« 原発の学者さんたち。 | トップページ | 歯科で抜歯。疲れました。 »

中国旅行を中止しました。

 民主党の2030年に原発ゼロも閣議決定をしないようだし。まあ、今度の選挙で民主党は与党にはならないはずだから、たとえ閣議決定してもそれはいつまで生きることかわからないので、どうでもいいような物なのだけれど。

 自民党の代表選に立候補している人たちは全員原発は必要と言っているそうだから。石破氏なんて、核兵器がいつでも作られるという核抑止にするためにも、原発は維持を、何て堂々と言っているのだから、何をかいわんやです。原発はこれからもどんどんと再稼働され、新しい原発も今作る予定の三基は作られるだうし、なんにも変らないということなのでしょうね。

 むなしいことです。

 せっかく国民が大きな期待で民主党を選んだのに、結局民主党がやったことは何だったのでしょう。野田なんて、増税を決めただけ。それでも自民党よりは、と、期待し続けたけれど、もっと悪質だったかもしれません。

 今度、スタッフと中国に旅行する予定にしていたのをキャンセルしました。今の反日の行動は収まるかもしれないけれど、中国の人たちの中に個人的にある日本への恨みや怒りは、そうそう治まらないでしょう。クリニックの若いスタッフのことを考えると、やっぱり中止した方が、と思いました。とても残念だけれど。

 私は、国の政治をつかさどる人と、その国の国民と一緒にしてはいけないと思っています。北朝鮮の拉致の問題で、朝鮮学校の生徒たちのスカートが切られたり、殴られたりという日本人の行動には、心底怒りが湧きました。

 この度だって、日の丸を持った若者たちが新大久保のお店に行って、「韓国人は帰れ」と叫び、お店を壊している姿をテレビで見て、なんということをと思いました。

 為政者たちがどんな政治をしても、国民同士は仲良くできるはず、しなければ、と思います。だから、今回の旅行の中止はとても残念です。

 原発も、領土問題も、自民党の党首選も、何もかも考えれば考えるほど、苦しくなってきます。 むなしさ一杯で、政治から目を背けるように生きていくしかないのかなあ、なんて。

001002 二つの講演会のご案内です。私は私の分野でコツコツと行動し続けようと思います。



「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 原発の学者さんたち。 | トップページ | 歯科で抜歯。疲れました。 »

コメント

選挙権を得て30年以上になりますが、いまで仕方なく選挙に行けなかったことが一度ありますが、信任や批判を含めて選挙には言ってきました。
でも、もうウンザリです。
今回は、初めて自分で選挙権の拒否をするかもしれません。

今までは、投票を呼びかけていましたが、今回は選挙に行かないことを呼びかけたいですね。
投票率が10%以下の選挙で選ばれた人が、国民に信任されたとはおもえないですからね。
そうなると、日本中で選挙の無効を訴えた裁判がおこるといいのですが。

投稿: やんじ | 2012年9月20日 (木) 19時00分

水道料金には、上水道の料金と汚水を処理する下水道の料金が含まれています。環境保全のために下水道が配備され、その負担金を払っています。ですから昔に比べて、水道料金は倍になっています。
原発の電気代は、使用済み核燃料の処理費が含まれていませんから、上水道の料金しか払っていないのと同じです。
それは汚水をどこかに保管したままで処理をしていないから、下水道料金を払わなのと同じです。
そうやって安く設定された原発の電気が必要だと、経済界は言いますが、ならば溜まった汚水の処理費用はどうしろというのでしょうか。
いまの経済界のトップは、ほとんどサラリーマン経営者です。
将来のことより、今の自分が在任中のことしか考えていません。
なので、将来の汚水処理費用や、またいつか原発事故が起こるとしても、関係ないと思ったいるようです。
いま、自分たちが儲かればいい。
その人達に支援されている国会議員も同じ穴のムジナです。
いまの日本の主流になっている風潮は「自分さえ良ければいい」。
福島の子供達が癌になろうと、お金だけを払えばいい。そのお金は国民に負担させればいい。つまり、癌になった人自身に負担させることにもなります。
経済界が原発が必要だというのなら、原発が事故を起こした時に必要な経費を負担・貯蓄させればいいと思います。
法人の利益でなく、取引金額の30%くらいの税金をかければいいと思います。
高くなった電気料金では、経済活動ができないといいますが、沖縄の電気料金よりまだ安いのです。ならば、沖縄は、経済難民地域なんでしょうね。沖縄に住んでいる、生活している人、、仕事をしている人をバカにしているように感じます。
そもそも、原発が稼働していたときでも、平気でリストラし、海外に拠点を移してきたくせに、いまさら何を言うかです。

戦争できる国、核兵器を持てる国を目指すのなら、憲法第9条の改憲の前に、日米地位協定の廃棄をすべきです。そうでないと、彼らの目的は達成できない。戦争ができる独立国家日本を目指す政治家は、アメリカと対等に向き合う力がひつようですが、彼らにはありません。

投稿: やんじ | 2012年9月20日 (木) 19時17分

やんじさま
ほんとうに今度の選挙、どうしましょうか。

 経済界のトップの人たちも結局はそこで働く人のためでなく、自分たちのためにしか考えていないようです。原発も、領土もオスプレイも。日本脱出した方がいいのかも、なんてつらつら考えています。リレー・フォー・ライフで会えますように。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年9月22日 (土) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55701490

この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行を中止しました。:

« 原発の学者さんたち。 | トップページ | 歯科で抜歯。疲れました。 »