« サンフレッチェ、韓国人選手歓迎会。 | トップページ | 自分ためにお金を使いましょう。 »

尾道のお寿司やさんに怒鳴られた話。

 もう何年か前の話です。尾道にいる古くからの友人のお声で、講演に行きました。講演の後、その友人が、お寿司を食べに連れて行ってくれました。尾道の、とびっきりのおすし屋さんなのだと思います。カウンターに座って、次々と握って下さるのを頂きました。

 ねたが新鮮で大きくて、とってもおいしくて。私は夢中で食べながら、「おいしいねえ。尾道のお寿司はおいしい。」と言いました。それを何回も言いました。「尾道のお寿司は、ああ、おいしい」と。

 そしたら、カウンターの中にいる大将が、だんだんと不機嫌になるのです。むっつりとして、黙って握ってくれます。おかしいなあ、何か不機嫌だぞ。私、何かおかしなこと言ったかなあ。もっと、ほめなきゃあ。そう思ってまたまた私は「ああ、尾道のお寿司はおいしい」と言いました。

そしたらついに、突然、大将が大きな声で怒ったのです。

「尾道の寿司がおいしいんじゃない。うちの寿司がおいしいんじゃ。」と。

 で、不機嫌の理由が分かりました。

 それよりもっと前のこと。私学の先生達に性教育の講演をしました。いろいろと例をあげて話した後、討論の時間になりました。一番の秀才が集まる学校の先生が、

「産婦人科の先生は大変だなと思いました。」

と言ったのです。私はそれに違和感を持ちました。産婦人科のドクターが大変なのかなあ。だって、養子縁組とか、ここまでする医師はあまりいないんだけどなあ。産婦人科の医師が大変なのではなくって、「私が」大変なのだけれど、と。でも、そんなことは何ひとつ言いませんでしたが。お寿司やさんに怒鳴られたとき、そのことを思い出しました。

 これも、何年か前の話。「頭痛」のシンポジウムがありました。私は、女性のホルモンの変化による頭痛についてのシンポジストでした。大学病院の脳外科のK教授も一緒でした。そして、その教授のすばらしい手術の上映もありました。それはそれは、素晴らしくて、私、もし脳の病気になったら、絶対この先生に手術してもらおうと思いました。

 そしたら、そのシンポジウムの司会の女性アナウンサーが言ったのですね。

「素晴らしい手術でした。日本人というのは、手先が器用で、手術も上手なのですねえ。」と。私はその時、お寿司やさんにどなられたことを思い出しました。だから、言いました。

「○○さんねえ、日本人が器用で上手なのではないのですよ。K教授がお上手なのですよ。大学病院の教授でも、とびっきり手術が下手な方もいらっしゃるのですから。ね、K先生。」と。K教授は困った顔をされて、でも、うなづかれましたよ。

2012_03040002 昨日午後、のりたまさんと一緒にひまちゃんに会いに行きました。まだまだしんどい盛りのひまちゃんと、泣いたり笑ったりして過ごしました。

 はるめさんの夢しょぼうに寄って、見つけました。やっとやっと48巻です。帰ってすぐに読みました。またまた、胸キュンです。真澄のことば「いままで自分が幸せになりたいなど考えたこともなかった。ぼくは幸せの意味すらわかっていなかったのかもしれない・・・」こんなせりふにしびれっぱなしです。今度いつ次が出るでしょうか・・・。


「体の相談室」と「著書」の販売があります。
ぜひ、覗いてみてください。

広島ブログ

|

« サンフレッチェ、韓国人選手歓迎会。 | トップページ | 自分ためにお金を使いましょう。 »

コメント

先生、昨日はありがとうございました
ひまちゃんのお顔が見れて安心しました

先生は『ガラスの仮面』
私は『小学一年生』と『めばえ』
ちょっと楽しいお買い物でした


投稿: のりたま | 2012年3月 5日 (月) 09時49分

先生、昨日は急にキャンセルしてごめんなさい。
ひまちゃんも読んでるかな?会いに行けなくてごめんなさい(ρ_;)
のりたまさん、メールありがとう♪
またご一緒させて下さいね~!(b^ー°)

投稿: 音♪ | 2012年3月 5日 (月) 10時46分

尾道のお寿司屋さんはK教授のお父さんでした。
そんなオチが欲しかったのは、昨日落語を聞いたせいでしょうか?w
今度落語にご一緒しませんか?次は7月8日です。

投稿: ⑦パパ | 2012年3月 5日 (月) 12時17分

私も良くそんな失敗をします。
気持ちを正確に伝えるのは、難しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年3月 5日 (月) 14時32分

私もよく経験します。子供たちの造形教室をしているのですが、「さすが中学生になるといい絵が描けるねえ、こんなのが描けるようになるんですね。」と褒められることがあり、いつも「この子だから掛けたんですよ。」と心の中で思います。男だから女だから、子どもだから大人だから、じゃなく、その人だから、といつも思います。でもきっと自分も河野先生のような小さな失敗はきっといっぱいしているなあ、と思いました。

投稿: スヌーピー | 2012年3月 6日 (火) 06時06分

のりたまさま
こちらこそ、ありがとうございました。ご一緒できてうれしかったです。また、時間が合いましたら、ご一緒して下さいね。それにしても、ひまちゃんはえらいです。このしんどいときに、みんなで支えなければ、と思います。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月 8日 (木) 07時58分

音♪さま
お引越し、大変ですね。お体、大切にね。ひまちゃんに会いに、一段落したら、また、ご一緒しましょうね。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月 8日 (木) 08時01分

⑦パパさま
そうですね。物語としては、そうだけど・・・。私も落語、行きたいです。今度は行けるかな?こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月 8日 (木) 08時02分

元安川さま
結局は、相手に対しての、きめ細かい心遣いなのでしょうね。私、人を相手にする職業だから、結構鍛えられてると思っていたのですが・・・こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月 8日 (木) 08時05分

スヌーピーさま
そうですね。私も、心がけなければ、と思います。いつも読んで頂いて、コメントまで頂いて、ありがとうございます。こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2012年3月 8日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/54143308

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道のお寿司やさんに怒鳴られた話。:

« サンフレッチェ、韓国人選手歓迎会。 | トップページ | 自分ためにお金を使いましょう。 »