« カヌー公園作木でした。 | トップページ | 「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」一年間の活動。 »

戴いた茄子で。

 昨日の8.6.平和の夕べの合宿会議が終わり、残ったお野菜を戴いて帰りました。茄子を4本とゴーヤ1本。新鮮なお野菜を戴いたら、新鮮なうちに即戴くこと。家に帰ってすぐに始めました。何ということのない、料理と言えるほどのものでもないし、これまでこれらはブログに載せたこともありますが、とってもおいしいので再度。

Dscn2351_1280x960Dscn2352_1280x960 その一つ。切った茄子をたっぷりのサラダオイルで痛めます。全体に油が行き届いたら、お醤油をジャッとかけ、茄子にそれぞれ茶色く焦げ目が付いたら、火を止めます。


Dscn2353_1280x960Dscn2355_1280x960 削った鰹節をどさっと載せて余熱で混ぜます。出来上がり。この、どってことのない茄子の炒めもの、油としょうゆと鰹節だけなのですが、これは「暮らしの手帳」で紹介されていたものです。コツは、しょうゆで焦げ目をつけること。これが香ばしくって。ごはんに乗っけて食べるとサイコーです。


Dscn2356_1280x960Dscn2357_1280x960もう一つ。戴いた茄子の残りとゴーヤの半分と、玉ねぎを油で炒めます。ざっと炒まったら味噌と砂糖を水で溶いたのを入れ、ぐつぐつっと煮ます。一通り火が通ったら、小麦粉を水で溶いたのを回し入れ、さっと混ぜて出来上がり。


Dscn2358_1280x960 これは、大分の郷土料理「おらんだ」です。それぞれの家庭で作り方は違うかもしれませんが、私のは、義母から教えてもらったものです。初めてこれを戴いた時にそのおいしさにびっくりして、しかもなぜ「オランダ」というのか、面白いなあと思いました。ヨーロッパのオランダかと思ったら、ネットで調べるとどうも違うらしい。茄子などを炒める時にバチバチと大きな音がして、「おらぶ(さけぶ)」ようだから?という説が多かったです。あまり火を通し過ぎず、ゴーヤのサクサク感が残って、でも苦みは強くなくって、おいしかったです。

 夕飯は、ほかにカレイの一夜干しとお味噌汁、とまと。茄子の炒めたのとオランダを交互にご飯に乗せて食べたら、アットいう間の一膳でした。お粗末ですみません。でも、簡単でおいしいので、どうぞお試しを。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« カヌー公園作木でした。 | トップページ | 「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」一年間の活動。 »

コメント

なすの炒めたの、すごーく美味しかったです。
書いてくださったとおりに作ったら ほんとに
うまく出来ました。これからもレパートリーに
なりそうです。ありがとうございました。
オランダ。。。私の故郷大分の郷土料理です。
嬉しい紹介でした♪

投稿: hobbyroom | 2012年8月29日 (水) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55517530

この記事へのトラックバック一覧です: 戴いた茄子で。:

« カヌー公園作木でした。 | トップページ | 「8.6.ヒロシマ平和の夕べ」一年間の活動。 »