« 「若年で出産を望む人への対応」 | トップページ | 「大人の方へ ドクターからのアドバイス」続き »

「大人の方へ ドクターからのアドバイス」

 花王の初経教育用のパンフレット「おとなになるということ」は、長い間印刷され続け、全国にお子さんたちに配布され続けましたが、それが変わり、手当て中心のパンフになってしまったことは、もうお話しました。でも、その内容がこのたびの集英社からの「女のコだもん!!」に生かされています。特に、私が書いた「大人の方へ ドクターからのアドバイス」がそっくり再掲されています。それがうれしくて。

 「女の子にも男の子にも、大切なからだの情報は、きちんと伝える。自分のからだを知ったうえで、自己管理できる人に育ってほしいと思います。」という内容です。お子様のために本を購入する方は少ないでしょうから。その文のみをここに再現しますね。

○からだが成長するのは、とても素敵なこと!

 女の子の初経(以前は初潮と言っていました)年齢は、少しずつ早まっています。早いお子さんでは9歳、小学校3年生というケースも見られます。
 
「性器から出血する」月経が、何も知らないうちに始まったら、これは、とてもつらい経験になってしまうでしょう。ですから、できれば学校で一斉の初経教育が行われる前に、おうちの方から教えていただきたいのです。

 昔、私たちが受けた初潮教育は、女の子だけ集められて、「男子には絶対に聞かせられない恥ずかしい話を聞く」といった雰囲気でしたね。でも今は、社会も、そして皆さんの意識も、ずいぶん変わったと思います。からだが成長するということは、決して恥ずかしいことではなく、とても素敵なことなのですから、明るく、爽やかに伝えてあげたいですね。

 子どもは、様々なことに興味や疑問を持ちます。月経のことを知ったお子さんは、さらに他の疑問を抱くでしょう。女性と男性のからだの違い、自分自身のからだや性に関すること、赤ちゃんはどうしてできるのか・・・?

 そんなときこそ、決して逃げないで、ごまかさないで、きちんとした姿勢で話して話してあげましょう。そうすれば、お子さんも「これは、とてもたいせつなことなのだ」と感じ取ってくれることでしょう。

○生理用品の準備と、手当ての練習をしましょう

 話をしたら、、初経がいつ来ても大丈夫なように、早めに生理用品を準備しましょう。ナプキン、専用のポーチ、そして生理用ショーツは枚数を大目に。お子さんと一緒に、楽しみながらそろえていくのもいいですね。

 共働きや単身の家庭の方は、おうちの方が家にいないときに月経が始まっても、一人で最低限の手当てはできるように、準備や練習が必要でしょう。

 私も、娘が初経を迎えたときは病院で仕事中で、娘から電話がかかってきて、そのことを知りました。「そう、よかったね。始まったんだね、で、大丈夫?ちゃんとできる?」と聞くと、「大丈夫。ちゃんと習ってるから」との返事で、ほっとしました。「じゃあ、今日は早く帰るからね、お祝いしようね。お祝いは何がいい?」「えっとね、ケーキがいい!」

 電話を切った後、じんわりと胸がいっぱいになってきました。そして、ちやんと用意しておいて、本当によかったと思いました。(この項、まだ続きます)


2012_03120001 お昼に久しぶりに「大手門」のラーメンを食べました。本当に何年ぶりかなのですが、覚えていて下さってうれしかったです。ミンチが入って、こってりめのスープが昔とおんなじ味で、とてもおいしかったです。ここのジャンボギョーザも好きだったのですが、もう今、ラーメンと両方を食べるのは無理なので、ラーメンのみにしました。壁に沢山並んでいるまんが、その一冊をつい手に取ったら、やめられなくなって。ラーメンを食べ終わっても、座って読み続けてしまいました。また読みに行かなくっちゃ。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« 「若年で出産を望む人への対応」 | トップページ | 「大人の方へ ドクターからのアドバイス」続き »

コメント

とっても参考になります!
私も学校の視聴覚室で女子だけの大切な話…ということで話を聞きました。教室に帰るとニヤニヤした男子がいて、不思議な空気になっていたことを今でも覚えています。
2人の男の子の子供がいるのですが、先生は男の子の性教育にはどのように接していけばいいか…。息子さん??にはどうしたか、教えてくださいませんか??
周りのママさんも、世間のママさんも頭を抱えている事柄だと思います。
お父さんの出番なのか、。。。でも自分でも女の子の生理の事は教えておきたいと考えています。その場合、一緒にお風呂に入っている今から自分が生理の時にタンポンを使わず、聞かれた場合に伝えた方がよいのでしょうか?まだうちの子は3歳なので急いだことはないのですが。。。。

投稿: けいちゃん | 2012年3月14日 (水) 08時39分

けいちゃんさま
http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/1_5223.html大分前なのですが。家庭での性教育というシリーズでこの日から、詳しく書いています。どうぞ、見てみてくださいませ。いつもありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月18日 (日) 19時48分

ありがとうございます。
幸い、まだ息子たちは陰毛は興味があるようですが性器にたいして「何?」と言ったことはないので、これから聞かれたらどう返答していくかしっかり考えていきたいと思います。また、新たな情報や講演などがありましたら教えてください。小学校に入ったらもっとしっかりした事を話していかないといけないんですよね。課題が山積みです。
そんなことを考えていたら、ラーメンが食べたくなってきました!(^^)!

投稿: けいちゃん | 2012年3月19日 (月) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/54217622

この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の方へ ドクターからのアドバイス」:

« 「若年で出産を望む人への対応」 | トップページ | 「大人の方へ ドクターからのアドバイス」続き »