« またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 | トップページ | 若い人は何時にセックスをするのでしょう。 »

「宮島水中花火大会」

 昨日の朝、激しい雷雨で嘆いたのがウソみたいに、お天気は良くなって。行って来ました。「宮島水中花火大会」。「今日は、全部の花火を見る」と宣言して、そしてその通り、すべて見ました。

 私のつたないデジカメでの写真ですが。見て下さい。

Rscn2145


Rscn2112

Rscn2146

Rscn2153

Rscn2113

 これは、宮島の向いの岸から撮ったものです。これでも、すごい迫力できれいで大感激だったのですが。宮島に渡ってみると、もっともっと迫力があるのでしょうね。今年が最後かも何ていわないで、よし、来年は宮島に渡って見よう!!と決意を新たにして帰りました。

 ところで、私、水中花火、海面から湧き上がる半分の花火、あれがどうやって打ち上げられるものなのかこれまで知らなかったのです。海の中に花火を打ち上げるツツを立てるのかと思っていました。これ、舟から花火の玉を海面に投げ入れるのですってね。花火師さん、大変でしょう。危険でしょうに。おかげで私たちは素晴らしい光景を見ることができるのですが。ありがたいことです。

 一週間の夏休みです。今日は一日中クリニックにこもって残している書き物などを仕上げようと思います。それと、お土産を買って。明日には大分に向けて出発です。

 友人の連れ合いさんが言ったのだそうです。「河野さんの韓国狂いも孫には勝てんのじゃの。」と。ええ、韓国に行かない休みは久しぶりです。姉と姪は昨夜一緒に花火を見たのに、今朝もうソウルに飛びます。姉も元気なものです。私は東京を考えただけでもワクワクです。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

 

|

« またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 | トップページ | 若い人は何時にセックスをするのでしょう。 »

コメント

水中花火行かれたのですね。
毎年、宮島に渡って見る我が家ですが、今年は行きませんでした。
宮島はすごい人で帰りのフェリーが大変ですが、一度、宮島に渡るとくせになります。
穴場は宮島水族館の向こうです。あっ、河野先生のブログは読者が多いので、まずいですかね。
わたしもつたない写真ですが、去年(2011年)8月15日、2009年8月15日、2008年8月15日と載せていますので、
お時間がありましたら、バックナンバーをご覧ください。
水中花火は水面に投げた後、猛スピードで船を走らせて、離れるらしいです。
この前TVでやってました。
花火師さん、綺麗な花火をありがとうございます。

投稿: ウリ坊 | 2012年8月12日 (日) 19時09分

素敵~♪
花火の写真はとても難しいのに、すごく綺麗に撮れていますね~o(*^▽^*)o
私も対岸から見ました!
宮島に渡って見たいですが、船上にも憧れますlovely

投稿: sako | 2012年8月12日 (日) 21時40分

ウリ坊さま
バックナンバー見させていただきました。ありがとうございます。水中花火、投げ込んで大急ぎで逃げるというの、初めて知りました。もし舟のエンジンが故障すれば、大変ですね。危険の中できれいな花火を打ち上げられる、ありがたいことです。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年8月14日 (火) 11時30分

sakoさま
不出来な写真を載せるのは恥ずかしかったのですが。でも、対岸からのデジカメでもこれだけ取れるというのがうれしかったので。コメント感謝です。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年8月14日 (火) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/55404694

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮島水中花火大会」:

« またまた「いつまで仕事を続けるのか」です。 | トップページ | 若い人は何時にセックスをするのでしょう。 »