« ソウルのおみやげ。 | トップページ | ヒロシマ・アキバ塾のご案内 »

チマチョゴリのハギレ。

 今回のゴールデンウィークにソウルに行こうと決める頃、こんなことを聞いていました。

「骨董品のお店などが200軒も入っている建物があって、そこのずっとずっと奥に行くと、チマチョゴリのハギレを売っているお店があって、とっても安く買える」と。

 それが気になって、何人もの人にその建物のことを聞いて回っていたのですが、どこにそれがあるのかが分からないままだったのです。仁寺洞の一昨日ブログに載せた、ぐるぐるとまわりながら上に上がっていく建物、それかなあと思いながら上がっていったのですが、そこは手づくりの作品がほとんどで、骨董品はありませんでした。

 今回、行きたかった所の一か所が「廣場市場」(カンジャンシジャン)です。これは韓国語の先生お勧めの市場で、あらゆるものが売っていて、そこの屋台では何を食べても大丈夫、さらにそこの○○さんのお店ではとってもいいご夫婦がいるよ、と。そこの横に階段があって、そこから上に上がると、チマチョゴリを作ってくれるお店や螺鈿細工のお店がたくさんあるよ、と。

 そこは、ものすごくにぎやかな市場でした。私たちが入った所からは衣類のお店がずらっと並んでいました。両側にお店と、真ん中には屋台がずらりです。そこの一軒のお店で、姉は素敵なブラウスをとっても安く買いました。

 しばらく行くと、今度は食べ物のゾーンになりました。生きたカニが泳いでいたり、女性がたらいでキムチを作っていたりと。真ん中の屋台も食べ物の屋台となり、たくさんの人が屋台を囲んで食べています。すごいエネルギーです。圧倒されました。明洞の屋台とは、全然スケールも種類も違っています。

 私は、屋台で銀杏や栗の殻をむいて売っているのを見つけました。以前プサンで銀杏のむいてあるのを買って重宝したことがありました。クリニックのスタッフのおみやげにこれっと飛びついて、大量に入っているのを二袋買いました。

 そして、先生に教えていただいたお店も見つけ、横から二階に上がっていきました。鮮やかな、チマチョゴリを作ってくれるお店がすごい数並んでいました。もしかして、あのはぎれを売っているお店というのは、ここかも、とドキドキしました。

 その一軒ではぎれらしいのがおいてあるのを見つけました。そこにいた若い女性が、これは売り物ではないと言われます。でも、私はこれを売ってほしいと言いました。何回かのやり取りで、さらに上の棚から、どさっとハギレが出てきたのです。うわっ、これもこれも分けて下さいと。でも、何度もこんなのは売り物ではないと言われます。それに構わず、値段は、と聞くと、たしかに売る意志はなかったのでしょう。とても困られて。これは全部絹でとても高いものなのだと言われます。それでも、高くても売って下さいというと、やっと困った挙句、全部で「一万五千ウォン」と言われます。ええっ?全部地模様の入った絹の生地、大きいのから小さいのまでいろいろ、平均50センチ四方でしょうか。総計11枚。これ全部で千円なのです。びっくりでした。 大喜びで売ってもらいました。


Dscn1234_1024x768Dscn1233_1024x768左のがそこで売ってもらったものです。薄い緑や黄緑、水色など写真では色がちゃんと出ていません。少し右がその前に仁寺洞のポシャギ専門店で、30センチいくらというとても高いお値段で切ってもらって買ったものです。麻は安いのですが、絹ですので、とっても高かったのです。

 さて、買って帰って・・・。これらをじっと眺めてわくわくしています。これはそんなお店があることを教えていただいた、遊布戀さんへのおみやげです。お渡しできるまで、眺めて楽しみます。

 でも、悲しいことに、ドジな私です。どっさり買った銀杏。重いのが、いつの間にかなくなってしまってました。きっとあの生地を買ったお店か、そのあとカニをたべに行った料理やさんか、どこかに忘れてしまったのでしょう。うれしさやおいしさに舞い上がっていましたから。もう、悔しい、残念。スタッフに素敵なお土産ができたと思っていたのに・・・。がっかりです。

 忙しくしています。昨日は晩御飯にありついたのが、12時でした。往診やらレセプトやら、早く書かなければならない書類やら・・・。もう少し頑張らければなりません。遊んだあとは仕方がないことです。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« ソウルのおみやげ。 | トップページ | ヒロシマ・アキバ塾のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/54660646

この記事へのトラックバック一覧です: チマチョゴリのハギレ。:

« ソウルのおみやげ。 | トップページ | ヒロシマ・アキバ塾のご案内 »