研究チームには莫大な研究費が
投入されている現実
公の大学はちゃんと国のための研究をして欲しいです
東大の中にしてもいくつ法人が存在しているのか?!
私たち一般人には理解出来ないところです
広島大学とて同じなんですかね
もっともみんながみんなではないのでしょうが
原爆が食いものにされているのは
悲しいはなしです

投稿: のりたま | 2012年9月20日 (木) 11時11分

ゆりこさま
ありがとうございます。私も人に教えてもらって中国新聞を見ました。広島のマスコミからそんな声が出たことをうれしく思いました。福島の人たちのことを忘れないようにしましょう。私も、これからも、彼女たちの力になりたいと思います。コメントうれしかったです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年9月22日 (土) 11時40分

のりたまさま
そうですね。福島のことで、原爆が食い物にされている、これはまぎれもないことですね。長崎でも、広島でも。怪しからん研究者たちがいます。フクシマのために何かし続けけなければ、と思います。のりたまさま、いつもありがとうございます。またお会いしたいです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年9月22日 (土) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55693774

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の学者さんたち。:

« 『リレー・フォー・ライフ・ジヤパン2012 in 広島(福山)』 | トップページ | 中国旅行を中止しました。 »