« 原爆と原発の比較。 | トップページ | またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 »

原発と核兵器

 8.6.当日、平和の夕べの準備のために自転車で平和公園を通りました。公園から紙屋町に向かう橋の上に人だかりが゛していました。でも、その多くの人のほとんどは警察かんでした。その先には、大きな日章旗を立てて、新しい形の右翼と言われるその名前を書いた旗を何本も立てて、一人が演説をしていました。昨年もこの人たちの演説を聞きました。

 ここにその時のことを書いたブログがあります。今年の演説は、さらに過激さを増していました。ひどく汚い言葉です。もともと、右翼というのは、日本の古来の文化を大切にして品のあるものだったはずなのですが。だからこそ「新しい形の右翼」なのでしょう。

 聞いたそのままの言葉を書きます。私としてはこんな言葉を書くのはとてもつらいのですが。

「反原発のきちがいどもは。シナや朝鮮の核兵器をどうするんだよ。核兵器をもたないで、どうやって日本を守るんだよ。教えてくれよ。俺、頭が悪いからわかんねえんだよ。おれにもわかるように教えてくれよ。核兵器より、原発の方がはるかに難しいんだよ。核兵器を作るためには、原発が必要なんだよ。」

 堂々と、核兵器を作るために原発は必要なんだと言っています。(それにしても、この差別意識、耳を覆いたくなります。昨年は、朝鮮人やシナ人は日本から出ていけ、と言っていました。)

 それは、右翼だけではありません。ここに私も書いていますが。今回の小出先生のスライドから。

PhotoPhoto_2 みえにくければ、スライド上をクリックしていただければ大きくなります。

 原発を推進していくその裏にこんなことが意図されていた、その危険性を私たちは言ってきましたが、でも、ここにきて、堂々と臆面もなく言われるようになりました。

 それは、今回の福島原発の事故を受けて、多くの国民が原発は廃止の方向でという意見を持ち始めた、それに対しての、彼らの焦りなのでしょうか。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ


|

« 原爆と原発の比較。 | トップページ | またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 »

コメント

藤田祐幸氏は、
原発、宇宙開発、核武装の3つの関連性を綺麗に整理して説明してくれています。

投稿: げん | 2012年8月10日 (金) 13時18分

8.6ヒロシマー平和の夕べーで ご挨拶させていただいた者です。
小出さんのお師匠様の講演会記録の件で送付先をご連絡下さい。

投稿: ちたりた | 2012年8月11日 (土) 03時13分

政治家もですが、日本が核兵器をどうして持つことができるのか。
持てる根拠がわかりません。
原子炉と濃縮と再処理の技術と施設を持ち、高度な工業技術ももっている。だから日本でも核兵器を製造することができる。
日本が核兵器を開発することができる施設(原子炉など)を持っても、
ほとんど反対されなかったからでしょうか。
だからといって、持てるのか?きっと無理です。
日本が核兵器を所持するのを中国が反対するからだけではないと思います。
日本が反対されなかった理由は、日本の平和憲法と非核三原則があるからでしょうか。でも、これは自己目標みたいなものですから、国際的な信用度はいかがなものでしょうか。
反対されなかった理由は、日本が核兵器を開発する力を持ったとしても、アメリカが認めないと、核保有国は知っているからではないでしょうか。
日本が独自にイージス艦や主力戦闘機を開発するのを、アメリカは認めません。なのに核兵器なんて認めるわけがないと思います。
アメリカ型のイージス艦や戦闘機より性能が劣るであろう日本型を高額で購入させているのですから。
アメリカは日本に政治的はに隷従させて、自衛隊は日米安保でアメリカ軍に従属させているのですから、核保有をさせるわけがありません。
特に軍事的に、アメリカは日本と平等な友好国ではないのですから。
1千万分の1の可能性で、日本が核兵器を持てたとして、日本の総理大臣が核攻撃の命令を出したとしても、在日アメリカ軍の司令官が必要だと認めた後に、アメリカ大統領の許可を得て、やっと攻撃できるよな命令系統になるでしょうね。日本の総理大臣の軍事権限は、在日アメリカ軍の司令官以下でしょうね。
日本の核保有は、まったく叶わぬ夢だと思います。
核保有したいと言っている人達は、妄想で酔いしれているだけでしょうね。可哀相だと思います。
アメリカと戦争するつもりなら、持てるでしょうが。

投稿: やんじ | 2012年8月11日 (土) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55390479

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と核兵器:

« 原爆と原発の比較。 | トップページ | またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 »