« 熊本です。疲れました。 | トップページ | 熊本県山都町、通潤橋・円形分水など・・・。 »

熊本県立矢部高校での講演でした。

Dscn1522_1280x960 昨日は、熊本県立矢部高校での講演でした。県立高校でなのですが、主催は山都町教育委員会と山都町立図書館です。山都町、旧矢部町の時代、図書館は地域の人たちの手で作られました。今も図書館のボランティアが活発に活動しています。今回の講演会も含めて、一年間の行事を決めるのも、ボランティアの人たちです。

 その講演依頼書から。「さて、山都町立図書館では、多くの人たちに本を読むことの大切さ、人がより良く生きるための糧となる良書との出会いの大切さを知ってもらいたいという思いから、毎年図書館講演会を開催していますが、今年度は、3年毎に実施しています高校生を対象にした講演会を開催したいと思います。」

 そもそも、ここは古い町ですが、文化度が高く、青年団の劇団も活発に活動しています。

 六年前に初めて訪れて、その素晴らしさにすっかり心惹かれました。その後三年に一回ずつ来ては、矢部高校の生徒さんに話をしています。
 
 高校では、図書館に40冊の私の初めての本「さらば悲しみの性」を置いて、教材としても使われていますし、町立の図書館にも私のいろいろな著書を置いてもらっています。でも、初めて私を呼んで高校での講演をと、企画したときのご苦労を昨日初めて伺いました。

 町の予算、行事として県立の高校で講演をというのは・・・と高校側からの反発で大変だったと。「町立であろうと、県立であろうと、同じ矢部の子どもではありませんか」と粘り強く説得したと。そして、今回は学校側から、「今回も企画してもらえるのか」と問い合わせをされたと。ここまで頑張って土台作りをしてくださったみなさんに本当に感謝です。

 今回初めて高校の全校生徒に加えて、矢部中学の三年生も参加してくれました。私の講演は今は高校生によりも中学生にすることが多いのですが、ここでは初めてです。保護者の方もたくさん来て下さって、うれしいことでした。

 講演の後、保健委員長の生徒さんが謝辞を述べて下さいました。

『本日は、お忙しい中、私たちのために講演して下さりありがとうございました。私は今日の講演で、河野先生の他大学病院での話、また出産についての話を聞き、命の大事さに深く受け止めていかなければならないのだと思いました。

 私は一年もたたないうちに卒業し、いろいろな人たちと出会う場面が増え、その中で今まで知らなかったことに触れる機会がある思います。そんなとき間違った知識や自分だけの価値観で動いていると、周囲の人たちを傷つける結果になるということに気付かされました。

 だから今日の講演会で、まずは、正しい知識を知り、そして自分で自分の体を管理、理解し、心身共に自立できる人になりたいと思いました。今日はほんとうに素晴らしい講演をありがとうございました。

              生徒代表 保健委員長 普通科3年  ○○○○   』

 私は、生徒さんが自分の言葉でちゃんと話してくれるととてもうれしいのです。特に、最後に心身ともに自立できる人になりたいというのに、すっごく感動しました。だから、彼女と握手をして、彼女が書いた謝辞をもらいました。ノートを切った紙に鉛筆で書いたものを斜線をひいたり消したり、付け加えたり、苦労してあるのがそのまま読み取れます。大切に保管しますね。ありがとう。

 図書館長やボランティアの人たちが送り迎えして下さったり、一緒にお昼をご馳走になったりですっかりお世話になりました。その間のお話しがとっても面白くて、びっくりすることもたくさんあって。それらをまた明日お話ししますね。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 熊本です。疲れました。 | トップページ | 熊本県山都町、通潤橋・円形分水など・・・。 »

コメント

こんにちは。4歳の男の子の母で、
昨日の講演を聞かせていただいた者です。
(今朝ブログの前半に、講演会のことを書かせていただいたばかりでした。
午後、河野先生のブログを発見しましたので、
追記でリンクを貼らせていただきました)
大変良いお話で、途中で何度もこみ上げるものがありました…。

この高校への初めての招聘の時のエピソード、
館長のSさんですよね…。
正義感と信念に基づいて行動される方ですから、
状況がありありと目に浮かびます…。

これからのますますのご活躍も祈念しております!
あと10年後くらいには、
息子にも河野先生のお話を聞いてもらいたいと心から思います。

投稿: 森のくまさん | 2012年6月15日 (金) 15時11分

こんにちゎ
私ゎ矢部高生徒です。
河野先生の講演会とても
真剣に聞くことができました。
帰って、家族に話してみると、
お母さんもいけたらよかったと
言ってました。
いまクラスで、
「さらば、悲しみの性」を
みんなで読んでいます。
このことをきっかけに、
みんなの意思がかわったらいいなとおもいました。
ほんとにありがとうございました!!

投稿: 千 | 2012年6月15日 (金) 22時38分

森のくまさんさま
コメントありがとうございます。講演にも来て戴いてありがとうございます。原発のために山都町に移住なさっているのですね。素敵な人々の集まりの町だから、子育てには最適なところでしょう。文化度も高いのですよね。私も三年に一回行かせてもらっていますが、とっても楽しみなのです。
 またブログ、寄らせて戴きます。特にがれきの処理についてなど、お話ししたいことがいっぱいあります。お返事遅くなってすみませんでした。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年6月27日 (水) 08時26分

千さま
お話しを聞いて頂いて、それにコメントまで下さってありがとうございます。それなのに、お返事が遅くなってしまってご免なさい。矢部高校のみなさんが素敵な未来を生きられますように!そんな思いでいます。また時々は覗いて下さいね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年6月27日 (水) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/54964208

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県立矢部高校での講演でした。:

« 熊本です。疲れました。 | トップページ | 熊本県山都町、通潤橋・円形分水など・・・。 »